疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
24

Category: 1/144 ノーチラス号

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 4  Trackback 0

【完成】1/144 ノーチラス号


2013年7月21日完成
ペガサスホビー製 1/144 ノーチラス号です。

nautilus_title2.jpg
ノーチラス号といえば、ディズニー映画『海底二万哩』版がメジャーですが、このキットはメーカーオリジナルデザインのようです。しかし、カッコ良さに引けはとりません。むしろ、模型になったときのガジェット的魅力は、こちらの方が上とも思えますね。


nautilus_02.jpg
製品内容は、イカと台座の岩場、ネームプレートがムクの軟質素材。手すりや階段などのエッチングパーツが1枚、透明パーツのマスキング用シールが2枚に、後はプラパーツという構成になっています。台座のイカが印象的ですが、ほかにも模型制作のワクワク感がたくさん詰まったとても良いキットでした。


nautilus_03.jpg
よく、制作するのに手間がかかるキットを揶揄して「プラスチック製ガレージキット」などと言ったりもしますが(そもそも最近のレジンキットは組みやすい物も多いのですがそれはそれとして)ノーチラスの場合は、作家性が強いという意味での「ガレージキット」らしさがあるように思います。19世紀、潜水艦、マルチマテリアル、巨大イカなど、チャレンジする要素も多く、組みやすさやディテールも十分で、飽きることなく作ることができました。


nautilus_01_3.jpg
プラパーツは、ディテールが立体的に彫刻されており、過剰な分割もなく程良いパーツ数。船体の貼りあわせにさえ気を使えば、難なく形にすることができます。また、キャビン内部のパーツはソファや地球儀の他、デスクや本棚、パイプオルガンまでモールドされており、塗るのが楽しい構成です。まぁ、組み込んでしまえば全然見えないんですけどね…。


nautilus_m_02.jpg
そうとなったら、少しでも見えるように内部を明るくしたいと思うのが人情ですので、電飾を決意。検討の結果、光らせる箇所は以下の6箇所としました。


nautilus_01_4.jpg
1:キャビン内部
2:キャビン両脇のドーム窓
3:正面サーチライト
4:船体の「目」にあたる操舵室(?)
5:船体下部探照灯
6:ライトアップ用台座

順番に説明しますと…


1:キャビン内部
船室内部です。パーツを見ると、天井は面光源照明にも見えるのですが、このあたりの加工を頑張っても外からはあまり見えなさそうです。ここは、天井に穴をぶち開けて、電球色LED2個を突っ込むことにしました。
nautilus_m_01.jpg


2:キャビン両脇のドーム窓
これは左右2箇所づつ、合計4個もあるので光ファイバーを使用して導光することにします。鉄道模型店で購入した、太さ0.5mmのファイバーを使用して、光が回るように内側を銀で塗った市販のバーニアパーツで固定。


3:正面サーチライト
キットのサーチライトパーツは、ムクのプラスチックだったので後ろから丁寧に削って…などとやっていたら失敗しましたので、内径3mmのアルミパイプを使用して、それっぽく自作。
nautilus_m_03.jpg


4:船体の「目」にあたる操舵室(?)
こちらは、青色LED1灯のみ使用です。丸窓のウラに8mmほどの穴を開け、裏からプラ板で蓋をした小部屋に設置します。この部分、正面サーチライトと近いのでちょっと苦労しました。
nautilus_m_04.jpg
細身のシリコン皮膜コードを使って、操舵室の導光を妨げないように。

nautilus_m_05.jpg
操舵室の下部に蓋をして、青色LEDを設置


5:船体下部探照灯
これは、キットには無い部分ですが、せっかくの台座パーツを目立たせるためにも、ぜひ下部に探照灯が欲しいと思ったのです。5mmの穴を開け、裏からLEDを突っ込んだアルミパイプを固定。表から市販の透明パーツを貼り付けます。
nautilus_m_07.jpg
船体に5mm開孔し、裏から4mmで開孔したプラ板を接着。アルミパイプを固定する受け皿にします。これで、表からHアイズを入れても船体内部に落ち込むことはありません。


