FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【完成】1/600 ザンザ・ルブ

2018年12月16日完成
アオシマ製 重機動メカ ザンザ・ルブ
写真 2018-07-27 15 33 49 
昨年から所属させていただいているテングモデラーズ。

年に一度、設定されたお題に合わせて1品作り起こすという趣向で、今回のテーマは「ロボモケイ」です。(以降写真クリックで拡大)

写真 2018-06-13 19 01 35 
重機動メカがロボットかどうかは意見も分かれるところかと思いますが、せっかくチカラをいれて模型を作る機会。自分の人生の宿題のひとつ、ザンザ・ルブで行くことにしました。

写真 2019-01-03 17 26 24 
一応説明しておきますと、ザンザ・ルブは「伝説巨神イデオン」というTVシリーズアニメの劇場版「THE IDEON接触篇」「THE IDEON発動篇」の発動篇の方に登場する敵側のメカです。

イデオンをまた観たことがないという方は、死ぬまでに一度は観たほうがよいかと思います。迫りくる運命に対して必死で抗おうとする人々の生き様がそこに描かれています。

写真 2019-01-03 17 30 14 
おっと…すみません。ついイデオンのことになると無駄に熱くなりまして。(反省なし)

写真 2018-10-08 21 27 32b 
まずはまるっとした頭部を前後に伸ばしてやります。切断してのプラバン細切りという古式ゆかしい手法ですね。シンプルな曲線のフォルムに変化を持たせるために、イメージを壊さない程度にパーツを貼ってエポパテでラインを整えます。丸くするだけでなく、必要な部分にはエッジを追加してみたりも。

写真 2018-12-29 12 50 35b 
写真 2018-11-11 11 12 52b 
その段階で、足のフォルムなどを検討。この機体に乗り込むハルルの女性としての業をデザインに盛り込みたかったのと、ザンザ・ルブの唯一気になる所がドタ足だったので、これをハイヒールをモチーフに形状を変化させます。ここでもプラバン大活躍。

写真 2018-11-04 19 45 34 
腕部分は最初にテストとして組んでいたものなのですが、長いこと時間を掛けすぎてパーツを紛失いたしました。仕方ないのでもう一つ注文して家に届くと紛失パーツが見つかると言う模型あるあるが発動。

写真 2019-01-03 17 24 23 
そのままだとくやしいので、せっかくだから腕を4本として構成することにしたりして。結果オーライ。

写真 2019-01-03 17 18 04 
機体裏側は、ちょっと有機的な処理を残して異星人メカらしさをアップ。ハルル姉さんの業を現すかのように、タマゴを思わせるような球体タンクや、たくましいプロペラントノズルなどを追加しております。

写真 2018-12-19 21 25 42 
キットについて何も書いていませんでした。古いキットではあるものの劇中の雰囲気をよく捉えていて、ストレートに作ってもカッコよいはず。統一スケールということもあってなんだか大きいのが気になりますが、これは設定的に正しいので良いのです。

写真 2019-01-03 17 17 45 
実は、わたくし数年前から「イデオン」に登場する重機動メカをアレンジして、ぼちぼち制作しておりまして。

写真 2019-01-03 17 17 54 
顔面メカはともかく、ドグ・マック、ギラン・ドゥあたりは「当時の富野監督にはこういうビジョンが見えていたのではないか」という妄想によるものでした。

写真 2019-01-03 17 18 55 
でも、ザンザ・ルブは劇中に登場するデザインのみでやたらカッコ良いんですよね。さすが湖川さん。

写真 2019-01-03 17 19 40 
これに変なアレンジを加えても魅力を削ぐだけなのではないかと、最初のうちはああでもないこうでもないと悩みつつ手が進まない日々が続きました。

写真 2019-01-03 17 20 07 
しかし締切のある展示会の良いところ。とにかく手を動かさないと間に合わないんですよね。自分の手癖が出るところも容認してガシガシと進めていきました。

写真 2019-01-03 17 21 32 
ここのところ身体がポンコツ気味で無理がきかず、ほぼ休日のみの作業となるのも進まなさに拍車をかけてしまいました。

写真 2019-01-03 17 22 17 
作業しても集中力が続かずに、すぐに休んじゃったりね。まぁそのあたりは誰もが事情のある上で製作しているんだから単なる言い訳なんですが!

写真 2019-01-03 17 23 32 
それでも、ひさしぶりにコッテリ模型をいじくり回せたのは楽しかったというのが本音です。

写真 2019-01-03 17 26 41 
といいますか、完成してよかった!

写真 2019-01-03 17 26 34 
あまり見えないパーツの隙間には、小さいパーツを詰め込んでスケール感を出す手助けをしてもらっております。

写真 2019-01-03 17 26 07 
その代りと言ってはなんですが、白い装甲部分はなるべくディテールをつけずに、曲線の変化だけで間を持たそうとしています。異星人メカですからね、スジボリや通信アンテナとかも変かなって。

写真 2019-01-03 17 26 05 
足の裏側は推力ノズルやパイプなどを詰め込んで、装甲部分とメリハリをつけるように。あんまり1/600らしくはないですが、これはこういうものということでひとつお収めください。

写真 2019-01-03 17 25 51 
白い包帯状のパイプは、ビニールホースにマスキングテープを巻いたものです。スケール感はどこに行ったんだという声が聞こえますが、異星人(バッフ・クラン)のやることなので以下略。

写真 2019-01-03 17 25 21 
塗装は、青系を下地に塗ってからオフホワイトやニュートラルグレーを筆塗りです。変化を出すために塗面上で別のグレー系を混ぜたり、下地が出てきたらまた別の色を置いたりして単調にならないように気をつけました。

写真 2019-01-03 17 24 34 
あとはウェザリングカラーを塗りつけたり、エナメルのクリアブルーやレッドなどを薄めて置いてみたりして色調に幅が出るように祈ります。ほとんど見えなくても、なんとなく色が残って感じるんですよね。

写真 2019-01-03 17 33 09 
ということで、ザンザ・ルブはいつか作らないといけないと思っていたものなので、この機会に完成させることができて大変満足です。会場でもみなさんに色々と感想を頂いたりして、楽しい1日を過ごすことができました。

来年のテングモデラーズ展示会のテーマは「ウタモケイ」と決まりました。まだノープランですが、なかなか難しい題材なので今から楽しみですね。それでは今回は以上で!


   

スポンサーサイト



Comments 1

平米屋平兵衛  

ハイヒールアレンジとか…!
最の高です!
カッチョいい〜!!!
イデオン実は未見なんですが観たくなってきました…!

2019/01/16 (Wed) 09:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply