疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
22

Category: 1/20 宇宙アーケロン

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 1

【完成】1/20 宇宙用アーケロン ”SMART BALL”


2012年10月21日完成
1/20 宇宙用アーケロン "SMART BALL”(WAVE 1/20 ルナポーン改造)です。
titlejpg.jpg

そもそもアーケロンとは、旧ニットー製AFS発売直後のホビージャパンにて、AFSからの改造作例として横山先生が発表されたものです。発売されたAFSを、小改造でバリエーション機体にできるというニクい企画で、実際「誰にでもできそう」な作成方法なども記載されており、これはいつか造らねばならないなと思った次第であります。


Archelon_001.jpg
さて、あれから30年経過した訳ですが、挑戦しますよアーケロン。でも、ルナポーンしか売ってなかったので宇宙用にしちゃいます。誰でも考えそうだけど、それほど見かけないような気がするですよカメポーン。アーケロンが2機しか生産されていないという設定だからなのかカメポーン。

Archelon_003.jpg
設定はまぁなんとでもなるとして、記事通りにプラ板をはりつけ、パテを盛り付けます。本当にこれで良いのかと自問しつつ、もうあとには戻れない。

Archelon_004.jpg
アーケロンは、丸いような四角いような不思議な形です。基本はAFSのフォルムをトレースしているはずなんだけど、案外そうでもない。まぁ、宇宙用ということでアレしているので、オリジナルと似なくても言い訳は立つかなーなんて甘い考えで進めます。

Archelon_007.jpg
ダンゴ状態だったボディシェルも、ハッチまわりのスジボリをしてやれば、それっぽくなってきて一安心。アンテナや背後パーツは、ファイアボールをイメージできるようにパーツをチョイスしてみました。ファイアボール開発前の技術試験機って感じです。

Archelon_008.jpg
アンテナは、切り出した1mmプラ板のエッジを削ったもの。背後のタンクは、市販のプロペラントタンクパーツを詰めて作成しました。あと、この写真で写っていないノズルは、これまた市販のバーニヤパーツに銅線をぐるぐる巻きつけて作ってみました。最初は陸戦ガンスの余りノズルを2本つけようと思っていたのですが、AFSは背中が思いのほか狭いんですよね。2本をギチギチにつけるより、1本にした方が収まりも良いし、プロトタイプっぽくて良いだろうと。

Archelon_009.jpg
さっそく下塗りを行います。溶きパテをたっぷり塗りつけているので、サーフェイサーの必要はありません。溶きパテも、ヘタしたらほとんど溶かないで塗りつけてますからね。溶かないパテを叩きつけるように塗ることで、表面にテクスチャがつきつつ、細かい表面処理が不要になるという荒技ですよ。っていうか荒く見える技ですよ。

Archelon_010.jpg
そして一回目の塗り。最終的には白単色にしようと思っているのですが、どうせいきなりは発色しないんだから、ブルーグレー系を塗りたくります。この時、パレット上で青を混ぜ込んだ色で、影になる部分を強調するように色を置きます。

Archelon_011.jpg
二回目の塗り。トーンを落とした白を、黄色を混ぜつつ乗せていきます。こうして見ると、前段階とほとんど変わりませんね。塗り重ねとか本当に必要あったのか?

Archelon_012.jpg
あ、いきなりデカールまで貼られてる! 貼ったの俺だけど! いやね、案の定白が発色しないので夢中で塗り重ねていくうちに写真を取り忘れていまして。あと、前回の写真で進捗が見えなかったので、あまり細かく撮っても無駄かなーって。べつに技術参考系のブログでもないからいいか。いいよね。

Archelon_013.jpg
ということで完成したので、ベランダで撮影。塗装の話に戻りますが、ライトグレー系を面相筆でちまちま塗っていたのですがらちがあかなかったので、軽くエアブラシで塗装面を整えてみたりしてみました。そのあと、ファイアボールのオリジナルモデルを意識して、影やエッジの部分にイエロー系を薄めたラッカーで筆塗りしました。

Archelon_014.jpg
上面のハイライトや、凸部などに最も明るい白を置きたかったので、最後にファレホカラーを置いてなじませました。ユーロモデラーのような、陰影の美しい塗装を実現したいのですがまだまだですねぇ。プラモ留学するか。

Archelon_015.jpg
しないけど。背面ラジエータパーツは、タミヤフェスタで購入したバイクのランナーからの流用。バイク模型はカッコイイパーツがたくさんあって良いですねぇ。あと、関節は全て固定で、エポパテでシーリングをしております。あ、見ればわかりましたか?

Archelon_018.jpg
右手も、もうすこし表情を変えようかとも思いましたが、キットのままでも十分カッコイイのでそのままです。そういえば書き忘れていましたが、モモとヒザは1mmプラ板を挟み込んで幅増ししております。新AFSキットの定番改造ですよね。

Archelon_019.jpg
なんだかんだで、ほぼ1週間で仕上がりました。思ったよりも全然手間がかからなかったので、みんなもアーケロンを作ると良いと思いました。アルタイルの後だけに、パーツも少なくて組みやすかったし。


Archelon_101.jpg
ちなみに、これは先週のホビーショーで展示されていたオリジナルアーケロン。ニットー版ベースなので、けっこう太ましい感じ。

さて今年も残り少なくなってきましたが、もう少しマシーネンに集中したいと思っております。関東展示会も近いし。ということで、本日は以上で!
スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。