疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【完成】1/20 リン・ミンメイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
2016年9月4日完成
マックスファクトリー製 1/20
PLAMAX リン・ミンメイ -愛・おぼえていますかVer. です。
mac_144.jpg
マクロス本体がほぼ完成する頃に発売されたこのキット、ちょうどよいので組み上げてみました。…というのは大嘘で、ホントはこのミンメイキットが出ると聞いたからこそ、強攻型を作ろうと思ったのでした。やっぱり最大戦速したいじゃないですか。
mac_130.jpg
PLAMAXシリーズもすでに2体完成させているので、経験値もバッチリ。というか、今年は完成ペースが上がらないこともあってMaxFactry製キットの割合が妙に高いですね。やっぱり、他のキットと組み合わせたくなるようなフィギュアはついつい買ってしまいます。
写真ボケちゃってますが、目は手描きしました。肌がつやつやなのは、失敗しても拭いやすいようにクリアコートしてるからですね。
mac_131.jpg
せっかくデカールが付属しているんだからそれを使っても良かったんですが、美樹本タッチを考えると手描きにしたかったんですよ。。でも、実はデカールを貼ってその上から軽くレタッチするだけでも手軽にいい感じになるかと。目を描くのは手にあまるけど、付属デカールに頼るのもちょっと抵抗があるな~といった方にはおすすめの方法です。自分もネーネはそれで仕上げました。
そして、前髪を接着して、合わせ目まで消したあとに思ったんですが、ちょっと顔が隠れすぎな気もします。もうちょっとすり合わせてからのほうが良かったかな~。でも気にするほどではないかもしれない。
mac_128.jpg
この背中まわりの色っぽさが尋常じゃないですね。完成したら透明パーツのショールで見えなくなるのがまったく残念です。ちなみに塗装はいつものファレホ。アニメキャラということもあって、普段以上に色が濁らないように注意しました。具体的には、赤みを指すところには蛍光オレンジを使うなどですね。
mac_129.jpg
スカートがあればパンツもある。パンツがあれば塗るし、そこに凹凸があれば陰影をつけるのがモデラーという生き物なのです。そこによこしまな気持ちが忍び寄るスキはありません。でも、このヘソ周りも接着しちゃうと一生見えないんですよね。それもひとつのロマンかもしれない。
mac_133.jpg
つーことで完成です。台座はキットのものでも良かったんですが、強攻型と絡めるために高さがほしいと思いまして、東急ハンズでアクリル円柱を買ってきました。足裏に透明プラ棒を埋め込んで、2液混合型の接着剤でガッチリと固めます。
mac_134.jpg
この、マイクを握る指や、突き出した手の表情がたまらないんですよね…。1/20でこれですよどうなってるんだ。ついついプラモデルだということを忘れますね。
mac_135.jpg
ショールの黒線にはデカールが付属していますが、なかなか難しいので三角ごとに分割して貼るくらいでもよいかもしれません。自分は一気に貼ってしまいましたが。
mac_136.jpg
反対側から。髪の毛は、筆目を活かしながら明部を描き込んでいきました。アニメキャラの頭部はけっこうあっさりしたディテールで表現されることが多いので、情報量を補うようなつもりです。でも、元がセル画なんだから気にしなくてもいいかもね。
mac_138.jpg
ということで、ミンメイも完成。あとはマクロス本体と合わせて撮影するだけですが、電飾のこともあるしちょっと面倒なんですよね。でも、無事にドロオフも終わったことですので、またヒマをみて撮影しようと思いますので、もうしばらくお待ち下さいませ。ということで本日は以上!
   
スポンサーサイト
Category: 1/20 リン・ミンメイ
Published on: Wed,  12 2016 17:29
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。