疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
15

Category: 1/600 ドグ・マック

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/600 ドグ・マック


2012年8月14日完成
アオシマ 1/600ドグ・マックです。

dog_300.jpg
製作過程
ドグ・マック(1)
ドグ・マック(2)
ドグ・マック(3)

というわけで、酒餅3も無事投票開始ということで、こちらでも公開させていただきます。1/600と言いつつ、自分の中では1/72くらいの気持ちで作っていきました。そんな艦船模型みたいなスケールで、どう仕上げれば良いのかわからないしな!

dog_301.jpg
前回からの進捗としては、開きすぎていた脚をちょいとすぼめて、腕パーツを作って工作終了。腕はネオジウム磁石で脱着可能にしてみました。小さいパーツと金属線の組み合わせなので、それほど時間もかからずサクサクっと形になりました。

右手のムチパーツは、アッグガイのような先細りの素材を探してみたのですが見つからず、結局スプリングに金属線を通したものにしてしまいました。ヒートロッド界にブレイクスルーが起こるのを待つしかありません。先端は、市販のガンプラ用バーニヤアクセサリーから。

左手のカッターは、以前使ったコトブキヤの武器セット余りパーツ。確かトンファーかなんかだったかな。オリジナルのドグ・マックはでっかいハサミがついており凶悪でカッコイイのですが、ピアノ線を通してワイアカッターのように処理してみました。スチロールカッターみたいでいいでしょ。

dog_302.jpg
そんでもって下塗りです。ガイアの赤サフに青をまぜて、紫っぽくしたものを塗ります。この上から、以前F-2を作った時に調色したブルーが大量に余っていたので、これをベースにぺたぺたと筆塗り。影の部分に赤味を入れて、ハイライト部分にはちょっとグリーンをまぜて明度を上げた色をブレンディングしつつ塗り重ねました。

dog_303.jpg
で、こんな感じで完成。カメラ部分は、カーボンシートの上にオーロラシートを重ね貼りして、うっすらと複眼が見える効果を狙ってみました。全然見えないけどな! それにしても写真が暗いな。やっぱデスクライトだけだとダメですか。

dog_304.jpg
後頭部のIQ1300的な部分は、短冊状のプラ板で形状を作ったあと、エポパテで整えるというMa.k.の伝統にのっとった加工法で作成。中空なので、頭パーツは見た目ほど重くありません。

dog_305.jpg
デカール類は、これまたハセガワ製フェイ・イェンからの流用。無理に貼ることは無いとも思ったのですが、なにかワンポイントが欲しくて。ブルー単色というのもちょっと厳しいし。

dog_306.jpg
正面の▼部分は、買ったはいいけど全然使っていなかった瞳用ジェルクリアでコート。横の丸穴にも使ったけど全然目立ちませんね。あと、アンテナ(?)の先っちょ部分にクリアパーツを貼って、翼端灯のごとく赤青で塗り分けました。全く意味は無いし、宇宙人ぽくもないんですが、まぁいいじゃないですか。

dog_307.jpg
今回、全体を半ツヤで仕上げた後、上部を中心にクリアを吹いて、足回りや凹んでいる部分につや消しを吹いたりしてみました。脚などは、ツヤの具合がグラデーションになるようにしております。

dog_308.jpg
各所のディテールというか、プラ工作全体の精度は悲しいくらいに低いのですが、そのかっちりしていないところが、塗装やツヤと同様に情報量の増加に寄与している…というのは言い訳ですが。まぁ、そういうところで勝負する模型でもないですからね。

dog_310.jpg
重機動メカはカッコイイので、年に1体くらいのペースで作っていきたいような気もしますが、いつ駿河屋バブルが弾けるかドキドキしたりもしております。100体セットとか買わねーぞ。アディゴも、ジョングもだ!

そんな訳で、長々と引っ張ってしまいましたが、本日は以上で!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
01

Category: 1/600 ドグ・マック

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

1/600 ドグ・マック(3)


続きです。
ドグ・マック(1)
ドグ・マック(2)

TV版イデオンから発動編の流れを全て見終わりました昨今ですが、頭部の作成を続けます。

IMG_0308.jpg
元はこんなデザインのドグ・マック。子供向けアニメの敵メカデザインとしては攻めすぎていて、とてもカッコよいのですが、立体として考えるともうすこし頭部形状に変化がほしいと思ってパテ埋めなどでフォルムを変えてみました。

dog_201.jpg
エポパテ盛った上から、溶いたラッカーパテを塗りつけて形状確認。ボコボコしてるけど、このくらいが宇宙人メカとしての迫力があっていいだろ。根拠ないけど。

エンジン部は、以前フリマで買ったタミヤ「アルピーヌ・ルノー」のエンジン部。家で中身見てみたら、ボディパーツだけなかったんですよ。ヒドイ。買う前に言ってくれればもっと値切ったのに!300円だったけど!


dog_202.jpg
宇宙人メカのディテールってどうやればいいのかわからないので、ちょっとアールデコな雰囲気を求めて縁取りディテールを加えます。よくわかってないんだけどアールデコ。R2D2と関係ある? ケニー・ベイカーは?

といっても、プラストライクの0.5mm半丸棒をセメントSで貼りつけただけです。端を押さえて接着。後は指で曲げながら少しずつ接着していきます。もっとエレガントなやりかたがあるような気もするけど、考える前に接着したいし、恋したい。もう誰も止められないのです(酔っ払いながら作っているから)


dog_203.jpg
頭部の目処が立ったので、後ろ足を作ります。前足の2本とはデザインを変えつつ、作り方は同じ。長さを確かめるために、マスキングテープで固定して目分量で角度合わせ。正直、ちゃんと立つかどうか不安でいっぱいなのです。飲み過ぎると立ちにくいですからね。何の話だったっけ。


dog_204.jpg
内容が薄いからってくだらないことで字数を埋めているうちに、なんとか立ちました。これで一安心!

あとは腕作って塗るだけだな。表面積が少ないから、塗装に入ったら早いはずなんですよ。
次は完成した姿で更新する予定であります。

ということで今回は以上!

web拍手 by FC2
24

Category: 1/600 ドグ・マック

Tags: 重機動メカ  

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

1/600 ドグ・マック(2)


前回の続きです。

重機動メカを、本来のコンセプトであろう「異星人の殺戮マシーン」のイメージを取り戻すべく、適当な紙にラフを書いてプランを練ります。下手くそだけど、こういうのは自分がわかればいいので構いません。

dog_101.jpg
脚は細長くて不安定な方がいいなー。でもプラ板とかで作って強度が持つんじゃろか。壊れやすそうだし。使えそうなパーツが手持ちにあればいいけど。

dog_103.jpg
とまぁ、色々悩みつつプラ板を切り出して作成してみました。

図面を書いてプリントアウトしたものをプラ板に貼って…などということはせず、プラ板にいきなり鉛筆でおおまかな形を描き込み、ナイフで切り出し。一枚切り出したものをゲージにして、似た形のものを4枚切り出したら、瞬着で仮止めしてから削って、だいたい同じような形にしました。もうラフと形が違ってますね。

0.5mmプラ板に1mmの角プラ棒を挟み込んで中空っぽくした中に、金属線などを通して剛性を稼ぎました。瞬着でガチガチに固めたのもあって、けっこうしっかりした感じになりました。

足先パーツは、以前作ったフェイ・イェンの余りパーツから、ツインテール部分を使用。


しかし、改めて振り返ってみると、大雑把すぎる製作方法でなんの参考にもならなそうです。もう少し役に立つことを世界に発信すべきだな、俺は。


dog_104.jpg
と、心にもないことを呟きつつ、頭パーツにも着手します。

最初はキットをそのまま使おうかと考えておりましたが、あまりにおもしろくない潰れたお椀状だったので、プラ板とエポパテでちょいと形を変えます。使ったのはクレオスの軽量パテ。木工パテに似たザクザクした質感で、固まるのは木パテよりも長いという印象。量が多くてザクザク削れるのがとりえかな。


dog_105.jpg
頭のアンテナだかなんだかわからない物を追加。キットのは小さかったので、ちょいと大型にします。余っていた飛行機の増槽パーツを前後切り詰めて接着し、1mmプラ板で支柱を作ります。

強度が心配だったので、0.3mmの金属線を通した上で、接続部に軽くエポパテを盛って接着面積を稼ぎます。効果あるかどうかは謎ですが、やらないよりマシだろ。


そんな感じで作り進めてみました。現物合わせで考えながら作っているので、自分でもどんなものが出来るのか、そもそも完成するのか不安な上に、なんかこれキットを使用しているのは頭部の芯だけじゃないのというやりすぎ感も出て参りました。でももう戻れないし帰れないし、鉄の腕は力を失い、錆びついた砲は二度と火を噴く事は無いのです。太陽の牙ダグラム。

ということで、内容が無いにもほどがる更新で、また怒られてしまいそうですが、今回は以上で!
web拍手 by FC2
18

Category: 1/600 ドグ・マック

Tags: 重機動メカ  

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

1/600 ドグ・マック(1)


製作中
アオシマ 1/600ドグ・マックです。
あまり更新しなくてもアレなので、製作過程をぼちぼち公開してくことに致します。

IMG_0308.jpg
つっても既に完成しているのですが、こちらのコンペに出そうとしているので、そこで公開するまでは完成画像は控えた方が良いかと思い、出し惜しみをしていきます。そんなたいしたアレでもないんですが!

dog_000.jpg
重機動メカ仮組みの図であります。

アニメ「伝説巨神イデオン」の敵メカなのですが、いわゆるロボットのデザインとは大きく離れたものとなっており、文化風俗が全く違う民族が作り上げた戦闘機械という雰囲気ムンムン。たいへんSFチックなのです。

dog_001.jpg
そこで、そのSFガジェット的な部分を推し進めていくともっと格好良くなるんじゃなかろうとかと考え、アレンジしつつ製作を進めていくことに。

前回のガルボ・ジックに続いて、「本当はカッコイイ重機動メカ」シリーズ第2弾ということでよろしく。や、自分は元のデザインで十分かっこいいと思うんですが、ちょっと今風にアレンジさせてもらおうかと、そんな感じです。


そいういったことも含めて、現在TV版のイデオンをバンダイチャンネルにて視聴中なのですが、やっぱりクソ面白いな! 敵も味方もエゴ丸出しで、自分の都合ばかりを押し付けて互いに解り合おうとしない。それが原因で争いは泥沼化はしていくけれど、そんななかでもふと互いに分かり合える瞬間が訪れてみたり。

イデオンというと、毎回全滅トラウマアニメというネタ側面ばかりが取りざたされるのも気に入らないところです。素直な気持ちを伝えられない不器用な人たちが、それでも生きようとあがく姿、みなさんにもぜひご覧いただきたいと思いつつ、今回は以上で!

それにしても、アニメの話とかするとやっぱり恥ずかしいね。

プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。