疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/72 バストール

2016年9月25日完成
バンダイ製 1/72 バストールです。
今年の模型、今年のうちに第2段ですが間に合わねぇ。


basr_001.jpg 
いわゆる旧キットというヤツですね。
旧キットと言えば酒餅ですが、今年はちょっと出すのは無理っぽいかなと思ってたんですよ。マクロスが思いのほか手間取ってしまって。

でも、よく考えたら旧キットをざっくりとこだわらずに、とにかく作ってしまおうというのが元祖酒餅精神だったわけで、2年ぶりということもありますので、とにかく何かしらを出そうと決めました。



bast_001a.jpg 
でも、とにかく時間がない。おおむね1週間くらいですが、平日はほとんど使えないマンになってしまったので、比較的出来の良いキットをチョイスすることにしました。どうですこのパッケージ。ちょうカッコイイ。



bast_001b1.jpg 
箱横の完成画像も、ちょっと前のめりなのを除けば良い感じ。前のめりなのは、背部のオーラコンバーターが重いからなので、関節を固定してしまえば問題ありません。昔から完成度の高さには定評があったキットですので、楽勝でしょう。



bast_001c.jpg 
時間がないので手戻りが許されませんので、フリーのポーズ付けアプリでバランスを検討。したのですが、当たり前ですがプロポーションが全く違うのでたいした参考にはなりません。まぁ、手でラフを描くよりもごまかしが効かないのでちょうど良いくらいでしょうか。



bast_001d.jpg 
つーことでおもむろに各パーツにエポパテを詰め込んでアルミ線で固定。バランスを見ます。なんか考えてたのと違うな…。まぁ作っていくうちになんとかなるだろう。


bast_001b.jpg 
こういうエッジ部分を薄く削るだけで精密感が出るというのは、飛行機模型で学んだ所。ガリガリ削れば良いので気分も良いし完成度も上がる気がするしみんなもやろう。


bast_001e.jpg 
パーツをエポパテまみれにしながら進みます。左足だけ2cmほど延長して、ポーズの流れを作ります。あとは爪とチンコ骨をボリュームアップ。単調なラインの部分などにも起伏を足していきます。なに、ピカピカの表面仕上げにするつもりはないのでこのくらいしても間に合う計算です。
ちなみに、オーラコンバーターの裏に貼ってあるのは100均で買ったつけ爪ですね。


bast_001g.jpg 
パーツを微調整しつつ繋げたら、表面のテクスチャをもっと派手にしたい欲求に駆られたので、エポパテを貼り付けたりそれを歯ブラシで叩いたり、プラ粉をなすりつけたりします。オーラバトラーの装甲表現には色々な解釈がありますが、どれが正解というのもありませんので、ここはひとつパッションに任せることにしました。手のひらは確かストームトルーパーとGアルケインから持ってきたはず。


bast_001h.jpg 
オーラバトラーの鬼門のひとつ、内羽根。今回はちょっと前から考えていた方法として、透明プラバンで形を作ってから、そこに透明伸ばしランナーを流し込み接着剤で貼り付けていきました。細かいシワシワは、タミヤの高粘度接着剤をペタペタと塗り重ねたものです。

これにクリアカラーでグラデーションをつけながら塗装すればそれっぽくなってくれないかなーという算段なのでした。


bast_001i.jpg 
そのままだと貧弱でペラペラしすぎてしまうので、上部にエポパテで筋肉もしくは支え骨のようなものを造形しました。


bast_001j.jpg 
ということで、あとは全体を筆塗りして完成。青を下地にピンクを下地の形を意識して塗り重ねます。コックピットのクリアグリーンは下地をラッカーの銀で作って、エナメルを筆塗りしました。


bast_001k.jpg 
以前作っておいたタミヤのF-16と記念撮影。いい感じではないでしょうか。そう言えば、目の部分は紫外線硬化ジェルで立体的に処理をしました。アンテナというか触覚は、0.3mmの真鍮線で作って、高粘度の瞬着で節を作っていきました


bast_001l.jpg 
なんかポーズを決めるのに凝った割に、ベストなアングルが決まらないという不思議な結果となりました。もっと伸びやかな感じにしたかったのになー。


bast_001m.jpg 
反対側の脚をもっと短くするとか曲げるとかした方がよかったかもしりませんがまぁこれはこれで。


bast_001o.jpg 
どっちかというと、1/72ダンバインのパッケージっぽい雰囲気になってしまったのか~? あれもカッコイイんですよねぇ。


bast_001p.jpg 
そういえば知らん顔で日本刀持っていますが、これは食玩の物をそのまま流用しております。いつかオーラバトラーを作るときが来ると思って用意していたのです。まさかそれがバストールになるとは。


bast_001q.jpg 
ところで、とにかく急いで作ったのでなにもかも固定なんですよね。内羽根が運搬や収納のときに邪魔で邪魔で…。取り外しが効くようにしておくべきでした。なんだなんだ文句が多いな。


bast_001r.jpg 
酒餅の方は残念ながら今年は選外となってしまいましたが、ガシガシ進めたのも含めて自分ではそこそこ気に入っています。なにより、前から手を付けてみたかったけど思い入ればかりが肥大していたオーラバトラーに一矢報いたことも大きかったかもしれません。


bast_001s.jpg 
一つの模型をじっくり作るのも良いですが、パッションの赴くままに短期間で仕上げてやるのもまた楽しい作業だと知りました。特にマクロスの後だけに。ということで、本日は以上となります。みなさん、良いお年を!

【完成】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” 

2016年10月1日完成
ハセガワ 1/4000マクロス 強攻型 “劇場版”

今年の模型、今年のうちにということで完成版の更新です。いやー、電飾模型は写真を撮るのがおっくうで、ついつい後回しにしているうちに年の瀬も押し迫ったギリギリの更新となりました。今年の第6回DORO☆OFF展示会に一日だけですが出展させていただきましたので、既にご覧になった方もいるかもしれません。作りかけもちょこちょこ公開してたしね。


SDF1_000.jpg
ということで、1/20ミンメイといっしょにやっとこさの記念撮影です。これがやりたかったんですよ。「ミンメイ、最大戦速(マクロスピード)」ってやつです。


SDF1_00b.jpg
改まって振り返ると、本格的な光ファイバー電飾と並行した船体のディテールアップという、あまり普段は行わないようなことをしていたために完成までずいぶんと時間がかかってしまいました。光ファイバーの扱いに慣れてなかったのと、各ユニットがブロック化されている構造だったので、組む順番や塗装の手順を考えるのに時間がかかったような気もします。


SDF1_001.jpg
各ユニットをひとつの模型に見立てて細かく完成気分を味わってモチベーションを維持する…とかやっていましたが、なかなかそうもいかないので、途中経過をブログ化してみたりしてみました。


SDF1_001c.jpg
製作途中のことはそちらに書いてしまったので、特筆することはあんまり無いんですが、どうしようかな。あ、電源は持ち運びを考えて9V乾電池にしていたのですが、これだけLEDをを仕込むとすぐに電圧が不足してくるみたいなので、今度電飾する時はACアダブタなどの外部電源に頼ったほうが良いと思いました。まだやったことないんですよね。


SDF1_001d.jpg
光ファイバーの固定も瞬着を使いすぎると全然駄目だと言うことがわかりましたので、次回からは部分的にはともかく、キッチリ固定しないといけないときにはエポキシ系などを使ったほうが良い…ということを、展示会のときにどろぼうひげさんに教えていただきました。その節はどうもありがとうございました!


SDF1_001e.jpg
あとは、以前艦船模型を作った時のスケール感などが役に立ったような。といいますか、よく考えたらこのマクロスも含めて戦艦と言うよりも空母系ばかり作っているのが自分らしいというか…。デストロイドのディテールアップなんか、イオージマを作らなかったら絶対やってないよなー。


SDF1_001f.jpg
船体の固定は背部から真鍮パイプをぶっさして固定。その中にコードを通してベースから給電しています。少しでも浮遊感が出ればと、背部の支え板に鏡面状のアクリル板を使ってみましたが、あんまり効果は無かったかもしれません。


SDF1_001i.jpg
そしてデストロイド群は、船体のあちこちに配置してみております。こうしてみるとデストロイドデカイな。まぁ劇中のマクロスも内部の街とかすごく広くて、ホントは全長ナンボなんだと思わされましたし、細かいことはいいですか。


