疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
20

Category: 1/35 アーケロン

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/35 アーケロン


2013年1月20日完成
1/35 アーケロン(WAVE 1/20アーケロン改造)
35ark_title.jpg
昨年末に電撃発売された、WAVE製1/20アーケロンを改造して、オリジナルの1/35アーケロンにしてみました。なにを言ってるんだかよくわかりませんが。

35ark_00.jpg
こんな感じにしてみたのです。(以下も含めて写真クリックで拡大)

よく横山先生が1/144のキットを改造した物に1/48などのフィギュアを絡ませて、「大きめのフィギュアを載せるとカッコよくなるの法則」などと仰っておりましたが、その逆をやってみようと思ったのです。

当初は1/72フィギュアを載せて、ガンダムサイズの巨大ロボに仕立てあげるという構想でしたが、1/35スケールのフィギュアやアクセサリの充実度に惹かれてこのようになりました。あと、MXテレビで未来少年コナンの再放送が始まったのも影響しておりますね。ぶっちゃけロボノイド。

IMG_1888.jpgIMG_1890.jpg
と言っても「外骨格パワードスーツにコックピット据えて人が乗り込んでいる」という違和感は残したいので、アーケロンのパーツや構成はなるべく活かすことを考えます。下半身は定番の関節詰め+幅増し。ヒザ、モモ、足の接着面に1.2mmプラ板を挟んでいます。モモパーツに関しては、関節だけでなく横に切ってこれまた1mmほど詰めました。

あと、背中が垂直になるようにプラ板とパテでラインを修正。本体のシルエットをいじったのはここだけですね。

IMG_1902.jpgIMG_1909.jpg
操縦席のダッシュボードや椅子などをプラ板で追加して、各部にもちょこちょことジャンクパーツを貼り付けたあと様子見。左手レーザーも作業アームかなにかに変更したいけどめんどくさいなーと思っておりましたが、やっぱり手先だけでも作ることにしました。丸角のプラ棒を組み合わせてでっちあげてみます。

見ての通りひどい精度なのですが、溶きパテ塗って塗装して、汚しなども入れてるうちに気にならなくなるものです。ダメだったらまた作りなおせばいいんだし、こういう所で精度出せなくて作業止めるとかはもっと上手くなってからにしたいと思うのです。そういう作り方をしてたらいつまでたっても上手くならないのではとかいうのやめて。今はやめて。

35ark_01.jpg
ということで完成です。足の甲やヒザなどに、乗り込み時に使いそうなステップを追加しております。フィギュアを並べて「ここに足をこうかけてよじ登る…」などと考えながら追加するのは楽しいですね。ヘッドライトは1/35バイクのキットから。ちょっと左右どちらかに寄せたほうが良かったかもしれない。

35ark_02.jpg
背中から荷台を生やして、タミヤのキットからジェリカンや荷物バッグを載せてやります。OVMとしてスコップなども貼り付けてやると1/35っぽくなるかもしんない。

35ark_03.jpg
唯一の武装である機銃も、タミヤのSASジープから。色々流用してやるぜと意気込んで買ったのですが、コレとジェリカンしか使いませんでした。普通に仕上げてやるか。ドラゴンからキット出たけど。

35ark_04.jpg
弱そうにしたいので、コード類も一回り細いものにしてみました。しかし、こうしてみるとアーケロンを使った意味があんまりないですね。まぁ、最初はAFSを使おうとしていたので、どっちでもいいっちゃいいんですが。

35ark_06.jpg
久しぶりに1/35のフィギュアを塗ると、難しいですね。瞳とか塗るの無理って感じ。本体はグレー系単色と決めていたので、人形は明るめの配色で塗装しました。コレが目立たないと意味ないですしね。肌色とベージュの衣装で、人間が乗っているということをアピールしまくりです。

35ark_07.jpg
塗装は、AFVで流行っているカラーモジュレーション技法の考えをもとに、筆塗りでそれっぽくしてみます。大雑把に言えば、同一面に対して明暗のグラデーションを強めにつけるという解釈。あとは、上下だけではなく斜めにグラデーション方向を置くとか、面の交わるところに明度差をつけるとか、自分の理解ではそんな感じなんですが、間違ってたら教えて!

35ark_08.jpg
Vカラーで下塗りした後、ベースとなるグレーを塗装。そのあと、適当に白や濃いグレーを混ぜた色を、グラデーションになるように伸ばしつつ塗りつけます。色が剥げて下塗りが露出したら、その部分は後でレタッチすることにして気にしません。

35ark_09.jpg
わざわざ「カラーモジュレーション」などと言わなくても、面の向きや高さによる明度変化は普段からやっているといえばそうなんですが、ここまで明度差をつけることはしていませんでした。やってみると、思ったより違和感もなく、模型としての存在感が高まったような気がしてイイですね。

35ark_05.jpg
そいや、人間載せたら全然見えなくなりましたが、操縦席もそれなりに作ったんですよ。や、あんまり見えなくなるのは想定していたので、それなりの作りといえばそうなんですが…ってどっちの意味のそれなりなんだよ。しかし、もう少し見えるかと思いました。


ということで一発ネタくさいアレですが、やってみると意外にカッコ良かったし、Ma.K.作りたい欲、AFV作りたい欲、ウォーカーマシン作りたい欲などが同時に満たされて、なおかつオリジナルをやっている気分にもなれてお得なモデリングでした。これはきっと流行るんじゃないですかねと一方的なことを呟きつつ、今回は以上で!

   

スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。