疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
31

Category: N/N たまごひこーきF14A

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】たまごひこーき F-14A


2016年10月29日完成
ハセガワ製ノンスケール たまごひこーき F-14Aトムキャット
モデルカステン製 1/20 佐藤ミナミ

2017年、あけましておめでとうございます。
新年一発目の更新が去年の更新漏れだったりするあたり、マイペースさ全開で申し訳ない。


F14_11b.jpg
飛行機模型専門誌「スケールアヴィエーション」主催の雑誌コンテストに応募するために製作しました。当初、あんまり時間が取れないことが分かっていたのと、去年末にD型を作ったばかりだったので、今回は応募しないかなーと思ってたりしてたんですね。するとしても去年のD型を写真撮り直しての応募かなと。

でも、たまごひこーきならなんとかなるんじゃないか? と思って応募いたしました。



F14_14.jpg
結果的は優秀賞を頂きまして、カラーページの末席に掲載されました。去年のSAコンに引き続き2年連続でカラー半ページの掲載というちょっといい感じの結果に。関係者のみなさまありがとうございます!
 


F14_13.jpg
このキット、上記写真(ハセガワカタログページより転載)を見てもらえばわかるかと思いますが、1993年デビューということもあってか、けっこうあっさりした作りです。シート部分には穴ぼっこがふたつ空いているだけだし、コンソールもディテールはナシ。スジ彫りも最低限しかありません。もちろん、値段やキャラ性を考えるとこれで十分なんですが、ちょこっとディテールアップをしてみました。



F14_04.jpg
まずはエアインテークのリップを削って薄くします。内部の整流板などもプラバンで新造しつつ、ちょっとだけ奥までラインを整えました。ペンライトで覗き込まない限りは不自然はないかと。



F14_00.jpg
後脚は1/32程度の大きさなので、資料本を見ながらコード類やシリンダーなど、細々と追加していきます。サイズが大きいと色々とディテールアップできるのが楽しい~。たまごだから気楽だし。あとは塗り分けで金属部分をちょこちょこ足していけば密度感がグッとアップします。



F14_03.jpg
コックピットのコンソールはプラバンを切り並べてそれっぽく。立体感をつけたり、ボタンをモールドしたり。シートはジャンクパーツから背もたれ部分だけ削いだものを貼り付けてやりました。このあたりは、キャノピーを閉じたときに見える範囲を確認しつつ、目立つ所に力を入れるのが良いです。集中力は有限ですからね。



F14_02.jpg
衝突防止灯などの燈火類も透明化しました。やり方は簡単。切り欠いた後に透明ランナーのタブ部分などを貼り付けて、乾いた後削って磨くだけ。特に海軍機のつや消し仕上げの中では、こういう燈火類はアクセントになるので効果的な作業です。電飾したいのをグッと押さえて先に進みますよ。



F14_05.jpg
主翼はプラ板でひとまわり大きく新造。あとはピトー管やアンテナの追加、全体のスジ彫り追加などを済ませたら塗装開始します。ミサイル類もディテールアップしたかったなー。せっかくだからフェニックスも作りたかった…と後からだとなんとでも言えますが。



F14_01b.jpg
ということで完成です。以前に作っていたパイロットフィギュアや機材類を並べてみたりして、置きラマ遊びを堪能します。デフォルメとはなんだ! みたいな気分になってちょっとおもしろくないですか。



F14_07.jpg
塗装はラッカーで下地を作ってから、薄めたファレホアクリルでニュアンスをつけてゆくという最近の自分定番です。鮮やかなデカールもこれで馴染ませてやったりします。ホコリを噛まないように注意したほうがいいんですが、自分はあまり出来てなくてよく噛みます。でも、水性塗料なので削り取るのも簡単なので安心!



F14_10.jpg
ノズル部分はスジ彫りをしゃっきりさせた他、内側がツルツルだったので短冊状のプラ版を並べて接着してやりました。デフォルメバランス的には、エアブレーキが開いてたりすると目立っていいんですけどね。みんなはやろう!



F14_08.jpg
男の子ならついつい目がいってしまう武装部分。機銃はプラパイプと真鍮パイプで2重に表現してあります。みんなこういうところが好きなんでしょもう。



F14_09.jpg
割と最近の製品である、フランカーと並べて。こうしてみると、フランカーはスジ彫りや脚庫カバーなどもあって精密になっているのがわかります。進化するハセガワ様ですね。



F14_12.jpg
このアングルだと後脚のディテール具合がよく見えると思うんですがどうでしょう。ちなみに、デカールに関しては以前F-14Dを作ったときなどの余りを最大限に利用しております。

ということでタマゴに関してはこんなところなのですが、今回はもうひとつ。頭にも書きましたが「1/20 佐藤ミナミ」も作ったのです。



minami_00.jpg
佐藤ミナミ氏は「スケールアヴィエーション」誌編集者の方なのですが、何故かフィギュア化されてモデルカステンから販売されています。それだけでなく、そのフィギュアを使用した誌上コンペ「ミナミコン」まで開催されているので、こちらにも果敢に応募しました。

製品は上記写真(モデルカステン通販ページより引用)ですが、3Dスキャンしやすいような服装と髪型で製品化されています。



minami_01.jpg
これをパイロットスーツ姿に改造しようとする試み。フィギュアなんかろくに改造したこともないんですが、服を被せて作るくらいならなんとかなるだろうというナメた姿勢です。でも、ちょっとくらいナメてかからないと最初の一歩は踏み出せませんからね。



minami_02.jpg
髪型も、普段のロングヘアーに変更してやります。横髪は伸ばしたエポパテが半乾きのときに加工したものを貼り付けています。しかしやっぱり難しいな…。イチからフィギュアを自作する人たちのことを考えると本当に頭が下がります。人間はいちばん身近なものですから誤魔化しが効きにくいですよね。



minami_03.jpg
サフ吹きした所です。シワやら髪やら気になる所もたくさんありますが、あとは塗装でなんとかしたいというか後戻りしていたら間に合いません。撤退は許されないのです。



minami_04.jpg
いやー、肝心の塗装がなかなか思うように進みませんでしたね。特に顔。実在モデルがはっきりしている3Dスキャンフィギュアを塗装したのは初めてだったのですが、本人の美人度にはまったく届かない。



minami_07.jpg
お化粧サイトなども覗いて色の置き方をあれこれ試してみたんですが、完成を焦ったところもあるかなー。もっと調色に慎重になるべきだったのかもしれません。リアリズム具合が中途半端というか、造形とシンクロさせることが出来ませんでした。これはまぁ、今後の課題ですね。



minami_06.jpg
最初は、たまごひこーきはこんな感じで背景に徹しようかとも思っていたんですよ実は。でも、よく考えると別にすればSAコンとミナミコン両方にエントリーできるなという逆転の発想でW応募へと至ったのです。



minami_08.jpg
まぁ、ミナミコンの方は特に賞は無かったのですが。そこまで世の中甘くない。SAコン優秀賞だけでも過分な賞ですけどね。とにかく年末の嬉しいサプライズとなりました。

ということで、年も開けてしまっております。
昨年はなかなか製作ペースの上がらない一年でしたが、今年はもうすこしなんとかしたいという思いもありつつ本業の方もバタバタしているのでどうかな…。なにはともあれ健康の重要さを知った昨年でもあったので、みなさまの健康を祈りつつ、本日は以上で!

   
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
31

Category: 1/72 バストール

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 バストール


2016年9月25日完成
バンダイ製 1/72 バストールです。
今年の模型、今年のうちに第2段ですが間に合わねぇ。


basr_001.jpg 
いわゆる旧キットというヤツですね。
旧キットと言えば酒餅ですが、今年はちょっと出すのは無理っぽいかなと思ってたんですよ。マクロスが思いのほか手間取ってしまって。

でも、よく考えたら旧キットをざっくりとこだわらずに、とにかく作ってしまおうというのが元祖酒餅精神だったわけで、2年ぶりということもありますので、とにかく何かしらを出そうと決めました。



bast_001a.jpg 
でも、とにかく時間がない。おおむね1週間くらいですが、平日はほとんど使えないマンになってしまったので、比較的出来の良いキットをチョイスすることにしました。どうですこのパッケージ。ちょうカッコイイ。



bast_001b1.jpg 
箱横の完成画像も、ちょっと前のめりなのを除けば良い感じ。前のめりなのは、背部のオーラコンバーターが重いからなので、関節を固定してしまえば問題ありません。昔から完成度の高さには定評があったキットですので、楽勝でしょう。



bast_001c.jpg 
時間がないので手戻りが許されませんので、フリーのポーズ付けアプリでバランスを検討。したのですが、当たり前ですがプロポーションが全く違うのでたいした参考にはなりません。まぁ、手でラフを描くよりもごまかしが効かないのでちょうど良いくらいでしょうか。



bast_001d.jpg 
つーことでおもむろに各パーツにエポパテを詰め込んでアルミ線で固定。バランスを見ます。なんか考えてたのと違うな…。まぁ作っていくうちになんとかなるだろう。


