疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
03

Category: 1/4000 マクロス強攻型

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その3


ハセガワ製 1/4000 SDF-1 マクロス艦 強攻型 “劇場版”その3です。
おいおいいつまでもったいぶってるんだという向きもあるでしょうが組み立ては今回で終了となりますので、もう少しだけお付き合いください。

ちなみに、完成品は10/8(土)のDORO☆OFFにて展示させていただく予定ですので、ご近所の方はぜひいらしてくださいね。自分のはまぁアレなんですが、ほかの出展者の皆様が凄腕ぞろいですので見応えは保証しますよ!


mac_036.jpg
さて脚パーツ。主砲部分で遮光に不安を持ったので、LED設置予定部分に裏側からアルミテープを貼ってみました。これでテープ部分の遮光は100%問題なしと思われます。あとはパーツ保持用のケタ部分に大きめの穴を開けました。光ファイバーの取り回しを考えると、大きめの穴のほうが都合が良いかなーっと。このあと部分的にプラパイプを固定して、まとめられる部分も用意しました。学習してるでしょ。


mac_037.jpg
組み付ける前にディテールアップできる部分は済ましておきます。ここもね、けっこう面積が広い割にのびのびしたディテールなので塩梅を考えつつ貼ったり掘ったりしていきます。市販のパーツ類もオーバーになりすぎないように使っていきますが、はやりプラ材や伸ばしランナーなどを多用していきます。エバグリの長方形プラ棒にはたいへんお世話になりました。

もちろん、各面を組み合わせてからもバランスを見ながら足しこみ作業は続きます。ひとつの面だけだと気が付かないこともありますからね。


mac_039.jpg
だいたいこんな感じかな~。足首というかノズルカバー部分はポイントを押さえてあっさりめの仕上げ。ノズル部分にあんまりディテールがあるのもどうかなと思いまして。あと、ここに限らずみっしりスジ彫りを入れるというのも今回はやってません。

面倒っていうのももちろんあるんですが、このスケールでスジ彫りってのもなんか違うというか。それを言うならディテール貼るのもアレなんですが、なにかしらの構造物だと考えるのはどうですかってこれ完全に好みの話ですね。かといって、キットにスジ彫りがたっぷり入っていたら埋めたりはせずに、大喜びでスミ入れしちゃうと思います。単にワガママか。


mac_045.jpg
はい、両足揃って電飾でドン。面倒なところは光透けもしていないのでオーライですよ。そして左右の足を並行して作業を進めるようにしたら、なんというかやっぱり進みが早いですね。そりゃそうだ、二度手間が無くなるんだから1.5倍くらいの作業量でできちゃうんじゃないの。ここまで来ると、逆に進みが順調で不安になってしまいます。


mac_048.jpg
腰パーツと合体しました。なんか色の違うパーツがありますが、これは1/144GMの胴体ですね。たまたま手元にあったので使いましたが、サイズ的にはおおむねぴったり。ちょっと左右を削るだけで収まってくれました。このキット、ちょっと短足気味なのが気になっていたんですが、足を延ばす大工事をしなくてもこれで十分シルエットが変わってくれます。

あと、ここにきて各ユニットのケーブルをコネクタでつないで、最後に合体できるようにしました。いやーどの段階で塗ればいいのか作りながら考えていたんですが、やっぱり全体をつなげた後に塗るのは取り回しが悪すぎて無理という判断です。あちこちから光ファイバーが飛び出ているから持つところもないしね。


mac_050.jpg
脚もできたので、艦橋にとりかかります。艦橋といっても強攻型だというなれば顔部分。人形は顔が命と申しますから気合の入れどころでしょう。艦橋上部の構造物の電飾については、どろぼうひげさんの要塞艦記事を全面的にパク…参考にさせていただきました(ありがとうございます!)。真鍮線をハンダ付けしたところにマイクロLEDと光ファイバーをエポキシ接着剤で固定して両端まで導光。後ろの4本立っているアンテナ状のパーツは、真鍮パイプ内部に光ファイバーを通しました。


mac_052.jpg
あとはエッチング類で飾りつけ。精密度が増していい感じです。しかしですね、ここで残念なお知らせというか失敗したところがありまして、遮光にむっちゃ苦労したんですよ。やっぱりLED直付けだとなかなか遮光してくれなくて、塗り重ねていくうちになんということでしょう、エッチングのディテールがどんどん埋まっていきます。

