FC2ブログ

疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

【完成】1/72 BAe ハリアーII GR9A

2014年4月5日完成
AIRFIX製 BAeハリアー GR7A/GR9Aです。

Harrier_title.jpg
ハリアーIIのイギリス空軍仕様最終型がこのGR9A。キットはGR7AとGR9Aのコンパチとなっておりまして、今回はGR9Aっぽく仕上げてみました。ぽくってどういうことだよって感じですが、パネルの塗り分けやパーツのチョイスなど、その場合わせで適当な部分があったりするからなのですすみません。

Harrier_00.jpg
ハリアーの大きな特徴と言えば垂直離着陸ですが、これにより機体パーツの配置が一般的なジェット機とは少し異なっています。


Harrier_02.jpg
機体中心近くにエンジンが配置されてるため、コックピット直後に巨大なタービンブレードがあったり、側面に配置されたノズルのために、主翼が機体上面と一体化されていたりなど。


Harrier_04.jpg
あとは、車輪配置も独特ですよね。主翼の中辺りからヒョロっと補助輪(?)が降りてきてて。


Harrier_03.jpg
そういったところを実感できるのが、組み立てモデルの良い所だなーと思ったりしました。


Harrier_05.jpg
ただ、そういう機体構成のためか、キットの方はけっこう細かいパーツに分割されており、組み立ての手順や段差消しにちょっとだけ気を使う必要がありました。


Harrier_06.jpg
でも、その分ディテールのメリハリに富んだ作りなので、ほぼストレート組みで仕上げても満足感は高かったです。


Harrier_08.jpg
塗装は、ほぼエアブラシです。まずは黒サフを吹いてから、明るめに調色したグレーを全体に吹き、その後パネル部分をマスキングして、ちょっと色味を落としたグレーで塗り分けました。正直、緑味が強すぎた感があります。


Harrier_09.jpg
こういう込み入ったマスキングは苦手でして、キットの指定はある程度無視しつつ簡略化してみました。ましてや、塗りなおすなんてとんでもない!


Harrier_13.jpg
その後、アクリル系のカラーで、パネルごとに変化をつけたり、明部にハイライトを置いたりして、若干タッチを加えました。


Harrier_14.jpg
デカールを貼ってから、エナメル塗料でスミ入れ&フィルタリング。ハリアー特有のフラットな上面に変化が出るようにニュアンスを残します。


Harrier_16.jpg
最後に、細かい部分を塗り分けて完成としました。似たような写真ばかりでまことにすみません。


Harrier_11.jpg
このキットは、翼下装備もてんこ盛りで、なかなか嬉しい構成です。付属してなきゃ文句言うんですけど、あればあったで面倒くさがったりするんですけどね。実際にぶら下げたらやはり充実感あります。


Harrier_12.jpg
しかし、塗装手順的なことを書いたりしましたけど、途中の写真とか無いとよくわからなくって意味不明ですよね。


Harrier_10.jpg
でも、塗装中っていつも失敗した感が強くて、写真撮ってる心の余裕がないんですよね…。はやく次のステップに進んで、マシにしたいという気持ちが先行してしまうのです。

色々あって、集中できないまま仕上げてしまいましたが、終わってみればひと安心です。特に塗りかけで投げ出すと、そのまま完成しない確立が大幅アップしますので、惰性だろうがなんだろうが、とりあえず最後まで進めてみるのも悪くありませんね。ということで、本日は以上!

   





スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply