疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
18

Category: 1/20 バーニー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 バーニー


2016年6月5日完成
MAX Factory製1/20 バーニーです。

burney2_15.jpg
前回のネーネに続いての制作です。ドイツ風だったネーネとは変わってイギリス女子のバーニーちゃん。脚を組んだ立ちポーズと、超ミニのスカートがセクシーであります。清純そうに見えて痴女みたいなスカート丈ですね。いいぞ。


burney2_14.jpg
足パーツだけの状態でもなにやらなまめかしく、まったくけしからんプラモデルです。いいぞいいぞ。


burney_01.jpg
バーニーちゃんにあった、フリルスカートに細い赤ラインやヘッドホンなどの小物などの、ちょっと処理にひと手間かかる部分がないのでさくっと塗りあがりました。おおむね2日くらいの塗装作業で完成。もっとじっくり手間をかけろという話もありますが、まぁいいじゃないですか。


burney_00.jpg
塗装のテーマとしては、彩度を落とさず表面をキレイに保ちつつ、グラデーションの階調を増やすということを心掛けつつ塗ってみました。うまくいったところと、そうでもないところがありますね。


burney_03.jpg
目を描き込む前に肌部分を最初に塗り、クリアコートで塗膜を保持します。ファレホは乾燥が比較的早いのですが、完全に乾くまでは非常に塗膜が弱いので、作業時にはなるべくゴム手袋をするように気を付けました。


burney_13.jpg
あと、パレット上で半渇きになった塗料が細かいダマとなって表面を荒らす…気がしたので、スポンジとキッチンペーパーをタッパーに収めて使うウェットパレットで作業をしました。このあたり、連続して2体作ったおかげの細かなステップアップです。次の時には忘れている気がするので、こうやって記録しておくのが大事。

でも、つい面倒でその辺の紙の上で調色したりもしていたので、もうすでにヤバイですが。


burney2_12.jpg
ネーネちゃんの瞳は付属のデカールを使用しましたが、今回は手描きにて表現。目が大きいのもあって、さほど苦労せずにフィニッシュです。このあたり手間をかければいくらでも細かくなるんですが、切り上げ時も肝心。…という言い訳なんですが。

ちなみにほっぺが赤すぎるのは、髪の毛で陰になる部分だからなのです。


burney2_13.jpg
両方やってみて思ったんですが、デカールよりも細い線を引くのはかなり難しいので、デカールを使用するとシャープに仕上がる。筆で塗ると線に強弱がつきますので、目元の印象は強くなる…ような気がしました。前回ネーネを塗り足したように、デカールプラス筆でレタッチというのも悪くないかもしんない。


burney_10.jpg
ボタン類はシルバーを使わず、グレーとハイライトでイラストチックな銀表現。ホルスターの真鍮部分も同様です。


burney_08.jpg
といいつつ、ゴーグルはメタリックを塗ったりしています。両方使っても馴染むかどうか様子を見たかったんですよね。ちなみに使用したのは「オイリースチール」です。渋いメタリックでいい色!


burney_11.jpg
髪の毛の下の方は、イラストに合わせてパープルのグラデーションをつけました。薄めた塗料でトーンを変えつつ何度か塗り重ねます。黄色からの変化が、色が濁りがちでむつかしいところです。


burney_12.jpg
見えなさそうでやっぱり見える下着は、うすい水色で。スカーフの色にちょっと寄せた感じですね。


burney_06.jpg
そうだ一つ忘れていました。両足付け根の太もも同士の割合については削ってしまいました。これはですね、ももの付け根の空間(いわゆる夢空間)が欲しいという僕の想いがなしえたことです。


burney3.jpg
この写真で伝わりますでしょうか。わずかに見える、背景の黄色部分が。そう、これが欲しかったんですね。決していやらしい気持ちから出たものではありませんので、誤解なきように。


burney2_02.jpg
ということで、2人のミリQガールズが揃ったわけですが、あとは3人目の発売を待つばかりです。楽しみだな~。といったところで、本日は以上!


   



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
12

Category: 1/20 ネーネ

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 ネーネ


2016年5月28日完成
MAX Factoy製1/20 ネーネです。
TINAMIに投稿時から、ちょこちょこと追加でいじってしまいました。

プラモデルの女の子フィギュアというと、ガンダムのキャラコレシリーズや「ときめきラムちゃん」「幻夢戦機レダ」を思い出してしまう世代なのですが、そういえばレダの鎧ってプラモデルになりませんね。「バース」とかの金田アクションしているフィギュアも欲しいなぁといきなり脱線しました申し訳ございません。カーシャとかの湖川キャラも欲しい。
nene2_02.jpg
このキットは、山下しゅんやさんデザインの肉感的なキャラクターを、多色に分けられたパーツに瞳デカール付属で手軽に組み立てることができる「ミリタリーキューティーズ」のシリーズ第1弾です。

パッケージデザインも模型らしからぬ素敵なデザインとなっていますし、説明書の裏もミニピンナップになってたりして、ちょっと嬉しい。


nene2_06.jpg
ドイツ戦車兵のコスチュームを美少女風にアレンジした、なんともしんぼうたまらんデザインで、模型としては双眼鏡やヘッドホンなどの小物まわりのディテールアップが見せ所と言えましょうってコードやストラップを足したくらいですが。


nene2_07.jpg
あとは、スケールが1/20というところも手ごろで良いです。小さすぎず大きすぎない。マシーネンで展開しているスケールと同じなので、他のフィギュアやメカと並べやすいという。このスケールの人形というたけで、つい購入してしまう人も多いと思います。


nene2_09.jpg
せっかく色分けされているキットですが、元のイラストがとてもよいので、その雰囲気に近づけるべく、陰影を強めにつけて塗装を行うことにしました。なんといっても「ミリタリー」キューティーズなので、ミリタリーフィギュア的な塗装アプローチも似合うかなと。しかし黒はむずかしい。

あ、瞳は付属のデカールを使用しています。


nene2_19.jpg
で、それで一旦完成としてましたが、その後ちょっと濃い目にお化粧を追加してみました。ボンテージっぽい衣装に合うかなーと思いまして。でも、女の子の顔は、人形でもちょっと色を置くだけでずいぶん印象が変わりますね。ちょっと濃くしすぎた気もしますが、気になるようならまたそのうち手を入れるかも。


nene2_11.jpg
洋服の赤ラインは塗り分けるのが大変そうなので、ハセガワのフィニッシュシートの細切りを貼っています。しかし、凄く近づいてみるとやっぱり厚みは見えるのと、そもそもシートを等幅に切り出すのも難しいので、細切りマスキングテープを使って塗り分けても良かったかもしれない。

あ、シートを貼った後、上からハイライトなどを筆で入れて馴染ませております。写真だとあまりピンときませんね。


nene2_23.jpg
ストッキングのフチ部分は、太ももにモールドされていますが、どう頑張っても手描き感が出てしまいそうなので、モールドを削り取った後に100均で購入したデコレーションシールを切り出して貼りました。これも一旦完成としてたんですが、どうにも分厚くて気になるし、曲面追従も良くない。どうしても目が行くところだけにやっちまった感が…。


nene2_14.jpgnene2_16.jpg
ということで、いろいろと考えてフェイズ2です。レースのパターンを自作してプリントアウト、これを貼ったりしてみましたが…これどう見ても紙を貼ってるようにしか見えません。だめだ!


nene2_20.jpgnene2_21.jpg
ということでフェイズ3。アクセサリー等を売っている店で買ったこのエレガントなシール。これを太もものちょっと上目のところに張ります。エンボス地ではありますが、薄目でなかなか悪くない。


nene2_22.jpg
そして、ストッキングとの間を黒で塗りまして、改めて赤ラインを追加してフィニッシュ。けっこう良いのではないでしょうか。ちょっとした立体感がむしろいい。というか、とりあえず良いことにします。



nene2_13.jpg
双眼鏡はレンズ部分を開口してジェルクリアを充填し、板ナマリを使ったストラップを追加。あとはヘッドホンとマイクケーブルを0.3㎜の糸ハンダで腰に追加した謎ボックスにつなげて完成です。

この写真で気になるのはそこじゃない? しょうがないなぁ。下着の色はイラストからは判別できなかったのですが、ストッキングと同じ色だろうという確信じみたものがあって、パープル系で塗装しました。ラインの色に合わせて赤という線もあるかとは思いましたが、そこは後の研究結果を待ちたい所です。


nene2_04.jpgnene2_10.jpg
ベースは、直径6cmの木材とアクリル板を合わせたもの。上面などのイラストやロゴは、説明書に記載されていたものをスキャンして加工したものです。元のデザインやイラストが良いので、どうやってもカッコよくなるのがありがたいです。


nene2_18.jpg
普段作ったり塗ったりしているものとはまた違った方向のキットでしたが、その分色々と勉強になりました。元イラストに沿うことで、配色バランスの妙にうなったりなど、普段と脳の使う部分が違うような面白さがありましたので、今後のシリーズも楽しみにしたいと思います。といいつつ、既に第2弾のバーニーちゃんも完成しているのですが、またそのうちにまとめますといったところで本日は以上!

   

プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2016 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。