SDF1_001g.jpg
それはともかく、元々の艦はそのデストロイドサイズのメルトランが運用するためのものだったわけなので、1/4000というスケールにビビらず1/700くらいのスケール感でディテールを加えても良いんじゃないかなどと言い訳をしつつ、ちまちまと作っていきました。元々繊細なスジ彫りが入っていますので、ちょっとメリハリをつけてやるだけでいい感じになります。


SDF1_001h.jpg
しかしさすがにコーションマークなどはありえないし、でもデカールでメリハリはつけたいし…ということで、ラインデカールなどを使って各所にアクセントを加えております。情報量を増やすのは、ディテールだけではないですからね。


SDF1_001j.jpg
あと、このキットはアームド級がホントに良くできています。これの大きいキットが欲しくなってくるくらいです。ザ・宮武デザインって感じでもあるし、ホントかっこいいなぁ。


SDF1_001k.jpg
艦橋は船の顔、というか強攻型だとまんま顔なので、ディテールはちょっとくどいくらいに足しておきます。やっぱり人間は顔まわりの印象が強いので、ここで頑張っておくとなんとなく他もしっかり作っているような気がしてくれるんですよね。これが女性型ロボだと、胸周りの形状も頑張りどころです。


SDF1_001l.jpg
この主砲裏の部分あたりは、実物を見るときにも見逃しがちなところかと思いますが、結構頑張ったんですよ。マーキングとか。


SDF1_001m.jpg
ということでひととおり見ていただきましたでしょうか。代わり映えしない写真と、どうでも良い文章でお目汚しまことにすみません。


SDF1_001n.jpg
でも、もうちょっとだけ続くんじゃよ。元々は、PLAMAXシリーズでミンメイが発売されるという話を聞いて、映画ポスターのような絵が見たいと思って作り始めた強攻型ですからね。


SDF1_001o.jpg
このミンメイがまたよくできておりますので、自分的にももうひとつくらい買っておきたい気もしております。だってイマイのチャイナミンメイとかも当時買いましたからね。ここぞとばかりにアレしないと。


SDF1_001q.jpg
ということで長々とお待たせいたしましたマクロス強攻型、今回で終了となります。ではまた来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!

 

【完成】1/20 リン・ミンメイ

2016年9月4日完成
マックスファクトリー製 1/20
PLAMAX リン・ミンメイ -愛・おぼえていますかVer. です。
mac_144.jpg
マクロス本体がほぼ完成する頃に発売されたこのキット、ちょうどよいので組み上げてみました。…というのは大嘘で、ホントはこのミンメイキットが出ると聞いたからこそ、強攻型を作ろうと思ったのでした。やっぱり最大戦速したいじゃないですか。
mac_130.jpg
PLAMAXシリーズもすでに2体完成させているので、経験値もバッチリ。というか、今年は完成ペースが上がらないこともあってMaxFactry製キットの割合が妙に高いですね。やっぱり、他のキットと組み合わせたくなるようなフィギュアはついつい買ってしまいます。
写真ボケちゃってますが、目は手描きしました。肌がつやつやなのは、失敗しても拭いやすいようにクリアコートしてるからですね。
mac_131.jpg
せっかくデカールが付属しているんだからそれを使っても良かったんですが、美樹本タッチを考えると手描きにしたかったんですよ。。でも、実はデカールを貼ってその上から軽くレタッチするだけでも手軽にいい感じになるかと。目を描くのは手にあまるけど、付属デカールに頼るのもちょっと抵抗があるな~といった方にはおすすめの方法です。自分もネーネはそれで仕上げました。
そして、前髪を接着して、合わせ目まで消したあとに思ったんですが、ちょっと顔が隠れすぎな気もします。もうちょっとすり合わせてからのほうが良かったかな~。でも気にするほどではないかもしれない。
mac_128.jpg
この背中まわりの色っぽさが尋常じゃないですね。完成したら透明パーツのショールで見えなくなるのがまったく残念です。ちなみに塗装はいつものファレホ。アニメキャラということもあって、普段以上に色が濁らないように注意しました。具体的には、赤みを指すところには蛍光オレンジを使うなどですね。
mac_129.jpg
スカートがあればパンツもある。パンツがあれば塗るし、そこに凹凸があれば陰影をつけるのがモデラーという生き物なのです。そこによこしまな気持ちが忍び寄るスキはありません。でも、このヘソ周りも接着しちゃうと一生見えないんですよね。それもひとつのロマンかもしれない。
mac_133.jpg
つーことで完成です。台座はキットのものでも良かったんですが、強攻型と絡めるために高さがほしいと思いまして、東急ハンズでアクリル円柱を買ってきました。足裏に透明プラ棒を埋め込んで、2液混合型の接着剤でガッチリと固めます。
mac_134.jpg
この、マイクを握る指や、突き出した手の表情がたまらないんですよね…。1/20でこれですよどうなってるんだ。ついついプラモデルだということを忘れますね。
mac_135.jpg
ショールの黒線にはデカールが付属していますが、なかなか難しいので三角ごとに分割して貼るくらいでもよいかもしれません。自分は一気に貼ってしまいましたが。
mac_136.jpg
反対側から。髪の毛は、筆目を活かしながら明部を描き込んでいきました。アニメキャラの頭部はけっこうあっさりしたディテールで表現されることが多いので、情報量を補うようなつもりです。でも、元がセル画なんだから気にしなくてもいいかもね。
mac_138.jpg
ということで、ミンメイも完成。あとはマクロス本体と合わせて撮影するだけですが、電飾のこともあるしちょっと面倒なんですよね。でも、無事にドロオフも終わったことですので、またヒマをみて撮影しようと思いますので、もうしばらくお待ち下さいませ。ということで本日は以上!
   