これは、光が漏れている部分だけを簡単にマスキングした上で遮光塗装をすればそれで良かったはずなんですが、もはや後の祭り。ここまで来て遮光を甘く見ているあたり、学習能力にも疑問が残ります。

ひとつ言い訳すると、昼間はちゃんと遮光できているように見えたところが、夜中真っ暗なところで試したら全然ダメってことがあるんですよ。でも休日モデリングだとあんまり夜は作業しないんで気づくのが遅れたりしてね、そんな個人的なこと言われても困りますか。

『遮光チェックは夜中でGO』今日はこれ、みなさん覚えて帰ってください。


mac_056.jpg
紆余曲折ありながら胴体ユニットもディテールつけ終わりました。これで工作はほぼ完了。電源用ケーブルの逃がし場所と、ベース固定用の加工を行えば塗装に入れます。いやーここまで長かったのなんの。でも明けない夜は無い。手を動かし続けてさえいれば、いつかは完成するんです…って3ヵ月やそこらで大げさなことを言ってすみません。しかもまだ出来てないし。

次回更新ではいよいよ色を塗りだします。もういい加減飽きてきた人もいますか?そういう方はあと一か月以内くらいに完成編をアップしますので、もう少しお待ちいただければと思います。ということで、本日は以上で!

   
web拍手 by FC2
01

Category: 1/4000 マクロス強攻型

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その2


ハセガワ製 1/4000 SDF-1 マクロス艦 強攻型 “劇場版”その2です。
今回は主砲まわりでご機嫌をうかがわせていただきます。

mac_020.jpg
戦艦でいえば艦種部分。強攻型になると背中のキャノン的な位置に収まるマクロス主砲ですね。そもそも強攻型は主砲を発射するための形態なので、いちばん大事な部分と言えましょう。そうでもないか? 

とにかくはまず先端の華奢げなところにプラ材を貼り付けたり光ファイバーを設置したりします。ファイバーの固定には瞬着を使いましたが、ついつい使いすぎて先端に届く光が弱くなってしまいました。瞬着ってファイバーの樹脂を侵すんですね…。あとで聞いてみたら、瞬着の使用は部分的に留めておいて、あとは樹脂を侵さない接着剤で固定するのが良いそうです(限定さんありがとうございました!)。


mac_019a.jpg
しかし、アームドユニットと比べてディテールの密度がちょっと薄い感じですので、塩梅がむずかしい所。0.3mmプラ板やプラペーパー、伸ばしランナーなどを多用して、主に貼り付けるディテールを増やしていきます。あとは、適当なエッチングなどの金属パーツも使用しますが、これらは瞬着を使わないと貼れません。瞬着ははみ出るとすぐにダマになったりして死にたくなるんですが、塗塗装しているうちに案外気にならなくなるので大丈夫です。いや、あんまり派手にハミ出たらペーパーで慣らした方がいいですけどね…。


mac_023.jpg
主砲下部の終点あたりは完成するとあんまり見えないところなので、気合7掛けくらいで密度を増やしていきます。全部みっしり埋めるより緩急もつきますし、なんといっても気合は有限ですからね。目立つ部分に集中して力を注ぎ込むのが健康的なんじゃないかと僕は考えております。飽きっぽいだけか。


mac_026.jpg
ということでおおむね全体の作業が終わりました。ちょっと慣れたせいか、アームドユニットよりも楽に進めることができたような。楽勝だぜ。


mac_029.jpg
そして通電してみます。もうね、光漏れがものすごいですよね。これは塗装のときにかなり苦労しました。特に凹モールドの所は色も乗りにくいし肉厚も薄いので、なかなか遮光できまず、いたずらにディテールが埋まっていき、大きな反省ポイントです。パーツの裏面を黒などで塗っておくか、LED自体の光漏れを最小限にしていくなどしないと。もともとの経験値がアレなだけに、ノウハウがもりもり溜まっていく気がします。もう少し考えながら進めればいいだけの話ですけどね!


mac_033.jpg
主砲と腕部分が合流する肩周りも進めます。このあたりはディテールが特にあっさりしている部分ですが、シルエットが変わるようなことはしたくない。やはり緩急をつけつつ、元々のディテールに沿うよう追加していくことで、マクロス自体のデザインを損なわないように密度を上げることができる…んじゃないかなーと考えて進めていきました。


mac_035.jpg
ということで繋げてみました。脇部分は広げると中身が見えてスカスカだったので、プラ版で埋めたりもしています。いやぁ順調だなーってこの時点でもう8月頭になってますからね。途中で他の部分も並行して進めてはいますが、腕部分だけで2ヶ月。早く色を塗りたいところですが、ここはグッと我慢のしどころです。息抜きに他のキットを作るのも悪くないんですが、今回は気持ちが途切れるとヤバそうだったのでひたすらマクロってました。

まだまだ中途半端なところで申し訳ありませんが、別にもったいぶっている訳ではないんです。だいたい、まだ完成後の写真もちゃんとは撮影していませんからね。本体自体は、10/8(土)に浅草橋で開催されるDORO☆OFF VIに展示させて頂く予定です。それまでに梱包したり色々準備しないと…とういことで、本日は以上!





web拍手 by FC2
26

Category: 1/4000 マクロス強攻型

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その1


ハセガワ製 1/4000 SDF-1 マクロス艦 強攻型 “劇場版”を制作しております。
といいましても、おおむね完成はしているのです。

MC06.jpg
6月前半に発売されてから割とすぐに手を付けまして、おおむね完成と言えるようになったのが9月の中旬。しばらくブログを更新しなかったのは、そもそも完成品がないからだったんですね。ならば途中経過とか書けばいいんですけど、ブログ更新するヒマがあったら模型の方を少しでも進めたいなというのが人情じゃないですか。

3か月近い期間、もちろん毎日作業ができていたわけでもなく、平日はほぼ全滅。休日のみをボチボチ使って進めていたのがこんなに時間がかかった原因と言えましょう。まぁ人には色々ありますからね、自分に無理のないペースで進めるのが一番です。

ということで、せっかく(自分にしては)長い製作期間だったのもありまして、途中経過からボチボチ書いていきたいと思います。覚えてるかな…。愛は覚えてるんだけど。I LOVE YOU SO.


mac_000a.jpg
作る前からなんとなく長丁場になりそうな気配を感じていたので、最後までモチベーションを保つためにはまず細部から仕上げていきます。そうすることで細かい達成感を味わいながら進められるというのが、強襲揚陸艦などを制作して学んだことです。

それを活かして、とりあえずオマケのデストロイドから作ろうと思ったんですが…これを切り抜いて使えというハセガワ様のスパルタに思わず絶句です。以前に発売された要塞艦のバルキリーは「削いで使ってね」という形式だったと聞いておりますが、難度上がってるじゃないですか。型抜きかよ!


mac_000b.jpg
などと出鼻をくじかれていましたら、なんと切り抜くべきところの裏側が薄く成型されていました。これでカッターなどでも切り抜きやすくなるでしょという、ハセガワ様のやさしさ。この緩急交えたアプローチ、さすがといったところです。いわゆる「良い警官、悪い警官」という奴でしょうか?


mac_000c.jpg
まずは一体ずつ仕上げてみます。裏が平面なのはしょうがないとして、トマホークとディフェンダーはちょっとひどい出来です。砲が全然認識できないので、ちょっとだけディテールアップ。ディフェンダーの砲身は0.2mmの真鍮線なんですが、これ本当に見えるのかな…そして10体も作れるのか…。


mac_004.jpg
そういった不安に襲われましたので、デストロイドは試作にとどめておいて両手にあたるアームドユニットを制作することにしました。これは単体でもアームド01、アームド02という宇宙空母となっているので、製作途中に続けるのが嫌になっても最悪「アームド01の模型完成しました!」という逃げ場もあるだろうという計算によるものです。

で、さっそく劇中では黒く塗りつぶされている側面の穴を開口します。ピンバイスでドリってからのナイフで切り取るという地道な作業ですが、模型作ってる感があって自分は嫌いじゃないです。少しづつやる分にはですけどね。


mac_004a.jpg
片面を開口し終わりましたが、ガタガタですね…。まぁいきなり細部を気にしていると先に進まないので、とりあえず全体に穴をあけてからまた考えます。


mac_007.jpg
穴の形を整えつつ、裏からディーテルの入ったパーツで蓋をして、表面にプラ版などを貼ってディテールアップを施します。ここでの密度が、今後全体を作っていく上での基準になりますから慎重に行きたいところです。

と言いつつ後で知ることになるんですが、なんだかこのキット、アームドユニットまわりの密度がほかの部分よりも高くて、マクロス本体はけっこうさっぱりしている。だから本当はそこそこに留めておいた方がいいんですよね。過去の自分に教えてやりたい。


mac_009.jpg
そんでもって、今回はなんと光ファイバーを本格的に用いた電飾に挑戦するのでした。どろぼうひげさんのマクロス要塞艦製作記事などを参考にさせてもらいつつ(ありがとうございます!)、自分にできる範囲でデチューンして作業を進めます。

しかし、思いのほかファイバーの取り回しには苦労させられました。荒く扱うと途中で折れるし、その割に硬くて曲げ癖をつけることができないので、狭いところを通すのには慣れが必要ですね。しかし、慣れるには扱うしかないのでとにかく作業を進めるしかありません。


mac_006.jpg
甲板と張り合わせて、ちゃんと収まるかどうか確認します。しかし光ファイバーを使って一番悩んだのが、どの段階で本体を密封すればよいのかというところです。本体の各面にファイバーを通しているわけですが、当然最後に閉じる面にもファイバーが通っているので、そこからLEDに引っ張ってくるのはなかなかに難しいですし、ファイバーの長さもギリギリにはできません。


mac_010.jpg
結局、アームドユニットは上甲板を最後にして、ファイバーをLEDに差し込みつつえいやで閉じて、無事に光ったら結果オーライという乱暴なやりかたとなりました。ファイバーを通した後は取り回しがやりにくくなるので、その前にディテールアップなどはすましておきます。艦橋部分には、以前艦船などを作った時に余ったエッチングパーツなどを張り付けてそれらしくしてやります。つっても1/4000スケールだから、なにをやってもオーバースケールなんですけどね。


mac_011.jpg
ちょこちょこと見覚えのあるパーツがありますが、これはバンダイのビークルモデル「スターデストロイヤー」のものです。発売時に3機ほど買ってからパチ組みにスミ入れして「わーい艦隊だー」と遊んでいたのですが、それからパーツをむしって使用しております。それにしても素晴らしいディテールで、まさにスタデ様々。ちゃんと遊んだ後だから無事に成仏してくださいよ…。


mac_015.jpg
オラ閉じたぞー! えらく派手に光が漏れていますね。まぁ上から黒サフでも吹けばなんとでもなるだろうと、この時点では遮光について結構甘く見ています。むしろ、これだけ内部が派手に光ってるなら、そのあたりに穴を開けとけばファイバー使わなくても光って見えるのでは? なんて馬鹿なことを考えて喜んでたりして。そんなワケはないんですよ。


mac_016.jpg
なんとか黒サフを厚吹きして遮光は完了。もう片方のアームドユニットを組みます。並行して作業してやれば良かったんですが、いい感じになるかどうか自信がなかったので、まずは片方を仕上げてからとしました。でも、これでなんとか塩梅がつかめたような気がします。

ここまでに使用したLEDは、アームドユニットごとに白と赤をひとつづつなので、計4個となります。最終的にはいくつになるのか…大まかには考えていますが、経験の少なさゆえに出たとこ勝負なところも多分にあります。この時点で既に7月に食い込んでいますがまだまだ先は長いぜ…

ということで、本日は以上で!

   


web拍手 by FC2
18

Category: 1/20 バーニー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 バーニー


2016年6月5日完成
MAX Factory製1/20 バーニーです。

burney2_15.jpg
前回のネーネに続いての制作です。ドイツ風だったネーネとは変わってイギリス女子のバーニーちゃん。脚を組んだ立ちポーズと、超ミニのスカートがセクシーであります。清純そうに見えて痴女みたいなスカート丈ですね。いいぞ。


burney2_14.jpg
足パーツだけの状態でもなにやらなまめかしく、まったくけしからんプラモデルです。いいぞいいぞ。


burney_01.jpg
バーニーちゃんにあった、フリルスカートに細い赤ラインやヘッドホンなどの小物などの、ちょっと処理にひと手間かかる部分がないのでさくっと塗りあがりました。おおむね2日くらいの塗装作業で完成。もっとじっくり手間をかけろという話もありますが、まぁいいじゃないですか。


