FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/20 アリエ

2017年6月4日完成
MAX FACTORY 1/20アリエです。

ARIE_16.jpg
今までにも、ネーネ、バーニーと作ってきました、山下しゅんや氏デザインのミリタリー風女子フィギュアの3人目です。シリーズが進むにつれて、装飾品や小物などがどんどんシンプルになっていって、女の子の可愛さがより引き立つようになった気がしますね。


ARIE_00.jpg
ところで、これは実はプラモデルなんですよ。パッケージは本棚に入るような装丁になっていて、その中に余白がたっぷりのランナーが入っています。これは、スライド金型を使うためだそうですね。部位ごとに色分けもされているし、パーツの数も多くないので組むだけならあっという間です。


ARIE_02.jpg
ほら組めた。ここにちょいっとスミ入れでもしてしまって満足という手もありますが、もうちょっと塗り進めていきたいと思います。ちなみに、女子フィギュアに墨入れするときはなるべく濁った色を使わないのがコツです。たとえば、肌色にはオレンジとか、カーキ部分にはダークグリーンとか、青い部分はロイヤルブルーとかですね。成型色仕上げなら、薄めたラッカーでスミ入れしても全く問題ありません。


ARIE_04.jpg
で、顔と肌部分を仕上げます。女子フィギュアの場合はここが仕上がれば80%完成したも同然です。目はデカールを貼った後、上からちょっとレタッチしています。デカールだけだとシャープ過ぎて他の場所と浮いちゃうんですよね。かと言ってゼロから描くと神経をすり減らすので、せっかく付属しているデカール様に甘える形で進めてみました。


ARIE_03.jpg
こんなデカールが付いています。なんだか目がたくさんあるのは顔パーツが複数付属しているという訳ではなく、失敗したときのための予備ですね。いやー、親切! このサイズだと、ちょっとズレるだけで表情が変わったりしますからね。嬉しい配慮と言えましょう。


ARIE_07.jpg
色をおおむね載せたところで、つや有りトップコードで塗装面を保護してやります。これは、先程の画像にあった細長い赤ラインのデカールを貼るための下準備ですね。ラインデカールも予備が入っているので安心です。

というかですね、細長いデカールって貼るのむちゃくちゃ難しくないですか? それはそのまま貼ろうとするから難しいのです。一気に貼ろうとせず、自分が取り回しやすい長さに切ってから貼って、キットの上で揃えてやれば実はそれほど難しくないし、長さを合わせるのもやりやすい。何度も飛行機を作っているうちに気がついたんですよ僕は。


ARIE_09.jpg
そんな大げさな話じゃなかったか。デカール張って艶消して、台座に乗せればさぁできあがり! おおむね2日もあれば完成するので満足度が高いです。丸1日根を詰めれば1日でも完成すると思いますが、まぁゆっくりやりたいじゃないですか。


ARIE_06.jpg
台座ですが、このように作っております。説明書のイラストをスキャンして余分なものを取り除いた絵と、ロゴをトレースしたものをあらかじめ用意しておき、レーザープリンターで出力します。そして、おもむろに手でビリビリとと髪を破ってトリミングし、そのあとぐちゃぐちゃに丸めてしまいます。別に気が狂ったわけではなく、この後のコーヒー漬けの工程で染み込みやすくするためですね。

ARIE_17.jpg
そうして、直径60mmの円柱台座と、アクリル板を組み合わせて台座の完成です。これ最初から3人分作ろうと思っていて材料は買い揃えてたんですが、直前になってアクリル板が行方不明になっていることが発覚しまして。2時間部屋を探した後、泣きながら東急ハンズにいって買い直してきました。あるあるですね。


ARIE_10.jpg
ちょっと駆け足でしたが、これでアリエちゃんの出来上がり。塗装はいつものファレホカラーを使ってます。他の2人より、肌がちょっと白めになるように注意した感じです。


ARIE_19.jpg
ちょっとキツめに陰影をつけようとしたりしましたが、結果全体的にそうでもない印象となりました。実物をみるとまた違うかもしれませんが。


ARIE_15.jpg
それにしても、太もものムッチリぐあいが良い感じのフィギュアです。尻も丸見えだし、昨今の若者はどうなっているのかね(ドン!)
いやおじいちゃん、これはただの人形なんですよ。


ARIE_12.jpg
ところで、自分はファレホをほぼ人形を塗るときにしか使わないので、20色くらいしか持っておりません。使うときはたいてい混色しちゃうので、あまり困らない。


ARIE_11.jpg
でも、色を混ぜると急に濁ったりするので油断ならない。混色用には、なるべくピュアでストレートな色を用意しておくと良いようです。たとえば肌の赤みとかは、蛍光オレンジを足したりしてますよ。


ARIE_14.jpg
どうしても、出したい色が出ないときは新しく買ったりしますけど、買った色が思う色とは限らなかったりしてね。どちらにしても調節は必要なのです。色見本が白焼けしてるし、カラー自体ボトルの底に顔料が沈殿してたりするのでそのあたりは難しいかもしれません。


ARIE_13.jpg
あんまり、本格的な美少女フィギュアとかを塗る機会がないので困っていないだけかもしれませんな。肌用の色だけは6本くらいありますし。


ARIE_18.jpg
ということで、3人並べてやっとミッション終了。こうやってテーマの決まった組み合わせはいいもんですね。戦隊というか、3人だからゲッターチームか。いや3人というだけなんですが。

ということで、本日は以上!




スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。