FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/35  ロシア現用タンククルーセット

2016年5月15日完成
MAX Factory製 1/35  ロシア現用タンククルーセットです

Russia_01.jpg
去年末に作っておいたT-90と組み合わせてみました。フィギュア待ちというわけでも無かったのですが、ちょうど車輌を作っている最中に製品が発表されたので、楽しみに待っていたのです。やっと塗れたぜ。

キット自体は、5体の人形中3体が女性というチャレンジ感のある内容。しかも、どれもしっかりと美人な造形なんですよ。ミリタリーなスケール女性フィギュアというと、どうしても顔がゴリ…ゴツくなりがちで、ロシア女性の美人感など皆無なものが多かった中、これはとてもエポックなセットと言えましょう。


Russia_02.jpg
特に立ち姿の略帽兵士は美人度も高く、2回塗りなおしてしまいました。普段はそんなことしないんですけど、今回製作中に実体顕微鏡を購入したこともあって、ちょっと気合を入れてみたのです。でもこうやって写真に撮ると色々と気になるところが見えてきますね…キリがないけど!

あ、背後に立っている旗を持っているのは、ガチャポンの「ぽっちゃりソルジャー」シリーズを塗装したもので、今回のキットには含まれておりません。見ればわかるか。


Russia_05.jpg
最初はもちろん裸眼で塗っていたのですが、顕微鏡が届いて覗いてビックリ。塗装面が荒野のように荒れております。細かい毛やホコリもすごかったし。まぁ裸眼で気にならなければそれでいいといえばいいのですが、それを知ったうえで改めてよく見るとやっぱり気になります。

実際にどの程度見えるかはともかく、ミクロな世界ではどのようになっているか目で見て理解できたのは、意識的には大きかったかなと。まぁ、それで上手に塗れるかどうかは別問題ですが!


Russia_03.jpg
ということで、立像の2体の顔まわりのみ顕微鏡を使って描いてみました。たしかに、目元の解像度はいままでよりは格段に上がりましたが、メーカーサンプルの作例などと比べるととてもお話になりません。宣伝のために、実物の何倍も大きく撮影されてもアラが出ないように仕上げられたもの比較するのがおかしいですが。でもせっかくだからもっと解像度を上げて塗りたいよなー。


Russia_04.jpg
自分は、何を作るのにもわりと雰囲気重視というか、全体の印象が良ければ細部はまぁそこそこでいいかなというようなスタンスで模型作成を行っておりました。まぁそれが変わるとか変えたいとか言うわけではありませんが、ちょっと違うアプローチも試してみたい。そんなときに新しいツールを導入するのは、気分的にも効果あるなと思いました。


Russia_06.jpg
しかし、人間を塗るのはむつかしいですね。塗るのそうですが、撮影もむつかしい。まぁ、あまり細かくはっきり撮影できるとアラが見えすぎるのでこのくらいがちょうどいいですね。そんなことはない。


Russia_07.jpg
ということで、今回はちょっとネガティブっぽい言い回しが多かったかもしれず、申し訳ありません。楽しいんですよ、人形を塗るのは。ましてや女性を塗るのなんか、ちょう楽しい。

なんで楽しいかというと、やっぱり常にやり残したという想いが残るからなのかもしれません。だからまたやろうと思うんですよね。これもしかしてちょっとイイこと書いてない? 葬式に使って欲しいコメント書いちゃった? などと、いろいろと台無しにしつつ今回は以上で!

   


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。