FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/35 P.K.A.

2013年3月31日完成
NITTO製 1/20PKAを改造して、1/35PKAにしてみました。

前に作った1/35アーケロンと同じネタです。ワンパターン? いやいや連作ですよシリーズなのですウンウン。

PKA35_title2.jpg
運転席に人を載せなかったので、中の様子が見えるのがウリであります。横に立っているフィギュアは、マスターボックス1/35夏のサッカーセットから、見学オヤジをそのまま持ってきてました。表情や筋肉、シワの具合といい素晴らしいフィギュアでした。手の腱とかたまんないですよね。

PKA35_17.jpg
実はPKAは、普通に1/20で作ろうとボディを詰めるところまで工作済みだったのです。1/35化にあたり、作業機械っぽさを出すために背中にプラ板を箱組みしてしまいます。直線的なラインを加えて、あえて横山的曲面を殺して変化を出すのも狙いのひとつです。

といいつつ、先のプランなんかロクにたっていないので、プラ板をとりあえずハサミで切って強引に組み付けですよ。どうせ削るからへいきへいきー。

PKA35_18.jpg
運転席内は、シートをタミヤのSASジープから。サイドには飛行機のコックピットよろしくパーツを詰め込み、正面にハンドルをぶっ刺します。ハンドルは多分1/24のカーモデルから。

PKA35_01.jpg
ほかの大きな改造部分は、腕を機体正面から生やしてみたところくらいでしょうか。肩パーツを前側に貼り付けて、エポパテで均してそれっぽくします。この関節だと地面の物を拾えなさそうですが、ジャバラ部分で伸びるんじゃないかと思っておりますよアキレスbみたいに。にょろーんて。

PKA35_02.jpg
そもそも、1/20で作ろうと思っていた時から、腕位置はここにしようと考えていたのです。PKA系はパイロットの肩位置が気になっていたのでその回答のひとつのつもりだったのですが、スーツじゃ無くしたのでそれほど意味はないですね。作業機械らしさが増したくらいでしょうか。でも、弱そうでいいでしょ。

PKA35_03.jpg
あと、全体の形状に影響があるのは脚を逆関節にしたくらいでしょうか。それにしても、ベタ足逆関節にすると、突然80年代らしさがでてきますね。ダンバインにこういうのがいたよな。

PKA35_04.jpg
運転席正面のフタ状の物は、装甲板兼機銃架のつもりです。こんな装甲板つけても、上半身が露出し過ぎで危険きわまりないですが、戦闘が主目的じゃないイメージなのでまぁいいかと。普段は鉱石とかを掘り出して、窃盗団などが来たら荷物置きから機銃を取り出して据え付ける、とかそんな。まったくもってウォーカーマシンです。

PKA35_05.jpg
シートベルトは、ファインモールドから発売されているインジェクションキットから。ナノアヴィエーションシリーズの1/32日本海軍機用です。いい塩梅のディテールで精密感がマシマシで、他部分の解像度が追いつきません。

PKA35_10.jpg
側頭部のヘッドライトは、これまた市販のバーニアパーツとレンズパーツを組み合わせたものです。多分WAVE製の。荷物類は相変わらずのタミヤ現用セット。パテで自作するくらいすればいいのにねぇ。

PKA35_11.jpg
塗装は、Vカラー、シリコンバリア、ラッカーの後にコリコリと剥がしてチッピングを行い、あとはエナメルでスミいれやサビの描き込みなどで仕上げました。

PKA35_19.jpg
ラッカー塗装の段階で、中間色、ハイライト、シャドウ部分を意識して、隣り合った色を溶かしてなじませつつ階調を作っていきます。けっこうガッツリグラデーションをつけたつもりですがどうでしょう。筆目などもクッキリ見えていますが、この方が表面に変化が出て良いと思っております。筆目がイヤならエアブラシで塗ればいいしね。

PKA35_13.jpg
影部分は、ずいぶん青みを加えてみたつもりですが、黄色の補色となって、しっくりとまとまってくれます。そうでもない? 階調を作るのはエナメルやアクリル、油絵具などでやるのも良いのですが、シンナーで溶かしながら具合をつけるのが面白いのでついラッカーでやってしまいました。しばらくこのやり方を試してみたいと思っております。

PKA35_15.jpg
足首横に付けたステップがお気に入りですが、今回手すりは少なめにしたので搭乗はちょっと難儀かもしれません。アーケロンと変化をつけようと思ってのことだったのですが、よく考えたら手すりくらいつけても良かったかな。足すか。

PKA35_16.jpg
いちど経験したネタでもありますので思いのほか早く仕上がるし、終始楽しく作業できました。まぁ、すでにカッコ良いデザインの横山メカにAFVなどのディテールを組み付けるだけですので、オリジナル的でありつつも安心感が凄いのでとてもオススメのアレンジだと思いますので、みなさんもやってみるとエエよ。

といったところで、本日は以上で!
   


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。