疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
20

Category: 1/35 アーケロン

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/35 アーケロン


2013年1月20日完成
1/35 アーケロン(WAVE 1/20アーケロン改造)
35ark_title.jpg
昨年末に電撃発売された、WAVE製1/20アーケロンを改造して、オリジナルの1/35アーケロンにしてみました。なにを言ってるんだかよくわかりませんが。

35ark_00.jpg
こんな感じにしてみたのです。(以下も含めて写真クリックで拡大)

よく横山先生が1/144のキットを改造した物に1/48などのフィギュアを絡ませて、「大きめのフィギュアを載せるとカッコよくなるの法則」などと仰っておりましたが、その逆をやってみようと思ったのです。

当初は1/72フィギュアを載せて、ガンダムサイズの巨大ロボに仕立てあげるという構想でしたが、1/35スケールのフィギュアやアクセサリの充実度に惹かれてこのようになりました。あと、MXテレビで未来少年コナンの再放送が始まったのも影響しておりますね。ぶっちゃけロボノイド。

IMG_1888.jpgIMG_1890.jpg
と言っても「外骨格パワードスーツにコックピット据えて人が乗り込んでいる」という違和感は残したいので、アーケロンのパーツや構成はなるべく活かすことを考えます。下半身は定番の関節詰め+幅増し。ヒザ、モモ、足の接着面に1.2mmプラ板を挟んでいます。モモパーツに関しては、関節だけでなく横に切ってこれまた1mmほど詰めました。

あと、背中が垂直になるようにプラ板とパテでラインを修正。本体のシルエットをいじったのはここだけですね。

IMG_1902.jpgIMG_1909.jpg
操縦席のダッシュボードや椅子などをプラ板で追加して、各部にもちょこちょことジャンクパーツを貼り付けたあと様子見。左手レーザーも作業アームかなにかに変更したいけどめんどくさいなーと思っておりましたが、やっぱり手先だけでも作ることにしました。丸角のプラ棒を組み合わせてでっちあげてみます。

見ての通りひどい精度なのですが、溶きパテ塗って塗装して、汚しなども入れてるうちに気にならなくなるものです。ダメだったらまた作りなおせばいいんだし、こういう所で精度出せなくて作業止めるとかはもっと上手くなってからにしたいと思うのです。そういう作り方をしてたらいつまでたっても上手くならないのではとかいうのやめて。今はやめて。

35ark_01.jpg
ということで完成です。足の甲やヒザなどに、乗り込み時に使いそうなステップを追加しております。フィギュアを並べて「ここに足をこうかけてよじ登る…」などと考えながら追加するのは楽しいですね。ヘッドライトは1/35バイクのキットから。ちょっと左右どちらかに寄せたほうが良かったかもしれない。

35ark_02.jpg
背中から荷台を生やして、タミヤのキットからジェリカンや荷物バッグを載せてやります。OVMとしてスコップなども貼り付けてやると1/35っぽくなるかもしんない。

35ark_03.jpg
唯一の武装である機銃も、タミヤのSASジープから。色々流用してやるぜと意気込んで買ったのですが、コレとジェリカンしか使いませんでした。普通に仕上げてやるか。ドラゴンからキット出たけど。

35ark_04.jpg
弱そうにしたいので、コード類も一回り細いものにしてみました。しかし、こうしてみるとアーケロンを使った意味があんまりないですね。まぁ、最初はAFSを使おうとしていたので、どっちでもいいっちゃいいんですが。

35ark_06.jpg
久しぶりに1/35のフィギュアを塗ると、難しいですね。瞳とか塗るの無理って感じ。本体はグレー系単色と決めていたので、人形は明るめの配色で塗装しました。コレが目立たないと意味ないですしね。肌色とベージュの衣装で、人間が乗っているということをアピールしまくりです。

35ark_07.jpg
塗装は、AFVで流行っているカラーモジュレーション技法の考えをもとに、筆塗りでそれっぽくしてみます。大雑把に言えば、同一面に対して明暗のグラデーションを強めにつけるという解釈。あとは、上下だけではなく斜めにグラデーション方向を置くとか、面の交わるところに明度差をつけるとか、自分の理解ではそんな感じなんですが、間違ってたら教えて!

