FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【完成】1/48 女子整備員

2015年3月8日完成
モデルカステン製 1/48女子整備員3人セットです。

jo_012.jpg
漫画家の藤島康介先生キャラクター原案に、神がかった造形力を持つ辻村さんの原型というタッグで商品化されている、ナイスなレジンキットです。


jo_023.jpg
モデルカステンサイトからの直接通販で購入したのですが、送り書きに「女子整備兵セット」とばっちり書かれていたために、荷物を受け取ったワイフの興味を無駄にひいてしまいまして「なぜ整備員がブルマ姿の女子なのか」と詰問される事態を招いてしまいました。「…ほら、整備作業をすると油で服が汚れたりするから、洗いやすい体操服なんじゃないかナ?」などと答えて事なきを得ましたが。得たのか。


jo_001.jpg
塗装はファレホカラーを使用しました。なんでもシタデルカラーの方が塗膜が強くていいらしいという話も聞きますが、僕はファレホなんですよ。慣れちゃってるし、なによりすでにもう買っちゃってるから。あと、通勤圏内にシタデル売ってる店がないというのが大きいです(ファレホはある)


jo_002.jpg
乾きがが早くて隠蔽力が強いのが特徴なのですが、最近はこれにグレーズメディウムなどを加えて、乾燥を遅くしつつ下地が透けるようにしながらグラデーションぽく塗ったりもします。メカモノの塗りたしなどにも使ったりして。油彩的な使い方になるのかな?


jo_003.jpg
リアル系とは違った、漫画的なデフォルメされた可愛い造形ですので、なるべく色が濁らないように気をつけました。ファレホは純色が無い(のか?)ために混色は結構難しい気がします。中間色が多いせいで混ぜるとすぐ濁っちゃうんですよね。ミリタリ系だとそれほど気にしなくて良いですが、女子を塗るとなるとちょっと困る。まぁ、要はなるべく混ぜなきゃいいと。


jo_022.jpg
それにしても1/48って小さくて。比較に並べてみましたが、モップおじさんは1/35、パイロットお姉さんは1/20、後ろのグリモアはHGの1/144です。タミヤのヘッドルーペで頑張ってみましたが、人形塗るのは集中力を使うので魂を抜かれたようになりますな。いや、原型造られている方々に比べたら全然アレだと思うんですが。


jo_006.jpg
そんな苦労をしつつも完成したので、家にある機体達を整備してもらいます。まずはタミヤ1/48スカイレイ。


jo_007.jpg
続いて1/48ハセガワ F-2A。これは模型出戻ってから初めて作ったジェット機ですね。まさか女子高生に整備してもらうことになるとは思ってもおりませんでした。


jo_017.jpg
似たような絵面が続いて申し訳ありませんねぇ…。つい楽しくって。これはハセガワのF-104ですね。置きっぱなしだったのでホコリがすごいですが、見なかったことにしてください。


jo_009.jpg
ジオラマにも混ぜちゃったりして。情景の意味がまったく変わってしまいますね。動かなくなったクルセイダー戦車をなんとかしているうちに、ワインでも飲もうと誘っているおっちゃんに冷たい目を向ける部長…的な?


jo_016.jpg
こうなるともうなんだかわかりません。博物館の蝋人形などをメンテしているとしか言いようがない。


jo_010.jpg
小スケール相手だと、ミニチュアを作っているみたいで面白いですね。「パールハーバー」撮影用の大型セットを作成中のアルバイト達。みたいな?


jo_021.jpg
タイトル画面とかぶりますが、強襲揚陸艦もメンテしてもらいましょう。「オスプレイってこの場所でいいのかな?」とかね。


jo_020.jpg
西東分け隔てないのが模型の良いところ。艦上のフランカーたちを並べている最中とかね。とまぁこの辺にしておきますか。いやー遊んだ遊んだ。

なんというか、女子高生というキャラクター性だけではなく、整備中という意味のある動きがあるおかげでいろいろな物に絡ませることができて大変楽しいです。既に完成させた模型と絡めるもよし、これと絡めたい模型を作るもよし、世界の皆さんにお勧めしたいキットですよということで、本日は以上!

   





スポンサーサイト

Comments 1

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/09 (Tue) 09:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply