疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
21

Category: 1/72 九九艦爆

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 愛知九九式艦上爆撃機


2014年7月20日完成

サイバーホビー製 1/72 愛知九九式艦上爆撃機です。

99_00a.jpg
太平洋戦争初期から活躍した急降下爆撃機で、艦船に対する航空機優勢時代の幕開けを担った機体であります。


99_05.jpg
去年のアタマに作ったヘルダイバーと同じような、ダイブして爆弾を投下する瞬間をイメージしたディスプレイとしてみました。前回と違うのはプロペラ表現。モーターを仕込んで回していたヘルダイバーから一転して、そのままでも回って見えなくもないような透明プラ版での表現にチャレンジしてみます。


99_13.jpg
0.4mmのプラ板をサークルカッターで切り出し、リューターを使って回しながら同心円上のキズをつけます。今回は荒目の紙ヤスリを曲げてつけました。どちらかといえば漫画的表現ですね。


99_10.jpg
写真で見るとそれなりにそれっぽいのか…? でもちょっと物足りないので、追加で小細工をしてみます。


99_12.jpg
厚紙でこのようなマスクを切って、プロペラの軸やマーキングをエアブラシで書き込んでやることにします。もうすこしキレイに切り出せよなという向きもあるかと思いますが、これ作ってる途中にサークルカッターがぶっ壊れまして、少々自暴自棄になっていたのですって言い訳かよ!


99_11.jpg
とまぁ、そんな風に仕上げてみたのがこちらであります。どうしたってプラ板感は残りますが、やさしい気持ちで見ていただければ幸いです。模型自体見立てで楽しむものですから「これはプロペラを回転させたいということだナうんうん」などと楽しむものなのではないでしょうか。モーター回転と比べると、電池が不要なのがイイとこですね!


99_08.jpg
機体自体は特に工夫なくストレート組みです。説明書がテキトーなのには参りましたが、形を確認しながら組めばどうということはありませんでした。むしろデカールがやっかいで、胴体や着陸脚の白ラインはシワがよりまくり。脚の方は上手く貼れないまま、結局塗装してしまいました。


99_03.jpg
プロペラも、外周のラインがはっきり見えるのと、厚みがなんとかなれば良いのですが。レンズ状の断面パーツなどを使えばそれっぽく見えたりしないかなー。


99_07.jpg
台座はアルミの板を曲げたもの。インクジェット用の透明ラベルに印刷したものを貼りました。気泡がたくさん入っておりますが、3回失敗してからあきらめました。気泡はね、入るものですよ。やむを得ない。


99_02.jpg
機体色は、飛行中をイメージしてちょいと青味を足してみました。結果ちょいと緑に寄りすぎたかもしれませんが、爽やかでこういうのもイイかなと。


99_04.jpg
今回もバタバタと仕上げてしまい、じっくり作れないマンと化している昨今ではありますが、そういうこともある。でもひさしぶりの飛行機面白かったよなーでも陸戦物も作りたいよなーなどとぼやきつつ、本日は以上で!

   
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
08

Category: 1/20 SAFS & タケウチ君

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】S.A.F.S.(現地改修型)&TAKEUCHI-KUN 3.0.2


2014年6月29日完成

WAVE製1/20ラクーン(+α)と
mdsp製参拝フィギュア原型uzasoさん改造の1/20フィギュア TAKEUCHI-KUN 3.0.2 です。


SAFSMrT_ttitel.jpg
今年も無事開催された、Ma.K. tamagawa meeting #5 に参加させていただきました。

自分はスーパーボールと、Ma.k.とあまり関係のない模型たちを持ち込んだのですが、改めて素晴らしい作品群を目の当たりにして大変刺激を受けまして。

今回時間的な都合もあって打ち上げは参加しなかったのですが、その刺激を即活かすべく家に戻ってすぐにSAFSを作り出したという訳です。展示会前に頑張れという話ですが。

SAFSMrT_08.jpg
SAFSは、以前ラクーンとラプターをニコイチしてラプーンを作ったのですが、その時に余ったパーツ群を使用することにしました。と言いつつレーザーはスーパーボールの余りですね。

ほとんどストレート組みなんですが、モモとヒザに1mmプラバンをかまして太らしています。あと、表面に溶きパテでテクスチャをつけたりしましたが、そこでついついもっと派手にやろうと、その辺に落ちてたヤスリがけしたあとのプラ粉をなすりつけたりも。ぶつぶつ感スゴイ。

会場で頂いたタケウチ君の方も一気に表面仕上げをします。こういう体形の人形ってあまりありませんからね。新鮮かつ存在感があってとても良いです。


SAFSMrT_09.jpg
下塗りしてシリコンバリア処理をしてから塗装に入るのですが、明度高めの色でまとまった迷彩がカッコイイんじゃないかと思い、明るいグレーとピンクの迷彩を試みました。

けどこれがどうもなかなかピンとこない。表面荒れすぎ、発色しなさすぎ、ムラムラ過ぎ。夜中塗っている時はともかく、朝起きて見てみると自分でもビックリしたりして。

こうなったら上から別の色を塗り重ねてしまおうと、その前に一応写真でも撮っておくか、ついでにtwitterにでも貼り付けてみるかとしてみたところ、多くの方に励ましを頂きまして。もしかして悪くない? でもなー、表面のぶつぶつがなー。

まぁ、とりあえず紙ヤスリで塗膜とぶつぶつを剥がすか…と思ってちょっと削ってみると、その表面の荒れとペーパーがいい感じに効いて、なんだか以外に悪くない。全部剥がすのは後でもできるから、このまま仕上げてみるかと思えたのです。


SAFSMrT_00.jpg
ということで完成。なにごとも最後までやってみるものです。色の落ち着き具合を早く見たくて、塗装→チッピング→ウォッシング→デカールなどというデタラメな工程で進行しましたが、まぁこれもなんとかなるもんだ。

SAFSMrT_01.jpg
タケウチ君も、細部を慎重に塗り重ねていく…という方法ではなく、割と勢いで仕上げてしまいました。ふくよかな方特有の肌の透明感を出したくて、赤味を強めに塗り重ねていきました。


SAFSMrT_13.jpg
直前にこういう物を塗って遊んでいたのも影響があったかもしれません。ユージンのガチャガチャで、美術デッサン用の大理石像です。


SAFSMrT_02.jpg
それはともかくS.A.F.S.の方ですが、なにしろラクーンの余りなので、エンジン部分はそのまま使います。しかし、脇の消音器部分はラプーンに使ってしまっていたので、適当に代わりの謎メカをくっつけてみました。スネークアイ用のレーザーを装備するための、エンジン強化パーツということでどうでしょう。メカむき出しで、現地でとりあえずなんとかした感があって良くないですかそうでもないですか。


SAFSMrT_03.jpg
謎メカから本体にパイプも接続したりして。スプリングパイプの中には、100均で買ってきた自在針金を通してあります。足関節は固定してしまうので、このくらい固いほうが表情をつけられてよいのです。もうすこし柔らかくてもいいけど。


SAFSMrT_04.jpg
ハッチのフチは、現用機の脚庫のイメージで赤に塗ります。ここになにか挟んだら痛いでしょうし、そういう事故はよくあるんじゃないか。などという理屈は置いても、エッジ部分にアクセントとなる色が置かれると模型が引き締まるような気がします。


SAFSMrT_05.jpg
二の腕につながるビニールコードは、本体が赤系なのでグリーンのものを使用しました。エナメルカラーを塗りたくって鮮やかさを抑えております。脚部動力パイプの接続部には、スモークとクリアオレンジのオイル漏れ表現を塗りました。整備不良ですが、ツヤの変化がでてこれまた良い感じです。


SAFSMrT_06.jpg
しかし、ハッチ開きっぱなしの状態でS.A.F.S.を作ったのは初めてなのですが、やっぱりカッコイイデザインですね改めて。たまりません。


SAFSMrT_07.jpg
タケウチ君と違う人形とも並べてみます。これもいいですなー。女性とのサイズ比が、強化服の力強さをアピールするというか。S.A.F.S.のフォルムが持つ丸みと、女性の柔らかなラインがシンクロするような思いもありますね。


SAFSMrT_10.jpg
「ほほう、女性の丸みとな…」


SAFSMrT_11.jpg
「あ…スミマセン…というか、自分なにもしてないっスから…いやホントッス…」


SAFSMrT_12.jpg
突然寸劇を挟んだりしてまことに申し訳ございません。勢いモデリングだったこともあって、そんなに書くこともないんですよね。まったく電子資源の無駄遣いです。

もうすこし制作の時系列がわかるように書いたほうがよいかもと思いつつ、自分の作りかけなんて見てもらってもしょうがないんじゃないかとも思う。そもそも、思いつきの作業が多すぎて製作方法が確立してないんですよなどと、誰にともなく言い訳をしつつ本日は以上で!


   

プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2014 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。