35ark_08.jpg
Vカラーで下塗りした後、ベースとなるグレーを塗装。そのあと、適当に白や濃いグレーを混ぜた色を、グラデーションになるように伸ばしつつ塗りつけます。色が剥げて下塗りが露出したら、その部分は後でレタッチすることにして気にしません。

35ark_09.jpg
わざわざ「カラーモジュレーション」などと言わなくても、面の向きや高さによる明度変化は普段からやっているといえばそうなんですが、ここまで明度差をつけることはしていませんでした。やってみると、思ったより違和感もなく、模型としての存在感が高まったような気がしてイイですね。

35ark_05.jpg
そいや、人間載せたら全然見えなくなりましたが、操縦席もそれなりに作ったんですよ。や、あんまり見えなくなるのは想定していたので、それなりの作りといえばそうなんですが…ってどっちの意味のそれなりなんだよ。しかし、もう少し見えるかと思いました。


ということで一発ネタくさいアレですが、やってみると意外にカッコ良かったし、Ma.K.作りたい欲、AFV作りたい欲、ウォーカーマシン作りたい欲などが同時に満たされて、なおかつオリジナルをやっている気分にもなれてお得なモデリングでした。これはきっと流行るんじゃないですかねと一方的なことを呟きつつ、今回は以上で!

   

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
20

Category: 完成品目次

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

2013年完成品目次


完成数:31個

【WWIIの航空機】
icon_050.jpg
2013年1月5日完成
サイバーホビー製 1/72 SB2C-4ヘルダイバー


icon_051.jpg
2013年1月6日完成
長谷川製作所製 1/72 18試陸上爆撃機 連山


icon_054.jpg
2013年3月2日完成
ファインモールド製 1/72 零戦二二型
タミヤ製      1/72 零戦五二型


icon_057.jpg
2013年3月15日完成
エアフィックス製 1/72 スピットファイアMkIa


ICON_066.jpg
2013年6月2日完成
エアフィックス製 1/72 P-51D MUSTANG


ICON_072.jpg
2013年9月2日完成
タミヤ製 1/72 IL-2 シュトルモビク



 【戦後の航空機】
icon_053.jpg
2013年2月2日完成
エデュアルド製 1/48 MiG-21BIS


ICON_067.jpg
2013年6月9日完成
AZmodel製 1/48 SAAB J29 Tunnan


ICON_069.jpg
2013年6月27日完成
フジミ製1/72 F86F40 SABER


ICON_075.jpg
2013年9月26日完成
ハセガワ製 1/48 J35ドラケン(フィンランド空軍)


ICON_079.jpg
2013年12月15日完成
ハセガワ製 N/N たまごひこーき Su-33 フランカーD




 【マシーネンクリーガー】
icon_052.jpg
2013年1月20日完成
1/35 アーケロン(WAVE製 1/20アーケロン改造)


icon_059.jpg
2013年3月31日完成
1/35P.K.A.(NITTO製 1/20P.K.A.改造)


ICON_068.jpg
2013年6月16日完成
WAVE製 1/20 S.A.F.S
立川教材製レジンキット 1/20横山先生


ICON_074.jpg
2013年11月10日完成
スクラッチ 1/20 反重力フライングボード「ビーネ」
ホネミッツプロダクト製 1/20 女性素体


ICON_076.jpg
2013年11月2日完成
1/20 ラプーン(wave製 1/20ラプター、1/20ラクーン)



 【フィギュア】
icon_055.jpg
2013年3月9日完成
mdsp製レジンキット 1/20 BlackSwan


icon_058_.jpg
2013年3月16日完成
統合幕僚地球防衛軍製レジンキット ねこのハリケーン乗り


icon_062.jpg
2013年4月13日完成
ホネミッツプロダクツ製 1/20 傭兵軍女性パイロット


icon_064.jpg
2013年4月29日完成
mdsp製レジンキット 1/20武器商人ビッグ・マイク


ICON_071b.jpg
2013年8月11日完成
DISCOVERY製レジンキット ノンスケール 赤ずきん


 【キャラクター】
icon_060.jpg
2013年4月6日完成
バンダイ製 1/72 コスモゼロ α2 [山本機]


icon_063.jpg
2013年4月27日完成
バンダイ製 1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット


ICON_065.jpg
2013年5月21日完成
WAVE製 ノンスケールギャラガファイター


ICON_073.jpg
2013年8月13日完成
アオシマ製 1/600 ギラン・ドゥ


ICON_077.jpg
2013年12月8日完成
ハセガワ製 VF-25F



 【AFV】
icon_061.jpg
2013年2月11日完成
タミヤ製 1/35 イタリア中戦車 M13/40 カーロ・アルマート


ICON_078.jpg
2013年11月24日完成
タミヤ製 1/35 陸上自衛隊10式戦車



 【艦船】
ICON_070.jpg
2013年7月21日完成
ペガサスホビー製 1/144 ノーチラス号

web拍手 by FC2
07

Category: 1/72 連山

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 18試陸上爆撃機 連山


2013年1月6日完成
長谷川製作所製 1/72 18試陸上爆撃機 連山です。
renzan_00.jpg

ちょっと人に頼まれまして、バタバタと完成させてしまいました。組立と塗装はほぼ1日で済ませたのですが、それ以前のキャノピーマスキングをちまちま1週間くらいかけて行っていたのです。いや、これが面倒で集中力が続かなくって…。


renzan_01.jpg 
そもそも、キット自体がかなり古く、初版は40年以上前に発売されたようです。パッケージカッコいい!


renzan_05.jpg
これが初版かどうかは不明なのですが、マニュアルの記載が長谷川製作所だったりして、かなり近いのではないかと。プラも劣化しているのか、しなりがなくてパキパキと折れてしまいますし、もちろんデカールなんかも死んでおります。


renzan_04.jpg
全面凸リベットが細かく入っており良い雰囲気なのですが、合わせ目処理で消えたところを復活させたり、各所をディテールアップしたりしていると、完成しないことになるのは間違いない。依頼も、とにかく形になっていれば良いとのことで、ここは40年の歴史に敬意を表して、ストレート組みでキットの味わいを確かめることにします。しかしデカイ。


renzan_06.jpg
机の上にも乗りゃあしない。塗装は今回はじめての試みで、基本色のグリーン系とホワイト系をエアブラシでざっくりと吹いてしまい、その上から筆塗りでタッチを加えるやりかたにしてみました。なにしろデカイから下地を隠蔽するのに筆でなんども塗り重ねるのはゴメンです。


renzan_02.jpg
したら、思いのほか早く塗りあがりました。まぁ普段でさえ荒っぽい仕上げが、よりワイルドさを増した形で反映されてしまったのですが。でもあれですよ。キットのおおらかさと、大胆に削り取られたリベットなどと比べると、そのくらいのほうがトータルのバランスがいいんじゃないですかね。


renzan_03.jpg
という言い訳ですが。それにしても、巨大な機体にビシバシとタッチをつけていく過程は面白かったです。ちなみに、かなりのテールヘビーで、手持ちのオモリを全部機首に仕込んでも尻もちが治りませんでした。なので、この際オモリは全て外してアルミ線を乱暴に曲げた補助具で支えることに。

自分でも引くくらいの乱暴な仕上がりでしたが、古いキットをそのまま組むのもたまには良いものです。小学生的な衝動モデリングというか。普段とあんまり変わりない? …それは否定できませんが、模型なんかどんな形であれ、完成すれば勝ちなんですよとうそぶきつつ、本日は以上で!
web拍手 by FC2
05

Category: 1/72 ヘルダイバー

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 SB2C-4 ヘルダイバー


2013年1月5日完成
1/72 サイバーホビー製 SB2C-4ヘルダイバーです。

HELLDIVER_00.jpg

今年の冬休みモデリングはこいつです。
WWIIに活躍した米軍の急降下爆撃機SB2Cは、空母のエレベーターに載せる都合上、機体のサイズの割に前後が寸詰まり気味の体形なっており、安定性はあまり良くなかったと、wikipediaさんがおっしゃっております。

ヘルダイバーといえば、急降下爆撃時に展開する、穴あきのダイブブレーキが特徴的です。ということで、その状態を再現するようなディスプレイをすることを目標に作ってみました。

そのためには、飛行姿勢での完成、パイロットの搭乗、プロペラの回転、この3点を実現します。実現ておおげさな。

HELLDIVER_01.jpg
飛行姿勢は、脚を作らなくて良いくらいですが、足カバーのかみ合わせが悪く、それなりに削って調整する必要がありました。メーカー側でも飛行姿勢ってあんまり想定していないような気もします。パイロットも付属していないし。

HELLDIVER_02.jpg
そう、パイロットも付属してないんですよ。しょうがないので、エアフィックスの1/72ヘルダイバーを買ってきて、付属のパイロットをスカウトしてやります。エアフィックスのキットはかなり昔のもので、機体の出来はかなりおおらかなものではありますが、フィギュアは時代を感じさせられない完成度。さすがです。800円くらいで買えるし、エアフィックスは最高だな。

HELLDIVER_03.jpg
ディスプレイベースは、10cm幅のアルミ板です。機体との接続はソケットで行なっているので、いつでも外してブンドドできます。ブンドド中にプロペラが回転しないのは残念ですが、電池の入れ替えやスイッチのオンオフが手軽なのは外装式の良い所。

HELLDIVER_04.jpg
プロペラを回転させるためのモーターは、秋葉原の電子部品ショップで買ったもの。100円だったかと思います。抵抗などはつけていないため、えらい勢いで回転します。もっとゆっくりでも良かったのにな…。というか、接続する前にもっと試しておけという話ですな。いつものことですが。

HELLDIVER_05.jpg
裏から見るとこんな。単3乾電池1本で、電池ボックスはアルミ板にホットボンドで固定しております。激しいショックを与えると取れてしまうんですが、もっといい固定方法はないものか。

HELLDIVER_06.jpg
塗装はラッカー筆塗りによる退色表現を行なってみました。このスケールだと、なかなか筆目を活かすのは難しくて、どうにも満足できる出来になりません。おとなしくエアブラシを使うのがいいのかなー。でもなー。


キットに関しては、コックピット周りは繊細で、スジ彫りも細かく、エッチングパーツなども付属しているあたりは満足度高いです。でも、相変わらず説明書に間違いが多い上に、似た形状のパーツを使ういかにも間違いそうな箇所にミスがあるため、まったくもって油断がなりません。パーツの接着箇所も曖昧だったりするし。

まぁ、そのたびにすりあわせたり仮組みしたりするのも模型製作の醍醐味かもしれません。あ、でも以前作ったヘルキャットと比べて、デカールの量が少なかったような。コーション類は一切無かったし。実機もそうなんですかね?

そういえば、写真だけだとアレかと思って、プロペラ回転動画も撮ってみたんですよ。どうでしょうか。

ひさしぶりに飛行機を作ったためか、細かいミスもたくさんしてしまいましたが、模型作りはそういうもんじゃないですかねと、問題を全体的なものに広げて曖昧にしてしまう発言で新年からそれで良いのか感を漂わせつつ、今回は以上で!

みなさま、今年もよろしくお願い致します。
web拍手 by FC2
01

Category: ファルケ祭り

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 4  Trackback 0

新年ファルケ祭りの記録


2013年1月6日追加
2013年1月20日追加

ということで、年末にtwitter上にて #新年ファルケ祭り のタグをつけてアップされたファルケ写真の数々。せっかくですので記録のためにアップさせて頂きます。掲載が困るという方がおりましたら、お手数ですがご一報いただければ対応させてもらいますので、よろしくお願いします。

@sjkimura01.jpg
@sjkimuraさん
付属の男女パイロットをニコイチして、女性搭乗員にしてしまうというアイデアに脱帽です。

@ork52_0.jpg
@ork52(自分)
なんだか結果的に、自分だけたっぷり時間をかけた感じになってしまいまして申し訳ない気持ちでいっぱいです。

@iso_isojima04.jpg
@iso_isojimaさん
お揃いのヘルメットもさるモノながら、女性パイロットの衣装を変更するというエロ小技が光ります。本体の深みのあるカラーもさすがであります。

@momonai_SBR04.jpg
@momonai_SBRさん
【過去作】2012年3月に完成させて未発表だったとのこと。こんなにイカしたファルケを作っておりながら発表しないとは…。ライトグリーン単色なのに、メリハリのついた塗装もすてき。

@chaosugiyama.jpg
@chaosugiyamaさん
【過去作】常にロックなスギヤマさんの、これまたロックなファルケです。ファルケはどんなアレンジでも似合いますね。

@OVER_Q3Q.jpg
@OVER_Q3Qさん
【過去作】米海軍機を思わせる、ブルー系のカラーがカッコイイ。どこかで見た顔のフィギュアが添えられております。

@chike_mokei.jpg
@chike_mokeiさん
【過去作】ファル姉改造フィギュアが二体も添えられたハーレムファルケ。こちらも未発表とのことですが、本体が見切れているあたり、フィギュアがメインということなのでしょうか。全体が見たいな~。

@dai_tsune.jpg
@dai_tsuneさん
【過去作】ホルスタイン柄が可愛い、モテ系ファルケですね。ホワイト部分のタッチが魅力的です。

@pokka_moto.jpg
@pokka_motoさん
【過去作】いつもきっちりディスプレイベースを仕上げてくるポカモトさんの作品ですが、こちらのファルケもトータルのまとまりが素晴らしいですね。

1/4追加分
@Taichi701001.jpg
@Taichi701001さん
【過去作】リベットを1mmスチールボールに置きかえたという、たいちさんの気合が入ったファルケです。製作中に、お子さんにスチールボールをばらまかれたというエピソードも涙を誘います。

1/4追加分
@ryohey_24.jpg
@ryohey_24さん
【過去作】出た~! 実際に演奏もできるスクラッチ(?)ファルケ、「Flying F」だ~! 第7回関東Ma.K.テンジカイに出品されていたものですね。実際に弾いている動画もアップされております。すげぇ。

1/6追加分
@nseman.jpg
@nsemanさん
ギリギリ駆けこみながら、きっちりと作り起こしで参戦していただきました。お正月らしい、赤富士マーキングが決まっています。こういうワンポイントにオリジナルを入れるのもいいですねぇ。

1/20追加分
@kyosuke2011.jpg
@kyosuke2011さん
今回、サンド系カラーのファルケが3機そろいましたが、どれも色味が違っていて面白いですね。下地の色が生かされている感じがカッコイイ!


ということで、ひととおり掲載させていただきましたが、年末休みに入って画像を保存しようと思っていたら、Twitterってあまり過去には遡れない仕様になっていたんですね。もしかしたら取り逃がした作品があるかもしれませんが、その場合お手数ですがもう一度写真をアップしていただければ、こんどこそ逃さず保存させていただきます。まことに申し訳ございませんでした。

また、参加しようと思いつつ2012年末に完成させることができなかった方々も、タグさえついていればその都度写真を追加させていただくつもりですので、最後まで仕上げるといいのではないかと思います。なんてったって「新年」ファルケ祭りですからね。

それでは、泥縄式に始まったイベントではありましたが、ご参加のみなさんありがとうございました!
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
287位
アクセスランキングを見る>>

2
3
4
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01, 2013 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。