FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/20 艦これ 武蔵

2018年7月14日完成 
MAX Factory製 1/20 武蔵

musashi_12.jpg 
ゲーム『艦船これくしょん』より艦娘「武蔵」です。『艦船これくしょん』については、いまさら説明も不要かと思われますが、大戦中の艦船を美少女に擬人化した上で、補給や編成を遊びの中心に据えて一世を風靡したブラウザゲームです。


musashi_11.jpg 
自分自身は今は遊んでいないのですが、そのきっかけとなったのが大型艦建造システムと同時に実装された、戦艦「大和」「武蔵」の両艦を手に入れることができなかったということもあり(毎日資材を大量に消費するのに耐えられなかったのです…)プラモデルに課金してのリベンジ。リベンジではないか。


musashi_01.jpg 
といいますか、最近1/20の美少女フィギュアばっかり作ってるんじゃないかと皆さんに思われているような気もしますが、なんというかサイズ感や多色構成のパーツということもあって、手頃なんですよね。


musashi_02.jpg 
さっと作って満足感がある。見境なく購入しているわけでもないのですが、気がついたらいつの間にかアマゾンあたりから届いているあたり油断なりません。ということで、どんどん作っていくのです


musashi_03.jpg 
まず「武蔵」の方から制作を進めたのですが、最初は両方作るつもりは無かったんですよね。大変そうだし。褐色肌のフィギュアを塗ったことが無かったくらいの理由で手を付けました。


musashi_05.jpg 
艦娘の最大の特徴である、背中に背負っている艤装。こちらはもちろん戦艦そのものの硬質感にあふれており、その対比として女性の柔らかさが引き立ちデザインはもちろん立体としても魅力的です。なんといってもメカと美少女というのは、世の男子永遠の憧れモチーフですからね。


musashi_06.jpg 
艤装部分はせっかくなのでディテールアップを致します。以前艦船模型を作った時に余ったエッチングパーツだけでなく、ファインモールドなどから発売されているインジェクションディテールアップパーツなども追加で奢って密度を上げていきます。


musashi_07.jpg 
元の戦艦のイメージを意識しながらも、どちらかというと全体のバランスを見て密度を上げていきました。あ、そうだ。メガネは0.2mmの真鍮線を曲げて作っております。レンズは入っておりません。


musashi_08.jpg 
ちなみに、僕は艦娘は戦闘中は巨大なんだよ派なんですが、それでいくとスケールは1/1200くらいなんじゃないかなとも思うんですよね。でも公式で1/20として発売されているし。残念です。なにがだよっていうね。


musashi_09.jpg 
女の子部分の塗装と、艤装部分の質感の違いも気持ち良い。あ、貼ったエッチングパーツがありえないくらい歪んでますね。まぁそういうこともある。といいますか、後ろ側なんで誰も見ないかなーなんて。写真は撮るわけですが、実際に完成してみたら気にならない…こともないですが、気にしないことはできる。心の持ちようです。


musashi_10.jpg 
そして組み立ててみて初めて知るこの事実。なんという破廉恥な。お父さんは許しませんよ!
 塗るけど一応! ということで、完成してみればサイズ以上の密度感が感じるものになったんじゃないかと思いますので大満足。

「赤城」「加賀」の空母娘も欲しいんですが、今となっては望み薄でしょうかね…おっと、しめっぽい話になっちまったな。今日はこの辺にしておくか!



   

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。