FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【完成】ノンスケール ギャラガファイター

2013年5月21日完成。
WAVE製 ノンスケールギャラガファイターです。

ギャラガと言えば、中村製作所ことナムコの名作シューティングゲームです。ずいぶん昔のゲームで、2011年に発売30周年を迎えました。そんでもって、その記念として特設サイトに、横山先生の描かれたBDが公開され、そのデザインをベースにしたキットがこちらです。
GARAGA_title.jpg
ゲームは16*16くらいのドット絵だったのですが、上面から見たシルエットは崩さずに有機的なラインが魅力的なデザインに生まれ変わりました。カッコいいよなぁ。

GARAGA_07.jpg
キットは、いまどき珍しいくらいのパーツの少なさで、部品状態で機体のシルエットがわかるナイス分割。パーツ状態で完成形の想像ができるというのは、思いのほか製作モチベーションが上がります。

実際、やる気云々は置いておいても、合わせ目処理や切り出しを含めても1時間ちょいくらいで組みあがりました。このくらいで組めると、塗装を十分に楽しめることができるし、作る人間のことが考えられた良いキットだと思います。

GARAGA_05.jpg
今回製作は、イエローサブマリン溝の口店様主催の、Ma.k.多摩川ミーティング#4にて、展示会内ミニイベントとして、ギャラガファイターを持ち寄って沢山合体させようという企画に参加するため、平日4日ほどで仕上げてみました。

GARAGA_03.jpg
普段、あんまりタイムアタック的に模型を組むことはしないのでどうなることかと思いましたが、キットの組み立て易さに助けられてなんとか完成しました。といっても、以前に電飾を仕込もうと機首センサー部分をくりぬいて、パーツの切り出しは終了した状態だったのですが。(電飾はその後面倒くさくなって放置しておりました)

GARAGA_02.jpg
塗装手順としては以下のとおりです

→クレオスの黒サーフェーサー吹き
→シリコンバリア
→筆塗りで陰影を強めにつけつつざっくり塗装
→エアブラシで筆跡を消す
→表面をゴリゴリ削ってチッピング
→クリアコート
→デカール、スミイレ、ウォッシング

作業が平日だったこともあり、それぞれの工程に1時間づつくらいの時間しか描けられませんでしたが、いやーなんとかなるもんですね。

GARAGA_08.jpg
おかげで無事合体もできました。2日目にはもう少し機数も増えていたのですが、写真を撮り忘れていました、なにやってんの!

GARAGA_04.jpg
あとは開口していた機首センサー部に、クリアパーツ的なものを仕込んだのと、これまた機首の機銃っぽい部分に金属パイプを埋め込んでいましたそういえば。

やー、やっぱ模型はさっくりと
完成させるのが一番ということで、本日は以上!
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply