FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【完成】 1/700 ワスプ級強襲揚陸艦 イオー・ジマ

2015年1月18日完成
ホビーボス製 1/700 ワスプ級7番艦イオー・ジマ(続き)です。

io_x004_20150125200949377.jpg
そもそも、なぜ強襲揚陸艦を作ろうと思ったかといいますと、やっぱり装備品がたくさん付属していてお得感があるからですからです。甲板にたくさん載っているのカッコイイしね。あと揚陸ホバークラフト。海上からビーチに戦車を直接揚陸させるなんてイカすし、搭載兵器がこれだけたくさんあると、いやがうえにも基地感が高まり男子心が(略。


io_x015.jpg
しかし、たくさん搭載してるからと言って限度があるやろ~というくらいに小物が豊富に付属しているのは写真を見ていただければわかりますが、改めてどのくらい付属してるか書き出してみましょう。

■揚陸艇
 2× LCU  揚陸艇
 2× LCAC ホバー揚陸艇

■地上兵力
 2× M1A1  エイブラムス
 2× M60A3 スーパーパットン
 2× AAVP7  水陸両用強襲輸送車
 2× LAV25  八輪式歩兵戦闘車
 2× MTVR   トラック
 2× M1114 ハンビー重量型
 2× M1097 ハンビー
 2× M198  155mm榴弾砲
 

io_x016.jpg
まだ続きます

■輸送ヘリ
 4× MV-22  オスプレイ
 4× CH-53E スーパースタリオン
 4× CH-46  シーナイト
 4× SH-60  シーホーク

■航空兵力
 2× AH-1W スーパーコブラ
 4× AV-8B ハリアー II

パッケージにはF-35Bがバッチリ描かれているんですが、これは付属しておりません。大胆すぎる。


io_x019.jpg
まだ続くんですよこれが

■作業車
 1× 大型クレーン
 4× フォークリフト
 8× 牽引車など

ということで、合計55機(輌)。あらためて数えてみると凄いな。ちなみに自転車は計算に入れておりません。


io_x030.jpg
海の表情は、LCACなどを降ろしている最中ということで、おとなしめにしてみました。と言ってもつくりかたは毎度のワンパターン。透明アクリル板の裏に塗装して、表からジェルメディウムなどを塗りつけるという方法です。手軽な上に、凪いだ海にはちょうど良いのです。でも大きめの波を表現するのは難しいので、次回はもっと別の表現を試してみたい気もありますね。


io_x028.jpg
牽引車輌などはタイヤやヘッドライトは描き込んだのですが、バンパーのシマシマは諦めてしまいました。デカールがあれば良かったですが、まぁそういう細かいところに気を取られている場合でもないか。


io_x036.jpg
あ、あとちょっと細かいところですが、船腹からの排水表現を透明伸ばしランナーにて再現してみました。貼り付けた上から少々ジェルメディウムを塗りつけて太らせてあります。こういうことすると、人がいなくいてもちょっと「艦が生きている」という気がしませんか?


io_x029.jpg
ところでこのキット、船体や艦橋まわりのモールドがめっちゃシャープで好印象です。浮き輪までディテールで存在するんですよ。バーっと塗ってジャブーとスミ入れしただけでかなりカッコよくなる気がします。前に作ったクズネツォフのディテールはちょっとアレでしたからね…。やるなホビーボス。キット作ったのは初めてだけど。


io_x017_20150125200722b4b.jpg
張り線はカステンのメタルリギングで、掲揚ロープは伸ばしランナー製です。張る機会がも少ないのもあって、まーったく上手くなりません。まぁ手すり貼りだって別に上手になってるわけじゃないので仕方ないですが。


io_x033.jpg
ちょっと動きを出したくて、ハリアーを2機飛ばしてみました。実際に見たらそうでもないんですが、写真だと支柱がかなり気になりますね。動かすたびにぐわんぐわん揺れるし、ちょっとイマイチだったかなー。ケースの内側に固定するとかする手もあったかもしれない。


io_x032.jpg
同じような写真ばかり続いてすみません。でもこの写真だと大型クレーンがよく見えるでしょ。サイズ的にも色的にも存在感があって良いアクセントです。窓を青に塗っているのが気まずいですが。ちなみにケーブルというかクレーン部はエッチングであります。


io_x043.jpg
横に長いから全体像がいまいち写真だと掴めないですよね。ちょっと大きめの写真にしてみたので、クリックしてみてください。重くてすみません。


io_x001.jpg
ところで、今回写真撮影に電車に乗ってロケってみました。したらですね、現地についたら持っていったカメラが起動しないんでやんの。ちゃんと出かけるときに確認しておけという話ですが。しょうがないからスマホ撮影ですわ。それも電池が少ないから急いで何枚か撮っただけ。なんてこったい。


io_x003.jpg
撮れた写真はなかなか雰囲気良かったりするだけに腹が立ちます。ちなみにカメラは家に帰っていじっているうちに治りました。なんだそりゃ。


io_x006.jpg
曇り具合もちょうどよく、この写真なんか一見して本物みたいで嬉しいですね。舷側通路がむっちゃ曲がっていますけどね。責任転嫁するわけではないですが、エッチングパーツの説明書ってすごく判りにくいですよね。詳しくは資料参照してくれってそりゃそうなんだけど、せめてどこにつけるつもりでパーツ化したかくらいはちゃんと書いて欲しいッス。って艦船をちゃんと作っておられる方たちはちゃんと出来ているわけだから、自分がアレなんですが。


io_x012.jpg
せっかく同スケールなので、3隻並べて撮ってみました。「空母じゃない」と言っても、ワスプ級のデカさに驚きます。そして加賀がスマート。


io_x014.jpg
横手から眺めると、加賀の構造物の繊細さが目立ちますね。WWIIの艦船もやっぱりいいな~また作ってみたいものです。今はこうやる気ゲージが空っぽなんでいつになるかは不明ですが。


io_x013.jpg
ロシア艦もやっぱり良い。西側とはまた違った考えの設計が面白いですからね。毎日模型を作って生活できれば良いのですが、最近平日は模型をさわるのもちょっと難しくなっているので思うように進みません。全国の社会人モデラーの悩みでしょうが。


io_x025.jpg
そういう意味では、毎日小物を少しずつ完成させるという進捗も悪くは無かったですね。ちいさな達成感をマメに自分に対して与えてやることで、モチベーションを絶やさないようにするといいますか。


io_x037.jpg
とまぁ、長々とたくさん写真を貼ってまいりましたが、ここまでお付き合い頂いてありがとうございました。それぞれ写真クリックで大きめの画像が見られるので、気になる方はクリッちゃってください。細かく見られると気まずいところも多いですが、逆に言えば細かい失敗なんて完成してみたらそれほど気にならないということで。あ、僕が気にしないだけですか?


io_x021.jpg
自分も興味持つ前は、「現用艦とか四角いだけでカッコ悪!」などと思っていましたが、いやいやどうして形状や役割含めて面白いものであります。イージス艦とかも気になるなー。本物が比較的身近なのも良いですね。戦争があると嫌だけど。

と、とってつけたようなコメントを残しつつ、本日は以上で!

   
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply