疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
22

Category: 1/48 SAAB J29

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/48 SAAB J29 Tunnan


2013年6月9日完成
AZmodel製 1/48 SAAB J29 Tunnanです。

title_02.jpg
サーブ 29 (SAAB 29) はスウェーデンの後退翼ジェット機である。同国の航空機・自動車メーカーであるSAAB(Svenska Aeroplan AB:「スウェーデン航空機会社」の略)によって開発された。胴体が膨らんだ特徴的なスタイルをしていることから、トゥンナン(樽の意味)という綽名がつけられていた…と、ここまでWikipediaの引用ですが。

J29_14.jpg
機体については全く知識はありませんでしたが、模型屋の閉店セールにて特価だったことと、愛嬌のあるスタイルが気に入って購入。箱を開けてびっくりしたのですが、いわゆる簡易インジェクションというんでしょうか、ヌメっとしたレジンパーツがごろんと入っており、プラパーツもざっくりとした作りのものが入っております。普段、タミヤだハセガワだと甘やかされている自分に完成させることができるんだろうかと不安になりました。

ただまぁ、パーツの形状は良さそうだし、キャノピーはちゃんと透明プラパーツだし、なにより知人が先に完成させているのを見ているので、まぁなんとかなるんだろうと。

実際、組んでみると驚くほどスムーズに形にすることができました。

J29_title3.jpg
嘘だけどな! パーツの取付ガイド的なものはほとんど無く、説明書と実機の写真を見比べながら、正しい位置を探りつつ組み立てるのに大変苦労しました。出来のよさそうなキットを選んで買ってきていた自分には正直荷が重く、途中で何度窓から投げ捨てようかと思ったことか。

J29_001.jpg
まず悩んだのは、コックピット周りです。取り付けガイドが無いばかりか、固定するダボ的なものも全く無いので、いそじマさんのアドバイスに従い機体の片側に固定。同時にオモリを仕込みつつ、5mm角プラ棒で桁を作ってなんとか固定します。しかしこれ完成した後で実機と比べてみると、ちょっと位置が低すぎましたね。

あと、コックピット前部のカバー(?)部分なんですが、パーツは用意されているのに取り付け位置ががらんどうで宙に浮いてしまうという不思議。なので、これもプラ板で固定するためのベースを用意しました。

J29_002.jpg
そうこうしているうちに、なんとか胴体貼りあわせ。組み付けてしまえば、コンソールのエッチングが精密でちょっと嬉しくもあります。レジンパーツとの精度差が気になりますが。どうせキャノピー閉めたらロクにみえやしないんですが。

J29_004.jpg
機体写真を見ていると、前部のパネル部分に互い違いの丸リベットがあって、ちょっと面白いので再現しました。最も、機体上部のモールドが、成形時に消えてしまいましたので、どっちにしても再現する必要があるのです。

J29_003.jpg
リベット打ち専用ツールなども市販されておりますが、今回は真鍮パイプを使って再現します。パイプさえ変えれば、色々なサイズを打てますしね。

まず、細めのパイプを先が鋭角になるように削ってピンバイスにかまします。それを機体に押し付けるようにすればあら簡単、丸リベットの完成です。この時、回転させるように押し付けるとずれてしまうので、印鑑をしっかり押し付けるようにまんべんなく力を入れるといい感じです。確か自分もどなたかのWebページで見た方法なのですが。

J29_01.jpg
はい、完成~って、間を飛ばしすぎだろ。すみません、全然写真を撮っておりませんでした。

この後の悩みポイントとしては、主翼の取り付けです。主翼の厚みと、基部の厚みが合わないので、入念なすり合わせが必要です。自分はサボったので、あとでエポパテで修正してしまいました。翼は機体にイモ付け接着する作りでしたが、本来なら金属腺などを貫通させたほうが強度があって良いかもしれません。

J29_02.jpg
あと、キャノピー周りも段差が目立つのと、機首へのラインが実機と違うようだったのでこれもエポパテで修正。普段ストレート組みばかりなので、飛行機を作るのにこんなにパテを使ったのは初めてです。

J29_03.jpg
その辺りが工作の山場でしたね。後は、虫ピンとパイプでピトー管を置き換えて、翼端灯を透明樹脂に置き換えたくらいです。紫外線ジェルクリアってやつ。これは便利アイテムで、ゼリー状の樹脂を盛った後は紫外線をあててやるだけで透明度の高いパーツができあがるという。今回、削りとかは一切なしで盛っただけです。

J29_04.jpg
塗装は、今回Mrカラーの8番銀をエアブラシにて吹付け。その上から色味の違うパネルを筆で塗り分けつつ、全体にヘアラインが見えるように調子を整えてやりあmした。あんまりうるさくない程度に味を出せたんじゃないかと思います。エンジン周りや機首パネルなど、一部にメッキシルバーNEXTを使用しましたが、上からレタッチして結構メッキ感を落として周りと馴染ませまたりもしました。

J29_06.jpg
デカールがまた良い出来で、発色もよくしっかりしたものです。機体の作りがアレだっただけに、逆に腹ただしかったりして。しかし、国籍マークがデカイですよねスェーデン。鮮やかすぎるので、上からエナメル塗料などでちょっと抑えました。

J29_07.jpg
銀色機体は太陽光が映えますねって今回長くて申し訳ありません。苦労しただけに、写真が多いんですよ。あ、そういや機首の機銃部分も真鍮パイプに置き換えました。たいした話じゃなくてスミマセン。

J29_15.jpg
こんな写真も撮っちゃったりして。翼の端っこを持って撮影したのですが、良く考えたら翼はイモ付けなんでとても危ないですね。オモリとレジンパーツで結構重いんですよこれ。壊れなくてよかった。

手間のかかるキットでしたが、それだけに完成した時のうれしさはまた格別ですね。こうして振り返ってみればたいした苦労でもなかった気もしますし。作ってる最中に「もう一生タミヤのキットしか組みたくない」と思っていたのも事実ですが。

とまぁ、えらく大げさに苦労を騒ぎ立てましたが、この程度のことは一般モデラーのみなさんは普通にやっているような気もしますね。ともあれ自身はもっとゆとりモデラーでありたいと思いつつ、本日は以上で!

  




スポンサーサイト
web拍手 by FC2
16

Category: 1/72 P-51D

Tags: P-51  エアフィックス  

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 P51D MUSTANG


2013年6月2日完成
エアフィックス製 1/72 P-51D MUSTANGです。

P51_Title.jpg
ギャラガファイターも完成して、いよいよかねてから苦戦していたJ29が塗装できる状態になってきたのですが、しばらく飛行機を塗っていなかったので、塗り方を忘れてしまいました。また、今までやってきた銀塗装の表現方法に、ちょっと疑問を感じていたところでもあったので、実験がてら一機仕上げてみることにしたのです。そういう時には、そう。エアフィックスの出番です。

P51_box.jpg
真っ赤な箱にイカしたイラストが制作意欲をそそるエアフィックス。去年発売されたP-51Dは新金型ということもあって、モールドもシャープ。スジ彫りはいつもどおりちょっと深めですが、その分埋まる心配もないのが逆に嬉しいところです。

P51_01.jpg
いつものフィギュアだけでなく、下がり状態のフラップも選べたりしてバリュー感たっぷり。後部キャノピーは、フレームが別パーツになっており、塗り分けも簡単。これで1000円でお釣りが来るなんて、イギリスに足を向けて寝られません。

P51_02.jpg
工作と言えるようなことはしておりませんが、機銃に真鍮パイプを埋め込んだのと、アンテナ支柱を潰した真鍮線に置き換えて、ストッキングのアンテナ線を張ったくらい。あと、ドロップタンクのリップ部分を伸ばしランナーで追加しました。

P51_03.jpg
銀塗装は、今まで色々と試して来ましたが、なかなかしっくりときませんでした。パネルごとの質感や金属感をの表情を盛り込みたいと思い、筆塗りを基軸にしてみたのはいいのですが、特に小スケールだと表現がオーバーすぎることが多いような。

P51_04.jpg
ということで、今回は控えめな表現を目指しました。

→黒で下地作り
→Mrカラーの8番銀をエアブラシ
→一部のパネルを、色味を替えた8番銀を筆塗り
→赤と黄色の部分を、ファレホアクリルで塗装
→ウォッシングとスミイレ

といった手順です。機体表面の表情もそこそこついたし、このくらいが丁度いい落とし所かなという気もしています。でもちょっとおとなしいかなー。もうちょっとヤンチャに塗りたい気分もありますね。

P51_05.jpg
なんだかんだで、1週間弱程度で完成させることが出来ました。1/48のボリュームも良いですが、1/72の手軽さはまた格別ですね。

飛行機模型は、コックピットを先に仕上げなくてはいけないのに躊躇するという意見も聞きますが、逆にコックピット部分を小さな単体の模型だと考えれば、ひとつのキットで2回も完成の喜びを感じられてとても良いと思うのですよ。やっぱり飛行機模型は楽しいよなぁ。ということで、本日は以上!

 
web拍手 by FC2
11

Category: N/N ギャラガファイター

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】ノンスケール ギャラガファイター


2013年5月21日完成。
WAVE製 ノンスケールギャラガファイターです。

ギャラガと言えば、中村製作所ことナムコの名作シューティングゲームです。ずいぶん昔のゲームで、2011年に発売30周年を迎えました。そんでもって、その記念として特設サイトに、横山先生の描かれたBDが公開され、そのデザインをベースにしたキットがこちらです。
GARAGA_title.jpg
ゲームは16*16くらいのドット絵だったのですが、上面から見たシルエットは崩さずに有機的なラインが魅力的なデザインに生まれ変わりました。カッコいいよなぁ。

GARAGA_07.jpg
キットは、いまどき珍しいくらいのパーツの少なさで、部品状態で機体のシルエットがわかるナイス分割。パーツ状態で完成形の想像ができるというのは、思いのほか製作モチベーションが上がります。

実際、やる気云々は置いておいても、合わせ目処理や切り出しを含めても1時間ちょいくらいで組みあがりました。このくらいで組めると、塗装を十分に楽しめることができるし、作る人間のことが考えられた良いキットだと思います。

GARAGA_05.jpg
今回製作は、イエローサブマリン溝の口店様主催の、Ma.k.多摩川ミーティング#4にて、展示会内ミニイベントとして、ギャラガファイターを持ち寄って沢山合体させようという企画に参加するため、平日4日ほどで仕上げてみました。

GARAGA_03.jpg
普段、あんまりタイムアタック的に模型を組むことはしないのでどうなることかと思いましたが、キットの組み立て易さに助けられてなんとか完成しました。といっても、以前に電飾を仕込もうと機首センサー部分をくりぬいて、パーツの切り出しは終了した状態だったのですが。(電飾はその後面倒くさくなって放置しておりました)

GARAGA_02.jpg
塗装手順としては以下のとおりです

→クレオスの黒サーフェーサー吹き
→シリコンバリア
→筆塗りで陰影を強めにつけつつざっくり塗装
→エアブラシで筆跡を消す
→表面をゴリゴリ削ってチッピング
→クリアコート
→デカール、スミイレ、ウォッシング

作業が平日だったこともあり、それぞれの工程に1時間づつくらいの時間しか描けられませんでしたが、いやーなんとかなるもんですね。

GARAGA_08.jpg
おかげで無事合体もできました。2日目にはもう少し機数も増えていたのですが、写真を撮り忘れていました、なにやってんの!

GARAGA_04.jpg
あとは開口していた機首センサー部に、クリアパーツ的なものを仕込んだのと、これまた機首の機銃っぽい部分に金属パイプを埋め込んでいましたそういえば。

やー、やっぱ模型はさっくりと
完成させるのが一番ということで、本日は以上!
web拍手 by FC2
08

Category: 1/20 ビッグ・マイク

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 武器商人ビッグ・マイク


2013年4月29日完成
mdsp製参拝フィギュア 1/20武器商人ビッグ・マイクです。

BGM_TITLE.jpg
2013年2月のワンダーフェスティバルにて購入させていただいた、midoujiさん原型のレジンフィギュアです。

BGM_000.jpg
高級スーツのシワ具合も素晴らしい人形ですが、なにより太った黒人のフィギュアとか見たことないですからね。即購入です。以前塗ったブラック・スワンと並べてみましたが、似合うな~。ボス&ボディガードって雰囲気ですね。

BGM_001.jpg
塗装は、今回も全てファレホカラーです。アフリカ系の肌の再現に苦労するかな、と意気込んで写真を集めたりしたのですが、意外にそれっぽくなって安心あんしん。マホガニー系のこげ茶で塗ってから、シャドウ用の肌色でハイライトをおいてみました。

BGM_002.jpg
最近フィギュアを塗っていて思うのは、陰影の強調もいいんだけど、それより部位による肌の色に気をつけたほうがそれっぽいんじゃないかなと。たとえば頬の赤味とかですかね。この人だとあんまり関係ないですが。

BGM_003.jpg
あとは、肌の盛り上がった部分などは皮膚が引っ張られるので、ちょっと色が薄くなったりするのがアフリカ系肌独特なところだった気がします。耳の端なども、肌が明るめになってたりして。ハイライトと似ているので、ざっくり塗ってもあまり差はないと思うのですが、気にしてから色を選ぶと生気が出るんじゃないかなーって。こういうのはほら、気持ちですからね。

BGM_101.jpg
スーツは、派手な色で塗ることも考えたのですが、やっぱりオーソドックスに黒ベースで仕上げ。といっても、結構明るめのグレーで塗っております。部分的に赤味や青みを加えて、色が単調にならないようにしたり。気持ち気持ち。

BGM_005.jpg
いままで塗った参拝フィギュアを並べてみます。タイムボカン的でもありますな。独特な世界観でいいな~。

完成してからブログにアップするまで、ちょっと間が開いてしまいましたが、そういうこともあるのです。それでは、本日は以上で!

プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2013 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。