FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】ノンスケール 河童のガジロウ

2017年5月18日完成
福崎町観光協会製 河童のガジロウです。
ae285a13.jpg
皆さんは福崎町のことはご存知でしょうか。自分はガジロウのことがきっかけで初めて知りました。柳田國男氏の出身地ということもあり、昨今町内の辻川山公園内の池にに河童が住み着いているそうです。ぜひリンク先をご覧ください。



gazirou_17.jpg
そして諸々あって、福崎町観光協会の企画・制作によりプラモデル化されたと。町役場製のプラモデルってだけでそそるのに、愛嬌と不気味さが同居する造形やディテールがなんともたまりません。パッケージもむっちゃカッコいい。ゆるキャラもいいけど、やっぱりこれからの村おこしはプラモデルだよな。



gazirou_16.jpg
ランナーのタグにも「FUKUSAKI TOWN」と刻印が。普段TAMIYAとかHASEGAWAとか書かれているところですよね。興奮するぜ。しかし正直な話、プラモデルが町おこしの力(のひとつ)になるって素晴らしいと思います。現在は市場在庫のみで、第2段も計画されているとか…。町には、池だけではなくあちこちに妖怪モニュメントが存在しているようなので、ぜひとも一度は訪れてみたいものです。

この調子で、日本の観光地には必ずその地にゆかりのあるプラモデルが売られるようになると楽しいのに。鎌倉の大仏とか、千手観音像、上野の西郷さんとか。



gazirou_02.jpg
パーツ数も少ないのでちゃちゃっと完成させて、川でロケ撮影してきました。辻川山公園に住む河童は赤ですが、今回はアマガエルをイメージして緑色で塗装。ファレホカラーを適当に混色しながらぺたぺたと塗っていきます。薄めたファレホを凹み部分に流すようにしたり、時には拭き取ったりしてニュアンスをつけます。



gazirou_03.jpg
甲羅や髪の毛はちょっとツヤ具合を変えて変化をつけてみるとなかなかいい感じです。尻子玉はグロくなりすぎないようにパールカラーを混ぜてみたりして。しかし、尻子玉って実際なんなんですかね。睾丸とは違う玉が我が身の中に存在するかもしれないと考えるとちょっと嬉しいですな。そうでもないか。



gazirou_09.jpg
お腹や腕の内側は、皮が薄く見えるようにベージュで塗装。斑点はカエル写真などを見ながら書き込んでいきます。体のツヤは、アクリジョンのクリアを筆塗りで。



gazirou_06.jpg
しかし、川での撮影がこれだけ似合うモチーフもそうないので、撮っていても大変楽しかったです。楽しすぎて石で足を滑らせてすりむいたりして。近くにいた知らない子供に心配されて「大丈夫大丈夫!」などと強がりましたが、内心ではテンションだだ下がりです。みなさんは気をつけてくださいね。なんといっても、左ひじ、右ひじ、左スネにがっちりと深めのすり傷がつきましたからね。子供と違ってこちとら直りが遅いんだよ。



gazirou_11.jpg
付属台座の岩や体表のディテールも素晴らしく、ぜひこのシリーズを続けて頂きたいと思うことしきりです。百鬼夜行ができると楽しし、子供に塗らせても面白いだろうなぁ。



gazirou_13.jpg
家族からはなんで急に河童を作り出したんだと訝しげな目を向けられましたが、ほら世の中妖怪ブームじゃないですか。ジバニャーンって(古い)

しかし塗っていて非常に面白かったのは本当です。いつか福崎町に行く日を夢見て、本日は以上で!



 
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。