疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
12

Category: 1/32 BF109F-4/TROP

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/32 BF109F-4/TROP


2014年1月11日完成

ハセガワ製 1/32 メッサーシュミット BF109F-4/TROP
"アフリカの星”ヨハン・マルセイユ機です。

BF109_000_title2.jpg
このキットは2012年の年末に購入したもので、「2013年は大きめスケールの飛行機をいくつか作ろう。そしてこの1/32を締めくくりにしよう」などと考えていたのですが、まんまと年をまたいでしまいました。


BF109_00.jpg
とはいうものの、キット自体は作りやすく、ディテールアップしようと思ったところには既にいい感じのディテールが入っていたりして、それほど手間もかからず制作を進めることができました。プロペラにモーターも仕込んじゃったよ。


BF109_01.jpg
付属のインジェクションフィギュアやコックピットもすごく良い出来。人形は略帽、飛行帽、マスク付きの3種類もヘッドパーツが付属しております。写真は、シートベルトを肩口から延長してシートにつなげたほかは、完全にキットのままです。


BF109_02.jpg
コンソールパネルや機体側もいい雰囲気。ちなみに、今回はせっかくの大スケールなので、デカールは使用せずに塗り分けてみました。いい感じじゃん!


BF109_03.jpg
はい、でも組み込んでみたら全然みえませんね、飛行機模型のお約束です。でも、飛んでるところを作りたいんだよ!


BF109_04.jpg
初めての1/32に舞い上がりまして、機体にリベット表現を施してみることにしました。鉛筆で下書きした上を、リベットルーラーで慎重になぞります。実機の写真などを見ながら線を引きましたが、全体的には適当です。皆さん、どういった資料を見られてるんでしょうかね。あ、あと外板のベコつきを表現したくて、機体や翼をリューターで軽く削ったりもしています。軽すぎて完成したら全然目立ちませんが、なにげに情報量の増加に寄与してる…かもしれない。


BF109_05.jpg
あと、排気管カバー(?)を洋白板を切り出したものに交換しました。こういうところが薄いと嬉しいですよねやっぱり。ディテールアップらしいところといえば、残りは機体逆側にあるサンドフィルターに真鍮製の網を巻きつけたくらいで、後はほとんどキットのママです。


BF109_06.jpg
ああ、そうだ。だいたい塗装も済んでそろそろデカールでも貼ろっかなーって時に、乾燥機に入れていた脚庫カバーが下に落ちてトロトロになってしまいました。無事な方をゲージにプラ版で作りなおしましたが、見ての通りひどい精度です。でも、脚柱を付けたらほとんど見えないから大丈夫。と、自分に言い聞かせて作業を進めます。

ちなみに、この前に塗装済みの計器パネルを紛失して、部品請求をしたりもしてますからね。クリップに挟んで塗装中にピンッと音を立てて飛んだきり、大掃除しても見つかりませんでした。世の中不思議なこともあるものです。


BF109_07.jpg
プロペラに仕込んだ小型モーターは、単5電池1本で回ります。スペースの都合と、いい感じのスイッチが手元に無かったので、電池装着、即回転というワイルドなしくみ。野外撮影の時くらいにしか回しませんからね、これでも良いのです。

ボタン電池にすればスペース問題は解決したはずなんですが、なんか回んなかったんですよね試した時。世の中不(略


BF109_08.jpg
塗装は、下地のみエアブラシで行ない、あとは筆で塗っていきました。パネル毎に調子を整えたり、同じパネルの中でグラデーション気味に明暗を加えたりしつつ進めていきました。ウォッシングとかするうちに、ほとんどわからなくなりましたが。


BF109_09.jpg
筆で塗りましたと言いつつ、スピナーなどの白い部分はエアブラシですね。ツヤ具合もほかと変化をつけてみたりして。


BF109_10.jpg
最初は、着陸脚も収納させて、完全に飛行状態にしようと思っていたのですが、フラップ類が全て下げ状態で組むようになっているし、主脚パーツもいい雰囲気だったので、そのまま組み立てました。離着陸寸前の状態ということでどうでしょうかダメでしょうか。


BF109_11.jpg
キットは、実機の作りを反映して、機体から直接着陸脚がマウントされており、本体の桁に主翼を差し込む形式になっています。そこで、運搬や収納のことも考慮して、接着せずに主翼は差し込むだけとしました。一応、ネオジウム磁石で固定するようにはしましたが、不自然な隙間が空いてますね…。


BF109_14b.jpg
アンテナ線は、ヒートン的な物を銅線で作って固定してみました。こういうのは、1/32ならではで充実感があります。


BF109_12.jpg
ということで、ディスプレイ状態です。スタンドはバンダイから発売されている「GPベース」を塗装したもの。フィギュアは、キットの初回生産特典で付属していたレジン製のものです。この人形に惹かれてキットを買ったと言っても過言ではありません。


BF109_13.jpg
この人形がまたものすごい完成度というか表現で、眩しそうなマルセイユの表情はもちろん、腕や脚の筋肉や勲章などのディテールがこれでもかと彫刻されており、塗装中なずっと塗り負けてしまっているような思いでした。人形怖い。


BF109_15.jpg
しかしまぁ、こうして同スケールと機体と並べると、得も言われぬ充実感が。コックピットにも人がいるので、並べたらマルセイユが二人いることになってしまいますが、まぁそこはいいじゃないですか。


BF109_14.jpg
裏側の写真を全然撮っていないのに気が付いて、追加撮影してみました。あっさり気味の仕上げですかね。へそ部分の穴は、スタンド取り付け用に仕込んだポリキャップです。隠す気ナシ!


BF109_16.jpg
ということで、最後に野外撮影の写真を幾つか貼って終了と致します。アフリカ仕様なので、せっかくだから夏の日差しが欲しかったのですが、こればっかりはしょうがない。冬の晴れ間で我慢するとします。


BF109_17.jpg
あんまり目立たないだろうな…と思っていたリベットも、こうしてみるとなかなかいい感じです。こうなると、リベットの交点などが気になってきますが、それはもっと他の部分をキチンと作れるようになるまでお預けとしましょう。具体的な課題は、キャノピーのすり合わせですかね。最後に装着すると思って、毎回油断しすぎです。


BF109_18.jpg
こういう写真を撮るためだけにモーターを仕込んだワケなので、ブンドドにも力が入ります。


BF109_19.jpg
ほら離陸状態!


BF109_20.jpg
巡航状態! 脚をしまえよって感じですが。

BF109_21.jpg
急降下!って脚を出したままだとスツーカみたいですな。そうでもないか。

ということで、新年から長々と申し訳ございませんでした。

それにしても、大戦機は1/32と言っても、それほど暴力的なサイズでもないし、製作中や完成後の充実感もそれに見合ったものだったので、とても良かったという印象で、オススメです。ジェット機はもっと充実感があったりするんでしょうか。さすがに途方に暮れるような気もしますが、いつかはきっと…と思う気持ちがあるのも事実。まぁ、10年以内には1機くらいつくりたいかなと問題を先送りにしつつ、本日は以上で!

   


スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01, 2014 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。