疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/20 ネーネ

2016年5月28日完成
MAX Factoy製1/20 ネーネです。
TINAMIに投稿時から、ちょこちょこと追加でいじってしまいました。

プラモデルの女の子フィギュアというと、ガンダムのキャラコレシリーズや「ときめきラムちゃん」「幻夢戦機レダ」を思い出してしまう世代なのですが、そういえばレダの鎧ってプラモデルになりませんね。「バース」とかの金田アクションしているフィギュアも欲しいなぁといきなり脱線しました申し訳ございません。カーシャとかの湖川キャラも欲しい。
nene2_02.jpg
このキットは、山下しゅんやさんデザインの肉感的なキャラクターを、多色に分けられたパーツに瞳デカール付属で手軽に組み立てることができる「ミリタリーキューティーズ」のシリーズ第1弾です。

パッケージデザインも模型らしからぬ素敵なデザインとなっていますし、説明書の裏もミニピンナップになってたりして、ちょっと嬉しい。


nene2_06.jpg
ドイツ戦車兵のコスチュームを美少女風にアレンジした、なんともしんぼうたまらんデザインで、模型としては双眼鏡やヘッドホンなどの小物まわりのディテールアップが見せ所と言えましょうってコードやストラップを足したくらいですが。


nene2_07.jpg
あとは、スケールが1/20というところも手ごろで良いです。小さすぎず大きすぎない。マシーネンで展開しているスケールと同じなので、他のフィギュアやメカと並べやすいという。このスケールの人形というたけで、つい購入してしまう人も多いと思います。


nene2_09.jpg
せっかく色分けされているキットですが、元のイラストがとてもよいので、その雰囲気に近づけるべく、陰影を強めにつけて塗装を行うことにしました。なんといっても「ミリタリー」キューティーズなので、ミリタリーフィギュア的な塗装アプローチも似合うかなと。しかし黒はむずかしい。

あ、瞳は付属のデカールを使用しています。


nene2_19.jpg
で、それで一旦完成としてましたが、その後ちょっと濃い目にお化粧を追加してみました。ボンテージっぽい衣装に合うかなーと思いまして。でも、女の子の顔は、人形でもちょっと色を置くだけでずいぶん印象が変わりますね。ちょっと濃くしすぎた気もしますが、気になるようならまたそのうち手を入れるかも。


nene2_11.jpg
洋服の赤ラインは塗り分けるのが大変そうなので、ハセガワのフィニッシュシートの細切りを貼っています。しかし、凄く近づいてみるとやっぱり厚みは見えるのと、そもそもシートを等幅に切り出すのも難しいので、細切りマスキングテープを使って塗り分けても良かったかもしれない。

あ、シートを貼った後、上からハイライトなどを筆で入れて馴染ませております。写真だとあまりピンときませんね。


nene2_23.jpg
ストッキングのフチ部分は、太ももにモールドされていますが、どう頑張っても手描き感が出てしまいそうなので、モールドを削り取った後に100均で購入したデコレーションシールを切り出して貼りました。これも一旦完成としてたんですが、どうにも分厚くて気になるし、曲面追従も良くない。どうしても目が行くところだけにやっちまった感が…。


nene2_14.jpgnene2_16.jpg
ということで、いろいろと考えてフェイズ2です。レースのパターンを自作してプリントアウト、これを貼ったりしてみましたが…これどう見ても紙を貼ってるようにしか見えません。だめだ!


nene2_20.jpgnene2_21.jpg
ということでフェイズ3。アクセサリー等を売っている店で買ったこのエレガントなシール。これを太もものちょっと上目のところに張ります。エンボス地ではありますが、薄目でなかなか悪くない。


nene2_22.jpg
そして、ストッキングとの間を黒で塗りまして、改めて赤ラインを追加してフィニッシュ。けっこう良いのではないでしょうか。ちょっとした立体感がむしろいい。というか、とりあえず良いことにします。



nene2_13.jpg
双眼鏡はレンズ部分を開口してジェルクリアを充填し、板ナマリを使ったストラップを追加。あとはヘッドホンとマイクケーブルを0.3㎜の糸ハンダで腰に追加した謎ボックスにつなげて完成です。

この写真で気になるのはそこじゃない? しょうがないなぁ。下着の色はイラストからは判別できなかったのですが、ストッキングと同じ色だろうという確信じみたものがあって、パープル系で塗装しました。ラインの色に合わせて赤という線もあるかとは思いましたが、そこは後の研究結果を待ちたい所です。


nene2_04.jpgnene2_10.jpg
ベースは、直径6cmの木材とアクリル板を合わせたもの。上面などのイラストやロゴは、説明書に記載されていたものをスキャンして加工したものです。元のデザインやイラストが良いので、どうやってもカッコよくなるのがありがたいです。


nene2_18.jpg
普段作ったり塗ったりしているものとはまた違った方向のキットでしたが、その分色々と勉強になりました。元イラストに沿うことで、配色バランスの妙にうなったりなど、普段と脳の使う部分が違うような面白さがありましたので、今後のシリーズも楽しみにしたいと思います。といいつつ、既に第2弾のバーニーちゃんも完成しているのですが、またそのうちにまとめますといったところで本日は以上!

   

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。