【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その4

【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その4です。
長々とおつきあいさせてしまいましたが、そろそろ本体は完成。まことにお待たせいたしました。


mac_059.jpg
今回は駆け足でいきますよーって、もうすでに色が塗られてるどころかデカールまで貼られてますな。

作業的には、1)遮光塗装 → 2)基本塗装 → 3)クリア → 4)デカール → 5)スミ入れ → 6)ハイライトや陰影の書き込み 

といった順番で進めました。4から6は行ったり来たりでしつこくね。気が済むまでやるのです。


mac_060.jpg
ちなみにデカールは付属のものだけでは足りなかったので、市販のラインデカールやら手持ちのデカールから細かいものを駆使しています。さすがにコーションマークを貼るわけにはいかないですからね。このあたり空母などを制作した経験が生きました。そうでもないか? 

しかし、スミ入れをすると足しこんだディテールがグッと引き立ちます。スミ入れの色も、薄いグレーから黒、時にはブルーを混ぜたりして各所に変化をつけます。あと、これだけディテールがあるとエナメルの拭い残しが必ずあるので、数日に分けて時々目を新鮮に保ちつつやるのが良いんですよ。ほら、集中力無いから。


mac_064.jpg
肩ユニットもチリバツです。特に上面はディテールが全くない荒野が広がっていたのでどうしたものかと頭を抱えましたが、なんとかうまくまとまってくれたような。

そして、ディテールをてんこもりに入れたこともあるので、クドくなりすぎないようにデカールを貼る場所を慎重に決めていきました。基本的には、ディテールの補助として貼り込む感じですかね。フワッとした説明ですみません。


mac_063.jpg
下半身も無事に塗装できた上に、電飾も活き残りました。ノズルカバーなどのディテールが薄いところは面に変化をつけるため、エナメルを塗りたくったあとちょっと大雑把に拭き取っています。キムワイプとかでポンポンポーンってね。拭き取り過ぎたらまた塗ればいいのです。このあたりの作業が楽しいんだよなー。


mac_066z.jpg
自分がやってるフィルタリング? モジュレーション? エイジング? ですが、もしかしたら珍しいかもしれないので段階を追って書いてみます。使用するのはファレホカラー。これにリターダーメディウムなどを混ぜて、乾燥時間を伸ばしつつ透明度をちょいと上げます。

