疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
31

Category: 雑談

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

2013年模型ふりかえり


年の瀬も押し迫ってきましたが、いやー2013年も長かったですね。1年くらいあったんじゃねーのと思いますとかつまらないこと言ってますが、諸々反省の意味も含めつつ、今年一年間の模型製作ライフを振り返ってみたいと思います。


当初の予定としては、ちょっと大きめスケールの飛行機を作ってみるのと、シルバー塗装をもう少し試したい。あと、電飾ももう少しやりたいなどと考えておりました。一応はひととおりこなせたかな?


まずは1月から3月。
2013_1から3のコピー
完成品は11個です。ってガンヘッド付属のフィギュアとかも含めちゃってますが、零戦に追加したフィギュアは勘定に入れてないのでまぁいいじゃないですか。あ、零戦はファインとタミヤのものを2機同時に製作しました。

全体的には、プロペラにモーターを仕込んだヘルダイバーと、エッチングてんこもりだったエデュアルドのMiG-21が印象に残っています。あとはマシーネンのウォーカーマシン化も手応えありました。



続いて、4月から6月に作ったもの。
2013_4から6のコピー
完成品は12個です。宇宙戦艦セットは3機扱いですが、SAFSはフィギュアとセットでひとつという勘定です。この時期はなにをさておきSAAB J29ですね。完成まで持っていくだけで大変でしたが、いい経験になりました。あとは、シルバー塗装がある程度つかめたような気がしたのと、MG誌のガルパンコンテスト応募くらいでしょうか。



7月から9月。
2013_7から9のコピー
ちょっと数が減って完成品は5個。それぞれ1個にかける時間はそれほど変化なかったのですが、ちょっと模型に集中できなかった時期ですね。でも、ノーチラス、ギラン・ドゥ、赤ずきんにドラケンと、この時期に作ったものはどれもわりと気に入っております。そのなかでも、ドラケンの電飾失敗が想い出深いですね。



最後に10月から12月。
2013_10から12のコピー
この時期も完成は5個ですね。10式は、イエローサブマリン秋葉原店主催の35コンにエントリーさせて頂きました。リアルコンテストは初めてでしたが、ほかの方の超絶作品と自分の模型がならんで展示されているのをフラットに見れるのは良い経験でした。あと、仕上げ方を変えてみたVF-25は色々な方に喜んでもらえて、今後の方向性に影響があるような気もします。


ということで、合計33個が完成しました。特にブログに載せていない単品35フィギュアを含めたら35個ですかね。そこそこ数をこなしましたが、数ばっかり作ってもな…といまさらな疑問を持ったのが今年後半でもありました。

今まで、ストレス無く作ることを一番の目的としてやってきましたが、来年はちょっとやり方を変えようかなーと考えたりもしてます。実際やってみたらどうかわかりませんが。あと、抱負としては、AFVに力を入れるというのと、艦船模型も作ってみたい。でも、なによりもその場その場の衝動をどう昇華するかが大事ですよね、と台無しな感じで締めつつ、今年は以上で!

     

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
29

Category: N/N たまごフランカー

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】たまごひこーき Su-33


2013年12月15日完成

ハセガワ製 たまごひこーき Su-33 フランカーDです。

su33_egg_title2.jpg
ここのところ、現用機を筆塗りしていなかったので、練習がてら気楽に作れそうなこのキットを選んでみました。前回VF-25を作ってから、フランカー色が絵具皿に残っていたというのもありますが。


su33_egg_15.jpg
デフォルメされたデザインなので、機体サイズの割にはパイロットやコックピットが多きく造形されています。でも、すっごくあっさりした作りなので、多少ディテールアップしてみました。といっても、プラ片を貼り付けたのと、マスクのノズルを足したくらいのお手軽工作ですね。


su33_egg_00.jpg
あと、スジ彫りも薄くなっているところがあったので、ニードルで軽くケガいて、はっきりさせてみました。機体が小さいと、こういう作業もさほど苦にならなくていいですねぇ。


su33_egg_03.jpg
といいつつ、ヨレてしまっているスジ彫りが気まずいですが。あと、キャノピーのマスキングを失敗して、フチがありえないほどガビガビになってしまいましたよ。


su33_egg_02.jpg
よくもまぁ、そういう物を堂々とアップできるもんだとお思いでしょうが、もうリカバーする気力も無いしこれで完成とするほかないかなと。そして、完成したらそれが何であろうとアップするのです。データ資源の無駄遣いでどうもすみません。


su33_egg_04.jpg
マスキング失敗の原因はあきらかで、これは筆塗り時の塗料が薄すぎて、毛細管現象でテープの内側に盛大に入り込んだせいでしょう。筆塗りをする時は、けっこうシャバシャバに希釈して塗るのです。


su33_egg_05.jpg
対策としては、最初にクリアーなどを厚めに塗っておく、もしくはテープの境界部分には濃い目の塗料で色を塗るとかでしょうか。でも、一番いいのはマスキングなんかしないで筆でキャノピーフレームを全部塗ることかもしれません。大戦機のようにフレームも少ないので苦にならないし。もしくは全体をエアブラシで仕上げるか。


su33_egg_07.jpg
あと、実は機銃の位置を左右勘違いしてしまいまして、塗装を間違えたばかりか、真鍮パイプで機銃口まで左側に追加してしまいました。Su-33Dは一度完成させてるのに、なにやってるんだ。


su33_egg_12.jpg
あとは、なるべくいつもと同じような仕上げ方をするように気をつけました。ちょっと強めに陰影をつけたつもりなのですが、あまりわかりませんね。これ毎回言ってる気もしますが。


su33_egg_13.jpg
デカールは、大きなものはキットに付属しているのですが、コーション表記などはなかったので、手持ちの余りデカールを使用しました。以前MiG-29を作った時の余分が役になってくれましたよありがとうエデュアルド!


BcVOdXvCAAAG6-w.png
ところで、キャノピーに関してはリカバリーする気が起きないなどとさきほど書きましたが、写真を撮ったあとにリカバリーを試みてました。フレーム部分をテープにて逆マスキングして、はみ出た部分をクレオスのラッカー溶剤を含ませた綿棒でこすりとったのです。キレイに…というわけにはいきませんが、前よりはずいぶんマシになりました。


su33_egg_14.jpg
なんとなく、透明パーツに溶剤をつけたら表面を痛めてイッパツで曇るんじゃないかと思っていたのですが、案外大丈夫で安心しました。もっと最初からやっておけばよかったですが、そのあたりの反省は次回に活かしたいと思いました。一ヶ月もしたら忘れてると思うけど。いや覚えておけよと自身に突っ込みつつ、今回は以上で!

   
web拍手 by FC2
23

Category: 1/35 10式戦車

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/35 陸上自衛隊10式戦車


2013年11月24日完成
タミヤ製 陸上自衛隊10式戦車です。
Type10b_title.jpg
イエローサブマリン秋葉原スケールショップにて開催された、「35コン」にて出品させていただきました。完成したのは11月だったのですが、持ち込み締め切り当日朝までバタバタやっておりましたので、写真を撮れていなかったのです。


Type10b_02.jpg
戦車模型はこれで3輌目の制作となりますが、以前に作ったのが1/48のビネットに、ガルパンコン用と比較的変化球ばかりの上に、現用戦車は初めてとなります。なんというか改めてデカイですね。塗るところがいっぱいあって大変でした。


Type10b_03.jpg
といいつつ、今回も塗装で遊んでみました。自衛隊車両は比較的身近な存在ということもあり、塗装やマーキング、はたまた汚れ具合などもはっきりと確認することができます。でもせっかく模型なんだから、違う色の車輌も見たいと思いまして、砂漠カラーかつ使い込まれた風合いに仕上げてみました。


Type10b_04.jpg
10式を買う前に、メルカバとどちらにしようと迷った挙句こちらを選択したのですが、その気持を活かしてメルカバ風にしてみます。つっもたいしたことはしておらず、すべり止め加工を重曹で施し、アンテナを前屈姿勢に変更。あとはバケットにタクティカルプレート(でいいんっだっけ?)を追加したくらいで、あとは砂色に塗っとけば良いだろうというざっくりとした考え。


Type10b_05.jpg
あとは、MEN MODELのイスラエル戦車兵を載せて、バケットに荷物を詰め込みました。このMEN MODELのウォーターボトル、使ってみたかったんですよね。本当はこんなところに載せないと思いますが。


Type10b_06.jpg
ちなみに重曹は、水溶き木工用ボンドで固定しました。ボンドを塗った上から重曹をふりかけて、乾いたら筆などではらって、固定されていない部分を取り除きます。念のため、もう一度上からボンドを染みこませれば、かなりガッチリ固定されます。木工用ボンド、あなどれません。


Type10b_07.jpg
MEN MODELのイスラエル戦車兵のキットには、透明パーツによるペットボトルが付属しています。これがいかにも現用っぽくてイイですよね、ということで、ラベルをプリンターで打ち出して貼ってみました。光沢写真用紙にプリントアウトして、表面の薄ガワを剥いで貼り付けたのですが、こうしてみるとまだ厚ぼったいですね。しかも少しずれているし。どっちにしても肉眼では見えませんけどね…。

Type10b_08.jpg
そういえば自分でも忘れがちなのですが、ヘッドライトに電飾を仕込んだんですよ。まぁ、LEDを2個はめ込んだだけなんですけど。

戦車は完成後も砲塔を簡単に取り外せるようになっているのと、車体内部のスペースに余裕があるので光らせるだけならまったく簡単です。でもアレですね。こうしてみると結構地味ですよねやっぱり。かといって、ウィンカーやブレーキランプを光らせるもの変だし。74式みたいな投光機が光るとまた別なのかもしれません。


Type10b_09.jpg
兵士に、変なゴーグルを装備させておりますが、これはちょっと近未来らしさを出したいというか、イスラエル兵がポンと乗っているだけだとなんだか生々しいかもしれないという杞憂からです。元々政治的意図などは皆無なのですが、誤解されてもイヤかなーと。そんな心配しなくていいか別に。


Type10b_10.jpg
塗装の方は、砂漠の日差しの強さを感じるような、白っちゃけた雰囲気を出したくて調色してみました。シナイグレー(1)と(2)を混ぜつつ、白を加えて明度を上げ気味に調色。カラーモジュレーション的なグラデーションも加えたのですが、チッピングや砂汚れをするうちに、あんまり目立たなくなりましたね。けっこうガッツリグラデったと思ったのにな。

ともあれ、そこそこ思い残したこともありますが、まずは現用戦車一輌目完成です。制作や塗装の手順に戸惑うことも多かったですが、楽しく制作することができました。来年はさらに幾つか35の戦車を完成させたいと思いつつ、本日は以上で!

    
web拍手 by FC2
10

Category: 1/72 VF-25F

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 VF-25F メサイア


2013年12月8日完成。
ハセガワ製 VF-25Fです。

VF25_title2.jpg
VF-25Fメサイアは『マクロスフロンティア』というアニメに登場する戦闘機です。ロボットに変形する奴。自分は、TVシリーズを観てはおりましたが、最終回だけ録画されて無くてそのままなのです。ヤックデカルチャー。


VF25_17.jpg
メサイアは、フランカーみたいでカッコいいなぁと思いましたので、そのまま深く考えずにフランカー色を塗ってみました。未来の可変戦闘機ですが、ロシアマークも貼っちゃうよ。


VF25_09.jpg
いつも飛行機を筆塗りで仕上げる自分ですが、今回はオールエアブラシでの塗装で仕上げてみました。普段は縁のない「丁寧さ」というのをキーワードにして制作にあたります。おいおいどういう風の吹き回しだよ。


VF25_08.jpg
つっても、自分の丁寧さなんてたかだか知れてますけどね。

まずは、コックピットを「どうせよく見えないしー」なんて言わずにディテールアップ。プラ片や銅線などを用いて密度を高めます。なんかこう、精密な感じがすればそれで良いのです。



VF25_04.jpg
色は、MiG25あたりのコックピットに塗られていた、彩度の高いグリーンで塗装して、ロシアらしさアップを狙います。レジン製のロシア現用パイロットを押しこみ、筆塗りで仕上げ。


VF25_01.jpg
全体はストレート組みで、翼端灯部分などを切り欠いて、紫外線ジェルクリアで透明化したくらいです。翼が薄く、切り欠き部分が大きかったのでちょっと団子になってしまいましたね。ちょっと削ったりはしましたが、ツライチにはしてません。なにが丁寧な仕上げだっての。


VF25_02.jpg
でも、スジボリはちょいとニードルでけがいて深くしたりはしました。全部のディテールには手が届いておりませんが、まぁ出来る範囲でですね。


VF25_03.jpg
ちなみに、成型色が真っ白だとディテールがとても見えづらくてしょうがありません。今までならば勘でやっていいたのですが、今回の自分は一味違います。そう、ヘッドルーペの出番です。

ヘッドルーペは所持していたのですが、ずっとフィギュアの顔を塗るときくらいした使ってなかったんですね。でも、工作の時にも装着すると見える見える。逆に言うと、今までどれだけ見えなかったんだという。

まぁしかし、虫眼鏡で見て耐えられるようなアレをするつもりはないので、深みにはまらないようにスジボリをなぞり、スポンジヤスリをかけてまたなぞります。油断すると直ぐに線がヨレますからね。疲れたら直ぐに休むのがポイントです。おじさん、集中力が足りなくて。


VF25_05.jpg
今回は飛行形態での固定を考えているので着陸脚は作らず、せっかく付属しているミサイルもつけないので、作業自体はそれほど多くありません。可変翼に懸架装備をつけるのって、いまいちピンとこないんですよね。


VF25_07.jpg
塗装は、以前Su-33を作った時にも使った、モデルカステンのフランカーセットを使用。それぞれに白を入れて、ちょっぴり明度を高めてやりました。もっと明るくしても良かったかな。


VF25_06.jpg
迷彩塗装は、組み立て説明書を原寸大に拡大したものにパターンを書き込み、それを切り抜いてマスキング素材としました。『スケールアヴィエーションズ』2011年11月号のフランカー特集を参考にしております。


VF25_14.jpg
切り抜いた説明書を、両面テープを指先で丸めて鼻くそみたいにしてくっつけますと、ちょっと浮いた状態に固定されます。そこでエアブラシを吹くと、自然なボケ足ができるという寸法です。


VF25_13.jpg
しかし、この機体の上面はそれなりに立体的になっており、平面の紙を貼っただけだと上手く追従しません。でもまぁ、浮き上がったところを指でグイグイッとやって押さえて強引に馴染ませ、なじまない部分は気にしないでエアブラシを吹きました。所々ボケ足が大きすぎたりはみ出たりしますが、まぁ完成すれば気にならないものですよ。(丁寧さとは)



VF25_11.jpg
もろもろ細部を塗り分けて完成。ベクターノズルはメタルカラーを筆塗り。機首や尾翼の白い部分は、マスキングしてエアブラシを吹きました。


VF25_12.jpg
そうそう、ノズルを上下逆につけてるんですよね。ロクに説明書を見てないせいもあるんですが、こっちの方がカッコいいと思うんだよなー。オリジナルだと、靴の裏が見えてるみたいだし。あ、完全に言い訳ですね。まことにすみません。


VF25_15.jpg
ディスプレイは、市販のマクロススタンドなどは使用せず、腹に3mmの穴をぶち開けて金属線を突っ込む男らしい(?)仕様。飛行状態での固定は、やはりなんともいえない味がありますな。躍動感といいますか。


VF25_10.jpg
デカールはキットの物も使いましたが、以前作ったものの残り物などを中心に、それっぽく貼っていきます。レッドスターは、シュトルモビクの余りだったかな。乾いたらスミ入れと軽いウェザリングを施して完成です。


zVF25_0001.jpg
今まで、筆塗りによる味わいを求めて色々と試してきたのですが、こうやってエアブラシでの平滑な塗面を見ると、これもいいなぁと思ってしまいます。ぐるっと回って一周してきたみたいな。

なんだか悔しい気持ちですが、ええい何周でもやってやるよという気持ちも芽生えております。筆塗りもやめないよ。


VF25_16.jpg
とまぁ、長々と書いてきましたが、「VF-25をフランカー色に塗りました」以上の情報はたいしてなくて誠に申し訳ありません。しかも、コックピットより後ろの部分は別に似ていないですからね、フランカーには。

それでは、フランカーもメサイアもどっちもカッコいいという結論をもって、本日は以上で!


 
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
12, 2013 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。