疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
11

Category: 1/20 ラプーン

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 ラプーン


2013年11月2日完成
1/20 ラプーン(ラプター偵察タイプ)です。
WAVE製ラプターと、同ラクーンのパーツを組み合わせて制作。

こちらも、第9回Ma.k.関東展示会にて展示させていただきました。

RPOO_title.jpg
SAFSに偵察用のシーカー類を追加して、左腕の武装を取り払ったのがラクーンですが、このたびWAVEから新製品として発売されました。しかも、関東展示会の直前。

なるほど、これは明らかに挑戦ですね。ということでそのような挑発に乗ることにしたのですが、おそらく同じように挑発にのる方たちが大勢いると思われますので、せっかくなのでラプーンにしてみました。SAFSの偵察タイプがラクーン、ラプターの偵察タイプがラプーンですね。

製作期間は、工作に平日2日、塗装に休日を丸一日使いました。


RPOO_02.jpg
とはいえ、基本的にラプターにラクーンのシーカー類と左腕をもってきて、パイピングを行うだけの簡単工作。「マシーネンクリーガーグラフィックス」に掲載されれている作例などを参考に制作しました。

あと、自分は忘れていたのですが、胴体左側のレーザー動力ユニット的な部分は、潰してやるのが偵察型の作法のようです。穴だけリベットでふさいでシカトこいてましたよ。


RPOO_01.jpg
下半身を中心に定番的な工作も行いました。モモとヒザを1mm幅増しして、関節をアルミ線に置換して重心下げ。エポパテで関節シーリング。こんなものでしょうか。

思ったより工作が順調に進んだので、塗装もちょっと冒険してみます。


RPOO_00_20131110182711c6f.jpg
こんなね。びっくりしました? あ、TOPに写真載ってたから別に驚かない? そりゃそうですよね。


RAPN_01_20131110182712df4.jpg
南米に住むヤドクガエルの配色をモチーフに塗ってみたんですよ。なんというか、警戒色っていうの?あのあたりの生き物は、思いもつかないデザインだったりして、ヌメっとしたハッチの形をしたラプター系に似合うんじゃないかと思ったのです。あまりこういう色を塗っているのも見たこと無いから、目立つしね!


RAPN_02_20131110182713058.jpg
まぁ、目立つといっても悪目立ちですかね。展示会会場では、気に入ったと言ってくださる方も何人かいらっしゃいまして、とてもありがたかったのですが、同じくらい「どうしちゃったの?」というコメントもいただいたりして。


RAPN_03_201311101827168cc.jpg
得体のしれない不気味さは出たかと思うのですが、カラーリングのパンチが強すぎて工作が全然目に入りませんよね。


RAPN_05_20131110182716741.jpg
青色は、コバルトブルーやクレオスの色の源を混色しながら使用したのですが、なかなか隠蔽しない上に筆目のコントロールが難しい。初めて青を塗ったわけでもあるまいし、なにを言っているんだとも思うのですが、一気に塗ると路線変更がききませんね。


IMG_4512.jpg
人形もちゃんと塗ったんですよ。ちゃんとと言うとアレですが。青を塗っている途中色々と不安が膨らんできまして、現実逃避にこちらを仕上げていたという側面もありますが。


RPOO_03.jpg
これはこれでまとまっていると言えなくもないんですが、展示会で色々な方の模型を見るうちに、びっくりカラーで塗らなくても魅力的な作品はたくさんあるぞと改めて気が付かされたこともあり、持って帰ってリペイントすることを決意します。

さようなら、カエル色。またいつか挑戦して、こんどはもっと上手く塗るよ。やっぱりやらないかもしれない。


RPOO2_00.jpg
で、塗りなおしたのがこちらです。ずいぶん変わったでしょ。あ、トップに写真が載ってるから知ってた? それはそれとして、どうですかこの安心感。


RPOO2_01.jpg
全体を軽くサンディングして、デカールなんかも軽く剥がした後に、塗り重ねました。色は、シナイグレー(1)に、ガンダムカラーのMSグリーンを適時混色したものをベースにしたもの。下地の青もほんのり出たりして、完全な無彩色でもない風合いです。


RPOO2_02.jpg
あと、今回はがっつりつや消しにしました。普段は、筆目によるつやの幅が好きで、トップコートを吹くことはあまりないのですが、これはこれで良いなと思ったり。吹くか。これからも。


RPOO2_03.jpg
キノコのマークは、たしかアルタイルに付属していたものだったような。今回、色味はこのデカールとパイプのシャァピンクに任せて、認識帯なども入れませんでした。チッピングもやりません。


RPOO2_04.jpg
ラプターって、SAFSに比べるとハッチの盛り上がりや背部の曲線が豊かになっていて、ただでさえ情報量が増していますよね。それにラクーン装備やパイピングを行うことで、かなりごっちゃりした印象になるところが、ラプーンの魅力的なところかと思いました。


RPOO2_05.jpg
デザイン自体の情報量が多いので、塗装はそれなりに抑えたほうが引き立つのではないかというのが、カエル色に塗った後の気付きであります。普通の色を塗っておけば、そもそもそんなこと気にする必要がない? そうかもな!

それはともかく、結果的に幅のあるカラーを短い期間で塗ったことで、いろいろ勉強になりました。勉強になった気がする。塗り直しが意外に楽しいとか。ホントホント。なので、みなさんもどんどん完成した模型を塗り直すといいと思います。

新しい模型を塗ったほうがいいんじゃないかと思いつつ、本日は以上で!

   
スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。