①こういうパネルラインなどに  ②ベーっと塗って…  ③乾いた筆などで伸ばします  ④繰り返すことで面にグラデーションを付けられるのです。やりすぎたりはみ出たりしたら、乾ききる前に爪楊枝などでこすればさっくり削れるので、そういうところも楽々ラックモノラック。実際、上にあるハイライトがはみ出しまくった長方形のパネルも、このあと削って整えました。


mac_065.jpg
そんな調子で、アームドユニットのデカールもなじましてやったのです。タミヤエナメルとファレホアクリルの合わせ技なんだぜってそんな大層なものじゃない。


mac_071.jpg
つーことで各ユニット合体です。一時期はアームド01のみで完成品とすることも覚悟しておりましたが、いや良かった。ここまで長かったけど報われる瞬間です。時が流れて愛が流れても続けてよかった。


mac_108.jpg
ベースに固定して電飾もドン。部屋を真っ暗にしてニヤニヤと模型を眺めるおじさんの完成であります。どうですか、愛・おぼえていますか。もう一人ぼっちじゃないんですよ!(あなたがいるから)


mac_111.jpg
ちなみに固定は背中に真鍮パイプを通して、ベースの背板に接続しています。背面が見えるようにミラー加工したアクリル板を使ったんですが、あんまり効果なかったですね。まぁ良いです。


mac_121.jpg
そして、完全に油断しきったところで待ち構えていたのがデストロイドですよ。せっかくだからこいつらももう少しなんとかします。ファランクスをちょいとディテールアップ。ミサイルポッドを開けたやつと閉じたままの2種類を用意しました。かんたんに書いてますがむっちゃ小さいですからねこれ。


mac_124.jpg
色も塗りますよそりゃぁ。TV版にちらりと出てきた青ファランクスも用意しました。「ちゃんと胸にDAICONIIIの女の子を描けよコラ!」と無茶も言われましたが、これで勘弁してください…。顔に見えるものを描くのは無理っつーか描いてもおそらく見えないし。


mac_122.jpg
そしてディフェンダーも作りましたよ。狙い方向を変化させてみたりすると配置するときにいい感じになるのではと思いつつディテールアップしていきます。もういいだろう、これで。

ちなみにトマホークは試作の1体しか作っていません。あれはマクロス表面ではなく、内部でゼントランを待ち構えているんじゃないかなーっと。だって対空には役に立たないでしょアイツ。


mac_155.jpg
mac_154.jpg
ということで配置してみました。スケール感が合っているのかなんだかよくわからないな。もっと甲板にずらりと並べても良かったかもしれませんが、艦載機じゃないからそれも変だしなーっと思ってこのくらいにとどめておきました。そもそも、あと10個作るのはしんどすぎるし、マクロス本体のシルエットを壊さない程度のちょうどいい数なんじゃない? 主砲の脇にもいくつか配置してあるんですよ。

ということで長々と続けてきましたマクロス強攻型もこれにて完成。次回はちゃんと撮影したものを…ってまだ撮影していないんですけどね。しかも、そのまえにマクロスと組み合わせるアレも用意しなくちゃだめなので、もうしばらくお待ち下さい。中身も無いのに延々引っ張って申し訳ございませんが、運が悪かった、犬に噛まれたとでも思って忘れていただければ幸いです。それでは本日は以上で!

  










【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その3

ハセガワ製 1/4000 SDF-1 マクロス艦 強攻型 “劇場版”その3です。
おいおいいつまでもったいぶってるんだという向きもあるでしょうが組み立ては今回で終了となりますので、もう少しだけお付き合いください。

ちなみに、完成品は10/8(土)のDORO☆OFFにて展示させていただく予定ですので、ご近所の方はぜひいらしてくださいね。自分のはまぁアレなんですが、ほかの出展者の皆様が凄腕ぞろいですので見応えは保証しますよ!


mac_036.jpg
さて脚パーツ。主砲部分で遮光に不安を持ったので、LED設置予定部分に裏側からアルミテープを貼ってみました。これでテープ部分の遮光は100%問題なしと思われます。あとはパーツ保持用のケタ部分に大きめの穴を開けました。光ファイバーの取り回しを考えると、大きめの穴のほうが都合が良いかなーっと。このあと部分的にプラパイプを固定して、まとめられる部分も用意しました。学習してるでしょ。


mac_037.jpg
組み付ける前にディテールアップできる部分は済ましておきます。ここもね、けっこう面積が広い割にのびのびしたディテールなので塩梅を考えつつ貼ったり掘ったりしていきます。市販のパーツ類もオーバーになりすぎないように使っていきますが、はやりプラ材や伸ばしランナーなどを多用していきます。エバグリの長方形プラ棒にはたいへんお世話になりました。