burney_00.jpg
塗装のテーマとしては、彩度を落とさず表面をキレイに保ちつつ、グラデーションの階調を増やすということを心掛けつつ塗ってみました。うまくいったところと、そうでもないところがありますね。


burney_03.jpg
目を描き込む前に肌部分を最初に塗り、クリアコートで塗膜を保持します。ファレホは乾燥が比較的早いのですが、完全に乾くまでは非常に塗膜が弱いので、作業時にはなるべくゴム手袋をするように気を付けました。


burney_13.jpg
あと、パレット上で半渇きになった塗料が細かいダマとなって表面を荒らす…気がしたので、スポンジとキッチンペーパーをタッパーに収めて使うウェットパレットで作業をしました。このあたり、連続して2体作ったおかげの細かなステップアップです。次の時には忘れている気がするので、こうやって記録しておくのが大事。

でも、つい面倒でその辺の紙の上で調色したりもしていたので、もうすでにヤバイですが。


burney2_12.jpg
ネーネちゃんの瞳は付属のデカールを使用しましたが、今回は手描きにて表現。目が大きいのもあって、さほど苦労せずにフィニッシュです。このあたり手間をかければいくらでも細かくなるんですが、切り上げ時も肝心。…という言い訳なんですが。

ちなみにほっぺが赤すぎるのは、髪の毛で陰になる部分だからなのです。


burney2_13.jpg
両方やってみて思ったんですが、デカールよりも細い線を引くのはかなり難しいので、デカールを使用するとシャープに仕上がる。筆で塗ると線に強弱がつきますので、目元の印象は強くなる…ような気がしました。前回ネーネを塗り足したように、デカールプラス筆でレタッチというのも悪くないかもしんない。


burney_10.jpg
ボタン類はシルバーを使わず、グレーとハイライトでイラストチックな銀表現。ホルスターの真鍮部分も同様です。


burney_08.jpg
といいつつ、ゴーグルはメタリックを塗ったりしています。両方使っても馴染むかどうか様子を見たかったんですよね。ちなみに使用したのは「オイリースチール」です。渋いメタリックでいい色!


burney_11.jpg
髪の毛の下の方は、イラストに合わせてパープルのグラデーションをつけました。薄めた塗料でトーンを変えつつ何度か塗り重ねます。黄色からの変化が、色が濁りがちでむつかしいところです。


burney_12.jpg
見えなさそうでやっぱり見える下着は、うすい水色で。スカーフの色にちょっと寄せた感じですね。


burney_06.jpg
そうだ一つ忘れていました。両足付け根の太もも同士の割合については削ってしまいました。これはですね、ももの付け根の空間(いわゆる夢空間)が欲しいという僕の想いがなしえたことです。


burney3.jpg
この写真で伝わりますでしょうか。わずかに見える、背景の黄色部分が。そう、これが欲しかったんですね。決していやらしい気持ちから出たものではありませんので、誤解なきように。


burney2_02.jpg
ということで、2人のミリQガールズが揃ったわけですが、あとは3人目の発売を待つばかりです。楽しみだな~。といったところで、本日は以上!


   



web拍手 by FC2
12

Category: 1/20 ネーネ

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 ネーネ


2016年5月28日完成
MAX Factoy製1/20 ネーネです。
TINAMIに投稿時から、ちょこちょこと追加でいじってしまいました。

プラモデルの女の子フィギュアというと、ガンダムのキャラコレシリーズや「ときめきラムちゃん」「幻夢戦機レダ」を思い出してしまう世代なのですが、そういえばレダの鎧ってプラモデルになりませんね。「バース」とかの金田アクションしているフィギュアも欲しいなぁといきなり脱線しました申し訳ございません。カーシャとかの湖川キャラも欲しい。
nene2_02.jpg
このキットは、山下しゅんやさんデザインの肉感的なキャラクターを、多色に分けられたパーツに瞳デカール付属で手軽に組み立てることができる「ミリタリーキューティーズ」のシリーズ第1弾です。