bast_001b.jpg 
こういうエッジ部分を薄く削るだけで精密感が出るというのは、飛行機模型で学んだ所。ガリガリ削れば良いので気分も良いし完成度も上がる気がするしみんなもやろう。


bast_001e.jpg 
パーツをエポパテまみれにしながら進みます。左足だけ2cmほど延長して、ポーズの流れを作ります。あとは爪とチンコ骨をボリュームアップ。単調なラインの部分などにも起伏を足していきます。なに、ピカピカの表面仕上げにするつもりはないのでこのくらいしても間に合う計算です。
ちなみに、オーラコンバーターの裏に貼ってあるのは100均で買ったつけ爪ですね。


bast_001g.jpg 
パーツを微調整しつつ繋げたら、表面のテクスチャをもっと派手にしたい欲求に駆られたので、エポパテを貼り付けたりそれを歯ブラシで叩いたり、プラ粉をなすりつけたりします。オーラバトラーの装甲表現には色々な解釈がありますが、どれが正解というのもありませんので、ここはひとつパッションに任せることにしました。手のひらは確かストームトルーパーとGアルケインから持ってきたはず。


bast_001h.jpg 
オーラバトラーの鬼門のひとつ、内羽根。今回はちょっと前から考えていた方法として、透明プラバンで形を作ってから、そこに透明伸ばしランナーを流し込み接着剤で貼り付けていきました。細かいシワシワは、タミヤの高粘度接着剤をペタペタと塗り重ねたものです。

これにクリアカラーでグラデーションをつけながら塗装すればそれっぽくなってくれないかなーという算段なのでした。


bast_001i.jpg 
そのままだと貧弱でペラペラしすぎてしまうので、上部にエポパテで筋肉もしくは支え骨のようなものを造形しました。


bast_001j.jpg 
ということで、あとは全体を筆塗りして完成。青を下地にピンクを下地の形を意識して塗り重ねます。コックピットのクリアグリーンは下地をラッカーの銀で作って、エナメルを筆塗りしました。


bast_001k.jpg 
以前作っておいたタミヤのF-16と記念撮影。いい感じではないでしょうか。そう言えば、目の部分は紫外線硬化ジェルで立体的に処理をしました。アンテナというか触覚は、0.3mmの真鍮線で作って、高粘度の瞬着で節を作っていきました


bast_001l.jpg 
なんかポーズを決めるのに凝った割に、ベストなアングルが決まらないという不思議な結果となりました。もっと伸びやかな感じにしたかったのになー。


bast_001m.jpg 
反対側の脚をもっと短くするとか曲げるとかした方がよかったかもしりませんがまぁこれはこれで。


bast_001o.jpg 
どっちかというと、1/72ダンバインのパッケージっぽい雰囲気になってしまったのか~? あれもカッコイイんですよねぇ。


bast_001p.jpg 
そういえば知らん顔で日本刀持っていますが、これは食玩の物をそのまま流用しております。いつかオーラバトラーを作るときが来ると思って用意していたのです。まさかそれがバストールになるとは。


bast_001q.jpg 
ところで、とにかく急いで作ったのでなにもかも固定なんですよね。内羽根が運搬や収納のときに邪魔で邪魔で…。取り外しが効くようにしておくべきでした。なんだなんだ文句が多いな。


bast_001r.jpg 
酒餅の方は残念ながら今年は選外となってしまいましたが、ガシガシ進めたのも含めて自分ではそこそこ気に入っています。なにより、前から手を付けてみたかったけど思い入ればかりが肥大していたオーラバトラーに一矢報いたことも大きかったかもしれません。


bast_001s.jpg 
一つの模型をじっくり作るのも良いですが、パッションの赴くままに短期間で仕上げてやるのもまた楽しい作業だと知りました。特にマクロスの後だけに。ということで、本日は以上となります。みなさん、良いお年を!

web拍手 by FC2
31

Category: 1/4000 マクロス強攻型

Tags: マクロス  

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

【完成】1/4000マクロス 強攻型 “劇場版” 


2016年10月1日完成
ハセガワ 1/4000マクロス 強攻型 “劇場版”

今年の模型、今年のうちにということで完成版の更新です。いやー、電飾模型は写真を撮るのがおっくうで、ついつい後回しにしているうちに年の瀬も押し迫ったギリギリの更新となりました。今年の第6回DORO☆OFF展示会に一日だけですが出展させていただきましたので、既にご覧になった方もいるかもしれません。作りかけもちょこちょこ公開してたしね。


