FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/35 WWII ソビエトパルチザン

2015年10月25日完成
ICM製 1/35 WWIIソビエトパルチザン 

PAL_001.jpg
地面に銃剣で指示を書き込みながら作戦説明をするソ連兵士とその指示を聞くドイツ占領下のパルチザン。しかし、まだあどけなさの残る少年は周囲の様子が気になり落ち着かない。それを隣の父が肩に手を置いてなだめる…

そんなシチュエーションが感じられる、ナイスなフィギュアセットをミニビネット仕立てにしてみました。っていうか地面作っただけだけど。


10205916p.jpg
パッケージも雰囲気あるんですよね。ザ・オータム。季節感のある模型作りをモットーとする自分としては、10月に仕上げないでいつ仕上げましょうといった感じです。いま考えたモットーですが。


PAL_003.jpg
地面は超お手軽仕上げ。木粉粘土をグイグイっと広げたあと軽く色を付け、ちょっと色に変化をつけた「紙創り」の葉っぱを水溶き木工用ボンドで固定しました。30分くらいしかかかってないぜ。


PAL_004.jpg
少年の服は、まだ初々しさを感じられるような軽めの色に、お父さんは年季の入った色を意識してみました。意識しただけで、こうしてみると全然変化無いですね。でも髪の色は合わせたんですよ。


PAL_013.jpg
銃のスリングはプラペーパーで作ってみました。むっちゃ張力あるので、板ナマリを使ったほうが良かったかもしれないが気にしないでおきましょう。


PAL_020.jpg
1/35の人形の顔なんて、裸眼じゃろくに見えないんですけどこうして写真拡大するとよく見えて気まずいですね。世の中にはこのスケールで目に光彩を入れたりする方もいらっしゃいますので、人間の可能性は限りないと思ってしまいます。


PAL_016.jpg
おじいちゃんはシワもくっきりモールドされていて、とても塗りやすかったです。若い女の子と違って、年寄りの顔を凝視したりしないからみんな気にしないだけかもしれません。


PAL_019.jpg
鼻先や頬だけでなく、指先などにも赤味を差すとそれっぽく見えてくれます。塗装はいつものファレホ。隠蔽力の強さについつい頼ってしまいます。ファレホエアーはそうでもないけど。


PAL_017.jpg
しゃがんで指示を出す兵士のおっちゃんは、「お前らちゃんと聞いてる?」とばかりに上目遣いに塗っております。しかしこの暖かそうな帽子、これちゃんとした軍装なんでしょうか。パッケを参考に適当に調色しながら塗ってしまいましたので、史実との差が気になります。


PAL_018.jpg
気にするなら調べろよこのインターネット社会でと思われる向きもあると思われますが、まぁいいじゃないですか。ここのところ現用ジェットが続いたので息抜きの意味もあったのです。模型の息抜きは模型でね、ということで今回は以上!

   

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。