パッケージデザインも模型らしからぬ素敵なデザインとなっていますし、説明書の裏もミニピンナップになってたりして、ちょっと嬉しい。


nene2_06.jpg
ドイツ戦車兵のコスチュームを美少女風にアレンジした、なんともしんぼうたまらんデザインで、模型としては双眼鏡やヘッドホンなどの小物まわりのディテールアップが見せ所と言えましょうってコードやストラップを足したくらいですが。


nene2_07.jpg
あとは、スケールが1/20というところも手ごろで良いです。小さすぎず大きすぎない。マシーネンで展開しているスケールと同じなので、他のフィギュアやメカと並べやすいという。このスケールの人形というたけで、つい購入してしまう人も多いと思います。


nene2_09.jpg
せっかく色分けされているキットですが、元のイラストがとてもよいので、その雰囲気に近づけるべく、陰影を強めにつけて塗装を行うことにしました。なんといっても「ミリタリー」キューティーズなので、ミリタリーフィギュア的な塗装アプローチも似合うかなと。しかし黒はむずかしい。

あ、瞳は付属のデカールを使用しています。


nene2_19.jpg
で、それで一旦完成としてましたが、その後ちょっと濃い目にお化粧を追加してみました。ボンテージっぽい衣装に合うかなーと思いまして。でも、女の子の顔は、人形でもちょっと色を置くだけでずいぶん印象が変わりますね。ちょっと濃くしすぎた気もしますが、気になるようならまたそのうち手を入れるかも。


nene2_11.jpg
洋服の赤ラインは塗り分けるのが大変そうなので、ハセガワのフィニッシュシートの細切りを貼っています。しかし、凄く近づいてみるとやっぱり厚みは見えるのと、そもそもシートを等幅に切り出すのも難しいので、細切りマスキングテープを使って塗り分けても良かったかもしれない。

あ、シートを貼った後、上からハイライトなどを筆で入れて馴染ませております。写真だとあまりピンときませんね。


nene2_23.jpg
ストッキングのフチ部分は、太ももにモールドされていますが、どう頑張っても手描き感が出てしまいそうなので、モールドを削り取った後に100均で購入したデコレーションシールを切り出して貼りました。これも一旦完成としてたんですが、どうにも分厚くて気になるし、曲面追従も良くない。どうしても目が行くところだけにやっちまった感が…。


nene2_14.jpgnene2_16.jpg
ということで、いろいろと考えてフェイズ2です。レースのパターンを自作してプリントアウト、これを貼ったりしてみましたが…これどう見ても紙を貼ってるようにしか見えません。だめだ!


nene2_20.jpgnene2_21.jpg
ということでフェイズ3。アクセサリー等を売っている店で買ったこのエレガントなシール。これを太もものちょっと上目のところに張ります。エンボス地ではありますが、薄目でなかなか悪くない。


nene2_22.jpg
そして、ストッキングとの間を黒で塗りまして、改めて赤ラインを追加してフィニッシュ。けっこう良いのではないでしょうか。ちょっとした立体感がむしろいい。というか、とりあえず良いことにします。



nene2_13.jpg
双眼鏡はレンズ部分を開口してジェルクリアを充填し、板ナマリを使ったストラップを追加。あとはヘッドホンとマイクケーブルを0.3㎜の糸ハンダで腰に追加した謎ボックスにつなげて完成です。

この写真で気になるのはそこじゃない? しょうがないなぁ。下着の色はイラストからは判別できなかったのですが、ストッキングと同じ色だろうという確信じみたものがあって、パープル系で塗装しました。ラインの色に合わせて赤という線もあるかとは思いましたが、そこは後の研究結果を待ちたい所です。


nene2_04.jpgnene2_10.jpg
ベースは、直径6cmの木材とアクリル板を合わせたもの。上面などのイラストやロゴは、説明書に記載されていたものをスキャンして加工したものです。元のデザインやイラストが良いので、どうやってもカッコよくなるのがありがたいです。


nene2_18.jpg
普段作ったり塗ったりしているものとはまた違った方向のキットでしたが、その分色々と勉強になりました。元イラストに沿うことで、配色バランスの妙にうなったりなど、普段と脳の使う部分が違うような面白さがありましたので、今後のシリーズも楽しみにしたいと思います。といいつつ、既に第2弾のバーニーちゃんも完成しているのですが、またそのうちにまとめますといったところで本日は以上!

   

プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。