疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット

バンダイ製 1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セットです。

2199テレビ放映おめでとうということで、やっぱり観ると欲しくなってしまう宇宙戦艦。でも1/1000なんてどう作っていいかよくわからないし、2話以降は出てこないしどうしようかと悩んでいるうちにほかの模型に手がつかないことが判明したので買って来ましたよ宇宙艦隊。
ISO_00.jpg
パッケージにはコンゴウ型、ムラサメ型、イソカゼ型の三隻(とオマケの3段空母)が同梱されていますが、二隻しか無いじゃないかおいおいどういうことだよって、いや揃ってからアップしても良かったんですが、コンゴウ級はデカイからもうちょっとかかりそうですし、中間報告ということでひとつ。

ISO_01.jpg
説明書では一番大きいコンゴウ型から始まっていますが、まずは慣れるために小さい方から組むことにしました。前からSTやらSWやらの表面ディテールアップ系の工作と、パネルライン塗り分け塗装をやってみたかったので練習です。

ISO_02.jpg
エッジ部分を削ってシャープにしてから、なるべく段差の出ないように組みます。つっても、パーツ色分けのために船体が輪切り状の分割になっている上、スナップフィットなので思うようにいきません。

ISO_03.jpg
スケールを考えると、機体の分割跡もスジ彫りごと消してやってもいいんですが、まぁ「宇宙戦艦」の模型に細かいことを言ってもアレかなと思い、いつもの様に気にしないモデリング。

ISO_04.jpg
伸ばしランナーや艦船用エッチングなどをペタペタ貼ってできあがり。張り線もやってみました。宇宙戦艦になぜ張り線しかも中途半端な量をとお思いでしょうが、やってみたかったのです。だったらもっとやれよな。

ISO_05.jpg
塗装はエアブラシでプシューッと単色なので素早く塗れてしまいます。アニメの色とは全然違いますが、あの赤白黄色で塗るのはちょっと勇気が必要で、自分にはそれが足りなかった。勇気が欲しい。強い意志が。

ISO_06.jpg
単にマスキングが面倒だったという話もありますが。ほら、パネルラインを細かいマスキングテープでやってるので、これを塗り分け回数分やるのはちょっとね。

ISO_07.jpg
したら、ちょっとゼントラーディっぽくなった感ありますね。ヤックデカルチャ。そうでもない?キースーマカウケ。

ISO_08.jpg
本日はヤマト2199第3話の放送なので、それに間に合うように更新しようとしたらいつにもまして適当なアレになってしまいましたすみません。あと、このキット意外に小さいんですよ。雑誌などでは電飾なども仕込まれている作例を見かけましたが冗談だろって感じで驚きます。

ということで本日もヤマト発進!
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。