疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
13

Category: 雑談

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【おしらせ】江ノ島模型展示会


フライヤー05(メンバー追加最終版)_mini
いろいろありまして、江ノ島で模型の展示会をとりおこなうことになりました。
開催は来月4/2(土)の10:00~17:00の予定となっております。メンバーもかなり豪華なものとなっていますのでまぁ自分は刺身についている花形に切ったニンジンになったくらいの気持ちで参加するつもりです。
(今回当日の展示参加は受け付けておりませんのでご了承ください)

P1020287-500x375.jpg
なんで江ノ島なんだよ、遠いよ! という向きもあるかと思いますが、展示会というと都心で行われることが比較的多いので、こういうのがあってもいいかなというのがひとつ。あと、バリバリの観光地の中で開催するのって面白くないですか? 

なんといっても、家族持ちの方々は観光がてら足を向けてもらうことで、展示会と家族サービスを両方クリアすることができるのではないかと思うのですがどうでしょう。江ノ展はパパモデラーを応援しております。


写真 2016-01-27 午後0 38 28
江ノ島自体、都内から比較的手ごろに来れるベタな観光地としての魅力がありますし、春は生しらす解禁の季節でもあります。行楽がてら遊びに来てくれるとよいのではないかと。


写真 2016-01-27 午後0 43 20
会場は『江ノ島ヨットハウス』という、ちょっとこじゃれた建物。GoogleMAPだと『江ノ島ヨットハーバー』で名前が出ています。Webページはこちら

その名のとおり、本来はヨット競技のためのあれこれする建物のようですが、今回はそこのミーティングルームAを借りて展示をおこないます。真夏だったら、ビキニギャルも見に来てくれたかもしれなかったですねぇ。江ノ展はビキニギャルも応援しております。


写真 2016-02-28 午前10 53 25
自分は、重起動メカまわりと、72の現用機をいくつか(スケビコンで優秀賞をいただいたF-15Eも持っていくつもりです)。あとはイオージマとノーチラスあたりでしょうか。夜逃げかよというくらいの大荷物で参加する予定です。たどりつけるのか。

新作? それはないんですが、フライヤーまわりや「江ノ展」という呼び名も自分発なので、それで勘弁してほしいといいますか。ていうか、そもそも展示会に出したことのないものがほとんどなので、全部新作みたいなものだろ!(暴論)


写真 2016-02-28 午前10 54 15
あといま思ったんですが、こうして観光地の写真をぺたぺた張っていると、なんか普通のブログみたいで興奮してきますね。そうでもないか。

ということで、展示会的なイベント運営は初めてなこともあり不安は尽きませんが、メンバー一同お待ちしておりますのでみなさまよろしくお願いいたします。

以上!

   

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
12

Category: 1/48 Yak-1b

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/48 Yak-1b


2016年2月6日完成
エデュアルド製 1/48 Yak-1bです。
(以後の写真は、クリックでちょっと大きくなります)

ご無沙汰しております。
実はこの模型、完成自体は2月にしており、TINAMIにもアップはしておいたんですが、いろいろあってこちらにはまとめていませんでした。すっかり広告出てたし。これからもなんとか更新しますので、引き続きあたたかく見守って頂ければ幸いです。


yak_01.jpg
というわけでYak-1bです。
ソ連は ヤコヴレフ設計局製の戦闘機で、量産型Yak-1が1941年に初飛行。機首外版はジュラルミン製、主翼後部胴体が木製、尾翼は羽布製というマルチマテリアルな戦闘機だったそうで。

キットにはあらかじめエッチングパーツが付属していましたので、このプラモデルもマルチマテリアルということになりますでしょうか。切り出し済みのキャノピーマスキングシートまで付属していて至れり尽くせりであります。さすがリミテッドエディション。


yak_02.jpg
そんなキットなんですが、実は自分が模型製作に出戻る3~4年前からウチに積まれていた、我が家最古のものなのです。家族で自衛隊の公開イベントに訪れた際、当時小学一年生の息子が輪投げコーナーでもらった景品だったんですねぇ。小学生にエデュアルドのリミテッドモデル、しかも旧ソ連機のキットをあげるとは自衛隊ハンパないです。


yak_03.jpg
まぁ、複数の景品を選べる中から、息子が選んだんですが。もちろん、自分で作れるわけないし、父親たる自分も当時は飛行機模型を作ったことなんかなかったということもあり、そのまま眠り続けていたという由緒あるキットなのです。道具も持ってなかったですし。


yak_04.jpg
そんな我が家のヌシのようなキットなので、このまま積んでおくと付喪神になっても困ります。ようしと作りはじめたのが去年の末。ほとんどストレート組みにも関わらず、2カ月くらいかかってしまいました。ちょっと生活サイクルの変化やあれこれありまして、あんまり作業時間が取れなかっただけなんですけどね。


yak_05.jpg
手を入れた所というと、軽く筋掘りをあたったのとアンテナ支柱を真鍮線をつぶしたものに置換したくらい。せっかくコックピットにエッチングパーツをつかったんだからとキャノピーオープンにしましたが、コンソールとか案の定見えないですね。知ってたけど。


yak_06.jpg
塗装は、明るいグリーンのところはクレオスのMSグリーンいわゆるザク色で、機首の赤鼻はシャァピンクをベースに筆塗り。そのまま上面に明度を高めたものを塗ったり、側面に色調を変えたものを塗ったりして変化をつけます。


yak_07.jpg
そんな塗り方をするともちろん筆ムラが出るのですが、これをいい感じに見えるまで塗り重ねます。立体に沿ってみたり、パネルラインなどのディテールに沿ってみたり。広い面はややグラデーションぽくなるように色を乗せていくのも変化が出ていい感じです。ムラを全部塗りつぶしちゃうと、せっかく筆で塗っているのにもったいないですからね。


yak_09.jpg
胴体の白帯は、アタリもとらずに面相筆で一発描き。ファレホカラーを使いましたので、隠ぺい力があるだけでなく、はみ出したりしたところはつまようじなどでコリコリすれば剥がれるので、思い切り油断してみました。でも、今回はほとんど剥がさずにすみましたよ。


yak_10.jpg
デカールに関しては、案の定劣化しておりました。水につけてもなかなか浮いてこない上に、油断するとすぐバラバラになります。赤星マークなんかも貼る端からバラけていくので、「へへっ…こいつはちょっとしたパズルだな…」と矢吹丈のマネをしながら機体上で整えて事なきを得ました。

ほんとにダメだったところは描いてしまいましたが。デカール修復液を使えばよかったですよね。持ってるんだけどなんとなくそのまま進めてみました。結果オーライ(なのかどうかは置いといて)


yak_11.jpg
実機が部分的にジュラルミンや合板などで構成されているということで、機種周りにちょっぴりシルバーのハゲチョロで塗装剥げ表現を行い、他の部分は筆塗りによるエイジング表現のみとしました。

前回に模型を完成させてからずいぶんと経ってしまいましたが、完成すると嬉しいですね。この意外ににスマートな機体形状ながら、機体後半の箱みたいなところがなんというかソ連機って感じでよいです。


yak_12.jpg
一応アンテナ線も貼ってみましたが、これって取り回しているうちにいつの間にか切れたりするんだよなー。その時はその時でいいけど。

ということで、模型製作の説明だかなんだか要点を得ない文章で申し訳ありません。今年はちょっと飛行機模型に集中してみたいという気持ちもありつつ、春の天気のように変わりやすいのが人の心というものなのでどうなるかわかりません。では、本日は以上で!


プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2016 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。