疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
09

Category: 1/20 フライングボード

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/20 反重力フライングボード「ビーネ」


2013年11月10日完成
オリジナルメカ、1/20 反重力フライングボード「ビーネ」です。
FB_blog_title.jpg

第9回、Ma.k.関東展示会にて展示させていただきました。

今回のテーマは、

「廃品利用」
「フィギュア半自作」
「オリジナル」

この3つです。


FB_blog_01.jpg
使っていた髭剃りが古くなっていたので新調したのですが、そのときのパッケージに立派なホルダーがついておりまして、なんかちょっといい感じの曲面構成。これをなにかに使えないか…とおもったのがまずは発端です。

目標は、単なる寄せ集めではなく、しかも誰かの作風にも寄りすぎない。そんなオリジナルメカにしたいと考えました。いきなり大層なことを言い出すぜ大丈夫か。


FB_blog_02.jpg
どういう風にしようかと諸々考えたのですが、四角い板状のパーツなんだから、そのままスケボー的なあれにしてしまえという非常に単純な発想で進めようと決定。とりあえず足場にすべり止めプラ版を貼ってみます。

他のパーツに関しても、ジャンク箱の中で行き場を失っていたF-86の胴体と、F-1のカウルパーツを使用することに。なんというか、用途や仕組みがいまひとつイメージ出来ないまま、形状優先で組み合わせていきます。なにが正解かわかりませんからね。バシバシ接着するんですよ。


FB_blog_03.jpg
とはいうものの、どうもパーツのなじみが良くないというか、かっこ良くならない気がする…。オリジナルの場合はそれなりに手間もかかるので、完成型に自信が持てないと、おもしろいうようにモチベーションが下がります。

普通のキットなら、そもそもカッコ良いものをプラモデルにしている製品なので、最後まで作るとおおむねカッコイイものが出来上がるようになっているじゃないですか。だから地味な工作にも耐えられるわけで。だいたい、このメカはどんなエンジンで動いてるんだよ。燃料は? 操作はどうやるの? なーんも考えてないですからね。

しかし、そこであきらめてたらゴミを増やしただけになりますので、細部の完成度を後回しにして、バシバシと工作を進めていき、フォルムを作るのを優先にします。

FB_blog_04.jpg
なんか全然自信がもてませんが、マシーネンのパーツなどをはりつけて、かっこ良さをおすそ分けしてもらいます。誰かの作風に寄せすぎないとか言っていたような気もしますが、背に腹は変えられません。自分に無いものは、他所から借りてくるのが知恵というものじゃぁないですか。

あとは、塗ったらもうちょっとよく見えるだろう。たぶん。きっと。


FB_blog_05.jpg
ということで、人形もその路線を踏襲します。ワンフェスや、秋葉原イエローサブマリンスケールショップなどで買える、とまそんさん@ホネミッツプロダクツ制作の「汎用女性素体」を使用。深く考えないまま、関節付近をぶった斬り、アルミ線でつなぎます。

よくよく考えたら、どのくらい切り飛ばすかをちゃんと測ってやれば良かったと思いました。適当にニッパーでもいだので、どのくらいの長さの関節を追加すればいいのかよくわかりません。

最初から人体のバランスがとれている、という素体のメリットを台無しにしてしまいました申し訳ございません。


FB_blog_06.jpg
エポパテでつなぎましたが、ほーら案の定、肩やヒザのつながりがおかしいです。服を着る過程でなんとかしたいと思いつつ、まずは靴を履かせました。衣類は、タミヤの速乾エポパテ(キャラメル色の方)を使用しています。


FB_blog_07.jpg
そしてズボンです。同じようなポーズの写真を探したのですが、いまいち見つからなかったので、シワ等は割と適当につけてしまいました。慣れてないくせにリサーチをサボるわけですから、作っている最中の不安感が半端ありません。

しかし、芯にはちゃんと肉づいた女性の肢体が入っているわけですから、そのあたりが適当でも大きくブレることはなく形になりそうです。まったく素体様々です。


FB_blog_08.jpg
勢いで、上半身のライダースジャケットを作成。ごわついた感じを意識しつつパテを貼り付けていきます。ベルトは、板ナマリを切り出したものと、0.3mm真鍮線で作りました。こういう、一箇所でも精密そうな部分があれば、他はけっこうごまかせるのではないかという、狡辛い考えによるものですね。策士!


FB_blog_09.jpg
はい、時間もないのでさっさと塗装します。いつものように、全体をファレホアクリルで塗りました。ズボンの退色感と、ジャケットの革っぽさに注意したつもりです。結果はまぁいいじゃないですか。


FBB_01.jpg
ということで完成です。マーキングは手持ちのマシーネンデカールなどを使用。目のデカールはやめておこうかと迷っていたのですが、友人であるいそじマさんに助言をいただいて、無くすよりもむしろ追加しょうと、手描きでマウスを書き込みました。

結果的に、人形の表情と相まって、楽しそうな雰囲気が増して良かったです。
本当にありがとうございました。


FBB_02.jpg
しかしこうやって写真に撮ってみると、けっこう人形がツヤって見えます。十分につや消しにしたと思っておりましたが…。布の部分にツヤがあるとカッコ悪いですよね。トホホ。


FBB_03.jpg
下面の翼パーツは、エアフィックスのヘルダイバーから。旧キットならではの豪快なディテールなので、モールドを削り落としてやりました。

左右のシールドと、下部の赤外線照射器は、以前の展示会のじゃんけん大会にて頂いた景品です。今まで使わず大事にとっておきましたが、やっとインジェクションでキュスターも発売されるということで、使用してしまいました。


FBB_04.jpg
後部のコイル状の部分は、100均で売られている編み棒に、ビニールコードを巻きつけたものです。こすると塗装が剥げるかもしれませんが、触らない限りは大丈夫です。多分。


FBB_05.jpg
最初は、乗っているお姉さんが、機械につなげた手綱で操作している様子にしようとも考えていたのですが、立たせたらそんなスペースは無く、バランスだけで操縦してもらうことに。ザ・無計画です。


FBB_06.jpg
裏側がスッカスカで、特にメカなども入っておらず、用途が謎なあたりが気になります。一応先端にはガトリングを入れてみました。真鍮パイプを組み合わせた、お手軽なものですが…。


FBB_07.jpg
作る前に上げたハードルを超えられたかどうかはともかく、こうして完成させてみると良い所も見えてきます。途中であきらめたら分からないですからね、やっぱり最後まで作って良かったと思います。

まぁ、作りかけでずっと置いておくのも、傑作になる可能性を凍結しつづけるという意味で悪くないかもしれませんが…ということで本日は以上!

   
スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。