もちろん、各面を組み合わせてからもバランスを見ながら足しこみ作業は続きます。ひとつの面だけだと気が付かないこともありますからね。


mac_039.jpg
だいたいこんな感じかな~。足首というかノズルカバー部分はポイントを押さえてあっさりめの仕上げ。ノズル部分にあんまりディテールがあるのもどうかなと思いまして。あと、ここに限らずみっしりスジ彫りを入れるというのも今回はやってません。

面倒っていうのももちろんあるんですが、このスケールでスジ彫りってのもなんか違うというか。それを言うならディテール貼るのもアレなんですが、なにかしらの構造物だと考えるのはどうですかってこれ完全に好みの話ですね。かといって、キットにスジ彫りがたっぷり入っていたら埋めたりはせずに、大喜びでスミ入れしちゃうと思います。単にワガママか。


mac_045.jpg
はい、両足揃って電飾でドン。面倒なところは光透けもしていないのでオーライですよ。そして左右の足を並行して作業を進めるようにしたら、なんというかやっぱり進みが早いですね。そりゃそうだ、二度手間が無くなるんだから1.5倍くらいの作業量でできちゃうんじゃないの。ここまで来ると、逆に進みが順調で不安になってしまいます。


mac_048.jpg
腰パーツと合体しました。なんか色の違うパーツがありますが、これは1/144GMの胴体ですね。たまたま手元にあったので使いましたが、サイズ的にはおおむねぴったり。ちょっと左右を削るだけで収まってくれました。このキット、ちょっと短足気味なのが気になっていたんですが、足を延ばす大工事をしなくてもこれで十分シルエットが変わってくれます。

あと、ここにきて各ユニットのケーブルをコネクタでつないで、最後に合体できるようにしました。いやーどの段階で塗ればいいのか作りながら考えていたんですが、やっぱり全体をつなげた後に塗るのは取り回しが悪すぎて無理という判断です。あちこちから光ファイバーが飛び出ているから持つところもないしね。


mac_050.jpg
脚もできたので、艦橋にとりかかります。艦橋といっても強攻型だというなれば顔部分。人形は顔が命と申しますから気合の入れどころでしょう。艦橋上部の構造物の電飾については、どろぼうひげさんの要塞艦記事を全面的にパク…参考にさせていただきました(ありがとうございます!)。真鍮線をハンダ付けしたところにマイクロLEDと光ファイバーをエポキシ接着剤で固定して両端まで導光。後ろの4本立っているアンテナ状のパーツは、真鍮パイプ内部に光ファイバーを通しました。


mac_052.jpg
あとはエッチング類で飾りつけ。精密度が増していい感じです。しかしですね、ここで残念なお知らせというか失敗したところがありまして、遮光にむっちゃ苦労したんですよ。やっぱりLED直付けだとなかなか遮光してくれなくて、塗り重ねていくうちになんということでしょう、エッチングのディテールがどんどん埋まっていきます。

これは、光が漏れている部分だけを簡単にマスキングした上で遮光塗装をすればそれで良かったはずなんですが、もはや後の祭り。ここまで来て遮光を甘く見ているあたり、学習能力にも疑問が残ります。

ひとつ言い訳すると、昼間はちゃんと遮光できているように見えたところが、夜中真っ暗なところで試したら全然ダメってことがあるんですよ。でも休日モデリングだとあんまり夜は作業しないんで気づくのが遅れたりしてね、そんな個人的なこと言われても困りますか。

『遮光チェックは夜中でGO』今日はこれ、みなさん覚えて帰ってください。


mac_056.jpg
紆余曲折ありながら胴体ユニットもディテールつけ終わりました。これで工作はほぼ完了。電源用ケーブルの逃がし場所と、ベース固定用の加工を行えば塗装に入れます。いやーここまで長かったのなんの。でも明けない夜は無い。手を動かし続けてさえいれば、いつかは完成するんです…って3ヵ月やそこらで大げさなことを言ってすみません。しかもまだ出来てないし。

次回更新ではいよいよ色を塗りだします。もういい加減飽きてきた人もいますか?そういう方はあと一か月以内くらいに完成編をアップしますので、もう少しお待ちいただければと思います。ということで、本日は以上で!

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。