6:ライトアップ用台座
LEDを買い出しに行った時に、ふと目について買っておいた変色LED。時間経過で7色に光が変化してカッコよいので、どこかで使いたいと思い台座にセットアップ。暗い所で見ると、船体が怪しい光で浮かび上がるという寸法ですよ。光漏れしてますけど、写真撮影のあとエポパテを詰めて修正しました。修正してから写真撮れって話ですよねすみません。


とまぁ、こうして書きだしてみると順風満帆に進んだようですが、なかなか面倒くさい所もありました。今回、電源を台座のデコパージュ内に仕込んだのですが、デコパージュって無茶苦茶固いのね。知ってました? 電動工具を使ってもなかなか開口しないし、開口しても調整は難儀だし、完全にあきらめムードです。知らん知らん、見えないところが汚くても俺は知らんぞ!

あとは、電飾にまだ慣れていないのもあり、工作の手順がややこしかったです。船体とベースを完全に固定する仕様にしたので、手順を間違えないようにEverNoteで工程表を作って進めましたよ。まぁ、作業中の都合でガンガン変わるので、あんまり意味無かったですけどね…。
nautilus_m_12.jpg
こんな感じで、柄にもなくチェックリストを作って段取りました。めんどくさい。


本体の電飾作業が終了したところで、本格的に組立作業に入ります。でも、これは本当に苦労いらず。気をつけるのは、エッチングの手すりパーツを握りつぶしてしまわないようにするのと、同じくエッチングの階段パーツの曲げる向きを確認するくらいですかね。もちろん自分はどっちもやらかしてしまいましたが。金属は曲げて直せるからいいね! 曲げすぎると折れるけど!
nautilus_m_09.jpg


塗装は、今回ほぼメタルカラーにて仕上げました。あんまり参考にならないと思いますが、一応手順を書きだしてみると…

メタルカラーのカッパー、ブロンズ、シルバーを、それぞれを適度に混ぜながら本体に塗りつける。ここで、なるべくムラになるように毎回混ぜ具合を替えます。場所によって金色っぽかったり、緑色っぽかったりして変化をつけることで、船体に表情をつくといいかなーって。ちょっと単調だったりやり過ぎたりしたところは、前に塗った色が乾く前にどんどん重ねて色をなじませます。もちろん、乾いた後でドライブラシ気味に色を置いたりしても良いです。
nautilus_m_10.jpg
スミイレ前の下地。


ひと通り色が乗ったら、タミヤエナメルでスミ入れを行います。黒や茶色、緑青をイメージした緑色などをあちらこちらに置いて、溶剤を含んだ筆などで馴染ませます。
nautilus_06.jpg


そうこうしていると、メタルカラーの輝きが失われたり、こすりすぎて下地が見えてきたりしますので、気になるところをふたたびメタルカラーを塗りつけてやります。飽きるまで繰り返して完成!

あ、そうそう、下塗りにVカラーの黒~茶色を吹きつけております。これにより上塗りのラッカーが溶け出しても、プラ地までは達しないので好きなだけ塗装面をいじめることができます。
nautilus_05.jpg


台座についてですが、本体と同じくVカラーで下地を作っての作業となります。イカは、資料写真を眺めつつ、青みを入れた白を吹きつけた後、赤からオレンジにかけての色をじゃぶじゃぶ塗りつけてやりました。濃い目の緑でスミ入れしたあと、全体にクリアを厚吹きして、最後に金色を混ぜ込んだパールカラーを吹きつけておしまい。
nautilus_m_11.jpg


ベースの岩場は筆で適当に。なるべく単調にならないように色を置くのは、本体やイカと変わりません。あと、塗装だけだとちょっとさみしかったので、暗めのシーナリーパウダーを各所につけてみました。ワカメ的な水草があっても良かったかもねぇ。
nautilus_01_2.jpg


これでひととおり完成です。っていうか文章長いよ! だれも読まないよコレ! 
まぁ、そもそも読者がいるかどうか怪しいブログなので別にいいか。いや良くないか。ホントすみません。
nautilus_08.jpg


制作の方も、結構長々といじっていた気がしていたのですが、振り返ってみるとかかった時間は20日ほど。そんな短かったっけ?
nautilus_04.jpg


金属色は早く塗れるというのもありますが、これはやっぱりキットの出来が良いためだと思います。ディテールやプロポーションで気にするところは無いし、マルチマテリアルなので作るのに飽きないし、なによりカッコいい。
nautilus_11.jpg


なかなか店頭で見かけることの少ないキットだとは思いますが、買って後悔しないと思いますので、みなさんも是非。といった所で本日は以上!
nautilus_10.jpg



   
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
06

Category: 1/72 F86 セイバー

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 F86F40セイバー


2013年6月27日完成
フジミ製1/72 F86F40 SABER です。
title000.jpg

50年台に活躍した、ノースアメリカン社開発の戦後第一世代ジェット戦闘機であるところのF-86。それの航空自衛隊仕様です。セイバーといえば、昨今の若人の皆さんが最初に思いつくのは『Fate』だったりするのでしょうが、オッサン世代はやっぱりコレですよね。よく、昔の怪獣映画などに銀色の機体を輝かせて登場し、たいした活躍もせずに撃墜されるという役柄でありました。

そういった刷り込みもあって、セイバーイコールやられキャラ、というイメージで子供の頃はピンとこなかったのですが、いま見ると、この頃のジェット戦闘機はなんとも言えない味があってよろしいですな。

F86_001.jpg
「また銀色飛行機かよ!どんだけ好きなんだよ!」という声も聞こえてきそうですね。もちろん好きなのもありますが、銀色塗装って通常の色と違う塩梅が必要なので、そのあたりをチマチマと試して自分のものにしたいというのもあったのです。

まぁ、自分がやりたいのは適度にくたびれた銀表現なので、ピカピカテカテカなメッキ表現は手付かずの領域ではあります。今まで、1/72スケールだとオーバーな表現になりがちでしたが、なんとかちょうど良い雰囲気が出せるようになってきたと思うんですがどうでしょうかだめでしょうか。まぁいいか。

F86_002.jpg
このフジミのキット、セイバーのずんぐりした形状がよく表現されており、なかなか良い雰囲気です。脚庫が浅かったり、パーツの合いがちょっと悪かったりもしますが、すりあわせてやれば問題ありません。だいたい、脚庫なんかひっくり返さないと見えないですし。

F86_003.jpg
ただ、パイロットが付属していなかったので、市販の物を削ってコックピットに押し込めました。キャノピー周りにズレがあるのは、自分の組立がヘボかったせいですね。すり合わせ出来てないじゃんか!

いやー、どうもすみません。そもそも、フロントキャノピーを真っ二つに割ってしまったんですよ。キャノピーパーツが薄くて。部品請求しても送料込みで600円くらいかかるということで、一瞬悩んだのですがもうひとつキットを買って事なきを得ました。余った胴体パーツはいつかなにかに使います。ウォーカーギャリアのバズーカとかにいいんじゃないかナ。

F86_004.jpg
肝心の塗装なのですが、諸般の事情で塗り始めから仕上がりまで半日程度での作業となりました。こんな時間で仕上がるのも、銀の隠蔽力あってのことですね。あ、コックピットとフィギュアはその前から塗っておりましたそういえば。

F86_005.jpg

塗装の手順は以下です。

1.グレーサフの上からいきなりクレオス8銀を吹き付け
  ↓
2.一部のパネルを筆で塗り分け。8銀にオレンジを加えたものと、白を加えた色を使いました。
  ↓
3.ここでスミ入れ。エナメルの黒に茶色を混ぜた上で、たっぷりと薄めて流します。溶剤はガイアのエナメル用うすめ液を使用。
  ↓
4.全体的にツヤが落ちるので、機体形状にそって8銀をドライブラシ気味にこすりつけ。
  ↓
5.続いて、メタルカラーのシルバーを同様にドライブラシします。この時、機体形状に沿うだけでなく、叩きつけるような筆の動かし方なども加えると良い感じ。
  ↓
6.乾いたらキムワイプなどでこすってやることで、機体表面にツヤ具合の差が表れて、稼動状態の活きた機体の雰囲気が出てきます。…出てるといいなー。特にツヤ具合って写真で撮るとイマイチわからないし。まぁこういうのは気持ちだし、特に誰も真似しないだろうからいいか!

あとは、デカールを貼って、乾いたらちょちょっと彩度を落としてやれば完成です。

F86_000.jpg
何度でも言うけど1/72飛行機は手早く作れて楽しいなぁ。安いし。みんなもっとプラモデルを作るといいのにと思いました。みんなって誰のことだよと思わないでもないですが、本日は以上で!

   

web拍手 by FC2
03

Category: 1/20 S.A.F.S

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 S.A.F.S & 横山先生


2013年6月16日完成

WAVE製 1/20 S.A.F.S と、
立川教材様のレジンキット、1/20横山先生です。

title2.jpg
横山先生というのは、説明するまでもありませんが、イラストレータでありモデラーでもある、マシーネンクリーガーにおける造形物や画稿の生みの親であります。

中学生の頃にガツンとやられて、多大な影響を受けたのですが、この話は長くなるのでスキップしましょうか。自分語りになっちゃますし。



それはともかく、このフィギュアを見た時から、これの表紙がやりたかったんですよね。みんな考えることだとは思いますが。

最初は色味もバッチリ合わせようと思っていたのですが、結果的に全く違う物になりました。まぁ、どっちにしても旧ニットー版デカールは手持ちに無いため完全再現できないのです。

SAFS_01.jpg
6月15日に秋葉原コトブキヤで行われた、横山先生のサイン会におじゃまして、ネームプレートにサインをいただきましたのですよ。感無量だなぁ。中学生の自分に教えてやりたい!

SAFS_03.jpg
フィギュアの方は、少々足が短いようだったので、1cmほど延長したほかはそのままです。帽子の留め金くらい自作すればよかった気もしますね。サイン会に間に合わせるために急いて作業した結果ですが。作り足してやるのもいいなー。どうしよっかなー。

SAFS_04.jpg
S.A.F.Sの方は完全にストレート組み。いつもやる関節固定にシーリングや、パイプ類の交換などもやっておりません。カラーパターンも、指定通りにするのは何気に初めてかも。たまには素直に組むのもいいですよね。

SAFS_05.jpg
とはいうものの、正面のベロマーキングは旧キットが無いので手書きとなりましたが。あと、アンテナパーツを市販のAFV用のものを設置。カメラ類にクリアジェルを垂らしたくらいです。そういうことする前にもう少しきれいに合わせ目とか消せよという話ですが、まぁいいじゃないですか。

SAFS_06.jpg
塗装は、下地マホガニーの上から、クレオス製カラーセット「みるきぃ☆ぱすてる」を使用。グレーなどを混ぜ込んでかなり彩度を落としたつもりだったんですが、思いのほかみるきぃに仕上がりました。さらに上からエナメルのサンド系をまぶしたり、錆タレを書き込んだりして終了。表紙の等身大モデルにあわせて、チッピングなどは今回やりませんでした。工作も含めて全体的にあっさり目の仕上がりとなりましたが、こういう作り方も楽しいですよね。

SAFS_00.jpg
今回、素直に組むというのがテーマではありましたが、設定どおりのカラースキームでも、色味や彩度明度の変化でけっこう面白味が出せるものだと思ったのが収穫でした。変化させたというよりは、変化しちゃったんですけどね。まぁそういうところから出るのがオリジナリティなんですよとうそぶきつつ、今回は以上で!
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
07, 2013 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。