疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
【制作】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” その4です。
長々とおつきあいさせてしまいましたが、そろそろ本体は完成。まことにお待たせいたしました。


mac_059.jpg
今回は駆け足でいきますよーって、もうすでに色が塗られてるどころかデカールまで貼られてますな。

作業的には、1)遮光塗装 → 2)基本塗装 → 3)クリア → 4)デカール → 5)スミ入れ → 6)ハイライトや陰影の書き込み 

といった順番で進めました。4から6は行ったり来たりでしつこくね。気が済むまでやるのです。


mac_060.jpg
ちなみにデカールは付属のものだけでは足りなかったので、市販のラインデカールやら手持ちのデカールから細かいものを駆使しています。さすがにコーションマークを貼るわけにはいかないですからね。このあたり空母などを制作した経験が生きました。そうでもないか? 

しかし、スミ入れをすると足しこんだディテールがグッと引き立ちます。スミ入れの色も、薄いグレーから黒、時にはブルーを混ぜたりして各所に変化をつけます。あと、これだけディテールがあるとエナメルの拭い残しが必ずあるので、数日に分けて時々目を新鮮に保ちつつやるのが良いんですよ。ほら、集中力無いから。


mac_064.jpg
肩ユニットもチリバツです。特に上面はディテールが全くない荒野が広がっていたのでどうしたものかと頭を抱えましたが、なんとかうまくまとまってくれたような。

そして、ディテールをてんこもりに入れたこともあるので、クドくなりすぎないようにデカールを貼る場所を慎重に決めていきました。基本的には、ディテールの補助として貼り込む感じですかね。フワッとした説明ですみません。


mac_063.jpg
下半身も無事に塗装できた上に、電飾も活き残りました。ノズルカバーなどのディテールが薄いところは面に変化をつけるため、エナメルを塗りたくったあとちょっと大雑把に拭き取っています。キムワイプとかでポンポンポーンってね。拭き取り過ぎたらまた塗ればいいのです。このあたりの作業が楽しいんだよなー。


mac_066z.jpg
自分がやってるフィルタリング? モジュレーション? エイジング? ですが、もしかしたら珍しいかもしれないので段階を追って書いてみます。使用するのはファレホカラー。これにリターダーメディウムなどを混ぜて、乾燥時間を伸ばしつつ透明度をちょいと上げます。

①こういうパネルラインなどに  ②ベーっと塗って…  ③乾いた筆などで伸ばします  ④繰り返すことで面にグラデーションを付けられるのです。やりすぎたりはみ出たりしたら、乾ききる前に爪楊枝などでこすればさっくり削れるので、そういうところも楽々ラックモノラック。実際、上にあるハイライトがはみ出しまくった長方形のパネルも、このあと削って整えました。


mac_065.jpg
そんな調子で、アームドユニットのデカールもなじましてやったのです。タミヤエナメルとファレホアクリルの合わせ技なんだぜってそんな大層なものじゃない。


mac_071.jpg
つーことで各ユニット合体です。一時期はアームド01のみで完成品とすることも覚悟しておりましたが、いや良かった。ここまで長かったけど報われる瞬間です。時が流れて愛が流れても続けてよかった。


mac_108.jpg
ベースに固定して電飾もドン。部屋を真っ暗にしてニヤニヤと模型を眺めるおじさんの完成であります。どうですか、愛・おぼえていますか。もう一人ぼっちじゃないんですよ!(あなたがいるから)


mac_111.jpg
ちなみに固定は背中に真鍮パイプを通して、ベースの背板に接続しています。背面が見えるようにミラー加工したアクリル板を使ったんですが、あんまり効果なかったですね。まぁ良いです。


mac_121.jpg
そして、完全に油断しきったところで待ち構えていたのがデストロイドですよ。せっかくだからこいつらももう少しなんとかします。ファランクスをちょいとディテールアップ。ミサイルポッドを開けたやつと閉じたままの2種類を用意しました。かんたんに書いてますがむっちゃ小さいですからねこれ。


mac_124.jpg
色も塗りますよそりゃぁ。TV版にちらりと出てきた青ファランクスも用意しました。「ちゃんと胸にDAICONIIIの女の子を描けよコラ!」と無茶も言われましたが、これで勘弁してください…。顔に見えるものを描くのは無理っつーか描いてもおそらく見えないし。


mac_122.jpg
そしてディフェンダーも作りましたよ。狙い方向を変化させてみたりすると配置するときにいい感じになるのではと思いつつディテールアップしていきます。もういいだろう、これで。

ちなみにトマホークは試作の1体しか作っていません。あれはマクロス表面ではなく、内部でゼントランを待ち構えているんじゃないかなーっと。だって対空には役に立たないでしょアイツ。


mac_155.jpg
mac_154.jpg
ということで配置してみました。スケール感が合っているのかなんだかよくわからないな。もっと甲板にずらりと並べても良かったかもしれませんが、艦載機じゃないからそれも変だしなーっと思ってこのくらいにとどめておきました。そもそも、あと10個作るのはしんどすぎるし、マクロス本体のシルエットを壊さない程度のちょうどいい数なんじゃない? 主砲の脇にもいくつか配置してあるんですよ。

ということで長々と続けてきましたマクロス強攻型もこれにて完成。次回はちゃんと撮影したものを…ってまだ撮影していないんですけどね。しかも、そのまえにマクロスと組み合わせるアレも用意しなくちゃだめなので、もうしばらくお待ち下さい。中身も無いのに延々引っ張って申し訳ございませんが、運が悪かった、犬に噛まれたとでも思って忘れていただければ幸いです。それでは本日は以上で!

  










スポンサーサイト
Category: 1/4000 マクロス強攻型
Published on: Tue,  04 2016 23:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。