SDF1_000.jpg
ということで、1/20ミンメイといっしょにやっとこさの記念撮影です。これがやりたかったんですよ。「ミンメイ、最大戦速(マクロスピード)」ってやつです。


SDF1_00b.jpg
改まって振り返ると、本格的な光ファイバー電飾と並行した船体のディテールアップという、あまり普段は行わないようなことをしていたために完成までずいぶんと時間がかかってしまいました。光ファイバーの扱いに慣れてなかったのと、各ユニットがブロック化されている構造だったので、組む順番や塗装の手順を考えるのに時間がかかったような気もします。


SDF1_001.jpg
各ユニットをひとつの模型に見立てて細かく完成気分を味わってモチベーションを維持する…とかやっていましたが、なかなかそうもいかないので、途中経過をブログ化してみたりしてみました。


SDF1_001c.jpg
製作途中のことはそちらに書いてしまったので、特筆することはあんまり無いんですが、どうしようかな。あ、電源は持ち運びを考えて9V乾電池にしていたのですが、これだけLEDをを仕込むとすぐに電圧が不足してくるみたいなので、今度電飾する時はACアダブタなどの外部電源に頼ったほうが良いと思いました。まだやったことないんですよね。


SDF1_001d.jpg
光ファイバーの固定も瞬着を使いすぎると全然駄目だと言うことがわかりましたので、次回からは部分的にはともかく、キッチリ固定しないといけないときにはエポキシ系などを使ったほうが良い…ということを、展示会のときにどろぼうひげさんに教えていただきました。その節はどうもありがとうございました!


SDF1_001e.jpg
あとは、以前艦船模型を作った時のスケール感などが役に立ったような。といいますか、よく考えたらこのマクロスも含めて戦艦と言うよりも空母系ばかり作っているのが自分らしいというか…。デストロイドのディテールアップなんか、イオージマを作らなかったら絶対やってないよなー。


SDF1_001f.jpg
船体の固定は背部から真鍮パイプをぶっさして固定。その中にコードを通してベースから給電しています。少しでも浮遊感が出ればと、背部の支え板に鏡面状のアクリル板を使ってみましたが、あんまり効果は無かったかもしれません。


SDF1_001i.jpg
そしてデストロイド群は、船体のあちこちに配置してみております。こうしてみるとデストロイドデカイな。まぁ劇中のマクロスも内部の街とかすごく広くて、ホントは全長ナンボなんだと思わされましたし、細かいことはいいですか。


SDF1_001g.jpg
それはともかく、元々の艦はそのデストロイドサイズのメルトランが運用するためのものだったわけなので、1/4000というスケールにビビらず1/700くらいのスケール感でディテールを加えても良いんじゃないかなどと言い訳をしつつ、ちまちまと作っていきました。元々繊細なスジ彫りが入っていますので、ちょっとメリハリをつけてやるだけでいい感じになります。


SDF1_001h.jpg
しかしさすがにコーションマークなどはありえないし、でもデカールでメリハリはつけたいし…ということで、ラインデカールなどを使って各所にアクセントを加えております。情報量を増やすのは、ディテールだけではないですからね。


SDF1_001j.jpg
あと、このキットはアームド級がホントに良くできています。これの大きいキットが欲しくなってくるくらいです。ザ・宮武デザインって感じでもあるし、ホントかっこいいなぁ。


SDF1_001k.jpg
艦橋は船の顔、というか強攻型だとまんま顔なので、ディテールはちょっとくどいくらいに足しておきます。やっぱり人間は顔まわりの印象が強いので、ここで頑張っておくとなんとなく他もしっかり作っているような気がしてくれるんですよね。これが女性型ロボだと、胸周りの形状も頑張りどころです。


SDF1_001l.jpg
この主砲裏の部分あたりは、実物を見るときにも見逃しがちなところかと思いますが、結構頑張ったんですよ。マーキングとか。


SDF1_001m.jpg
ということでひととおり見ていただきましたでしょうか。代わり映えしない写真と、どうでも良い文章でお目汚しまことにすみません。


SDF1_001n.jpg
でも、もうちょっとだけ続くんじゃよ。元々は、PLAMAXシリーズでミンメイが発売されるという話を聞いて、映画ポスターのような絵が見たいと思って作り始めた強攻型ですからね。


SDF1_001o.jpg
このミンメイがまたよくできておりますので、自分的にももうひとつくらい買っておきたい気もしております。だってイマイのチャイナミンメイとかも当時買いましたからね。ここぞとばかりにアレしないと。


SDF1_001q.jpg
ということで長々とお待たせいたしましたマクロス強攻型、今回で終了となります。ではまた来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!

 
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
12, 2016 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。