疾風模型大作戦

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】1/72 三菱九試単座戦闘機

2014年2月9日完成
ファインモールド製 1/72 三菱九試単座戦闘機です。

ka14_title.jpg
マガジンキットを組んだのも、これで4機目となります。
今までは零戦ばかりでしたが、今回は九試単戦の試作一号機。「風立ちぬ」効果ですね。


ka14_01.jpg
試作ということで塗装バリエーションも1種類。まぁ、プラモデルなので好きに塗ってもいいんですが、この機体はもう1機確保しているので、まずは普通のカラーリングです。


ka14_02.jpg
組み立てに関しては、付属雑誌に製作過程が丁寧に記載されていることもあり、迷うようなところは全くありません。翼端などの端もシャープで、ただ組み立てるだけで繊細そうな機体が出来上がります。


ka14_13.jpg
本誌に記載されていたディテールアップ例に素直に従い、翼端灯と尾灯をクリアパーツに替えてみました。翼端灯は、切り飛ばしたランナータグを瞬着で固定したのちに、ペーパーで均したもの。尾灯は伸ばしランナーを削ったものを貼り付けて同様に処理しました。


ka14_03.jpg
あとは、エンジンのプラグコードを0.25mmの銅線で追加しました。プラグコードってカウルでよく見えないし、エンジンの密度に紛れて目立たないので、いままで追加したことはありませんでした。でも、他の部分があまりサクサク仕上がるので、やってみたのです。


ka14_04.jpg
九試単戦ってカウルも大きくてもすこし目立つかと思いましたが…。まぁ、気分の問題ですかね。


ka14_05.jpg
そういえば、シートベルトも追加したんですよ。前に買っていた「ナノ・アビエーション」シリーズ1/72シートベルト。パイロットを載せないので、もう少し見えるかと思いまして。これ、飛行機作るたびに書いてるような気もしますが、全然見えません。


ka14_12.jpg
塗装は、エアブラシ主体でさっくりと仕上げ。尾翼部分を吹いてからマスキングして、本体のシルバーを塗ります。おなじみのクレオス8番。カウルは筆塗りです。


ka14_11.jpg
エッジや上面には、その8番に白を混ぜ込んだものを吹いて、若干調子を加えました。あんまり効果は無かったかも。その後、メタルカラーやもう少し白を入れた8番などで、軽くタッチを加えて変化をつけました。あとはデカール貼ってスミ入れを済ましたら、もうおしまい。


ka14_06.jpg
あまりに組みやすくて、平日5日間ほどで完成してしまいました。欲を言えば、フィギュアが付属していればもっと良かったんですが、なんとかならないでしょうかメーカーのみなさま。

とまぁ、こんなところに書いてもなんともならないのは知っているのですが、つい流れで。本日は以上!

   
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。