FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/72 オーラバトラーゲド

2018年2月24日完成
バンダイ製 1/72 オーラバトラーゲド


オーラバトラーといえば、中世騎士の世界観に昆虫モチーフのロボットが出てくるという、夏休みの男の子が大好きなやつですよね。
ged_01.jpg 
1983年にこんな世界観をTVアニメで提示してきた富野監督のことはいくら褒めても褒め足りないんですが、当時発売されたプラモデルが劇中イメージと比べるとちょっとアレだったことや、後のOVAやトイ、もちろん竹谷氏を始めとする作品群などの影響もあり、そのイメージの幅はかなり広がっているのではないでしょうか。


ged_15.jpg
今回は、なるべくプレーンなオーラバトラーの魅力を探るべく「ヒロイック」というところをテーマに仕上げてみました。

キットは、劇中でも旧型扱いされていた「ゲド」です。も、シンプルなデザインだけにもともとそれほど悪くない。なるべくキットを活かす方向で進めます。

ged_14.jpg
とは言っても、全体的にスリムにする作業は行いましたが、これぞ旧キットという感じでなんだか嬉しさもあったりして。これで1ヒロイック獲得。


ged_02.jpg
もともと、騎士のシルエットを昆虫モチーフでまとめていったであろうオーラバトラーですが、背中の大きなコンバーターは特にマントのイメージが強い。ということで、これをそのまんまマントにて表現してみます。これでさらに5ヒロイックプラス。


ged_03.jpg
頭部にはLEDをを仕込んで、目を透明プラバンに置き換えて光るようにしてみました。


ged_04.jpg
電源は小さな電池ボックスを組んでマントに隠すようにしたのですが…思ったより大きくなったので外部式に変更。でも目が光ったのでこれで10ヒロイック。


ged_05.jpg
ポーズも完全固定で、いわゆる「スーパーヒーロー着地」にしてみました。これで一気に30ヒロイックくらい行ったんじゃないですか?

ged_06.jpg
細かいところでは、爪を大型化したり太もものボリュームを変えたりもしております。したよな?


ged_08.jpg
さらに手には日本刀。居合斬りロボということで中学生も大満足愚息も昇天。一気に40ヒロイック獲得。


ged_09.jpg
塗装は虫の王様(ムシキング)であるカブトムシを意識して塗ってみました。これで合計50ヒロイックということでどうでしょう。どうもこうもないか。
 
しかも、ゲドの場合はモチーフがオケラですけどね…。


ged_10.jpg
設定的には、ゲドのさらにプロトタイプ。

空を飛ぶほどの出力を確保は出来ないが、大きな人型メカとして森の怪物を仕留めるのに活用された巨大な機械仕掛けの騎士…みたいな。


ged_12.jpg
といったところでいままでとはちょっと違ったオーラバトラーへのアプローチが出来たのではないかと思うのですがどうでしょう。ということで、本日は以上で!






   
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。