疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
17

Category: 1/48 F-104J

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/48 F-104J


2012年7月14日完成。
ハセガワ 1/48 F-104J スターファイター "航空自衛隊"です。
F104_48_000_b.jpg

今年の頭にも、1/72を組んだというか、2個前のエントリでアップしているF-104Jの1/48が完成しました。製作期間は、3連休を含んだ2週間ほどでしょうか。

気楽に作れるのとスペースの問題などで、いままでは1/72スケールを好んで作ることが多かったのですが、今年はちょっと大きめのスケールにも挑戦しようと思っていたのと、前回作った1/72が不完全燃焼だったこともあってリベンジです。

(以下の写真、クリックで拡大)
F104_48_003.jpg
今回は製作途中の写真をほとんど撮っていないんですよね。期待している人はいないと思うんですがすみません。

つっても、組立はいつものごとくストレート組み。インテイクの整形と、胴体の一部にパテを使ったくらいでさっくりと組みあがりました。

とても良くできたキットです。立体パズル的なパチパチ組むというよりは、メーカーに「このくらいは出来るよネ」と言われているような、適度なハードルが心地よく、組み立てる過程がちょうどいい塩梅に面白かった印象です。

スケール違いとはいえ、前に1機組んでいる心の余裕がそうさせたのかもしれませんが!

F104_48_004.jpg
ピトー管は、ファインモールドの別売りを買ってみました。金属製のアフターパーツ導入は初めてであります。でも、べつにいつもの虫ピン、真鍮パイプでも良かった気もするな。

あと、フィギュアをハセガワのグランドクルーから使用。ポーズが変だったので、サムズアップした左手をエポパテからひねり出し。どうせキャノピー閉めたらほとんど見えなので、気楽に挑戦できます。あとは…機首におもりを仕込んで、イジェクションシート天面をちょっとシャープに削ったくらい。パーツのエッジなどは、元々すばらしく薄かったのでなにもしていません。

F104_48_005.jpg
お楽しみの塗装です。基本的には、72と同じような手順で進めるつもりですが、もう少しエアブラシの使用箇所を増やしてやりました。あと、ネットで探した資料写真の中に、翼端燃料タンクやキャノピー前枠がメタリックなものを見つけたので、そのあたりをメッキシルバーNEXTを吹きつけて表現する事にします。

F104_48_006.jpg
手順としてはまず、キャノピーをマスキング後、脚庫にシルバーと白を混ぜたアルミっぽい色を吹き付け。そこもマスキングしたら、いよいよ本体全体にグロスブラックを吹いてから、タンクやエンジンの一部にメッキシルバーNEXTを重ねます。

ここでいよいよ本体塗装なのですが、その前に、クレオスの8番銀、スーパーファインシルバー、メッキシルバーNEXT、メタルカラー、ガイアノーツのスターブライトシルバーなど、不要パーツに塗って実験してみたました。スミイレへの耐性や、塗膜の強さ(マスキングで剥がれると悲しいですよね…)、あとはもちろん色具合などを検討した結果、メッキシルバーNEXTをメインに使用することに決定。塗膜もけっこう強いんですよね、メッキシルバー。

F104_48_007.jpg
ちなみに、吹いた方のメッキシルバーは、下地の平滑さが足りなかったのか、メッキらしさはそこそことなりました。まぁ、他から浮かない程度になったと思えば結果オーライ。

で、本体にはメッキシルバーNEXTをで塗りつけます。

柔らかくて穂先が丸い筆を使いまして、ドライブラシ気味にこすりつけます。胴体は縦方向、尾翼は進行方向を意識して筆を動かします。一度で色は乘りませんが、乾いては塗りを繰り返すうちに、いい感じにタッチのついた機体表面ができてきます。実機はもっと白っぽいシルバーのようですが、このくらいオーバーでも模型的にいいんじゃないかと思うのです。

F104_48_008.jpg
機体全面に色が乗ったら、8番シルバーなどもドライブラシして変化をつけます。さっきはああ言いましたが、やっぱりちょっとギラつきすぎたかと不安になったのもあります。色々調子の変えたシルバーを、パネルを意識してこすりつけていくと情報量が増えて嬉しい感じ。

F104_48_009.jpg
ノズルと尾翼のちょっとゴールドかかった部分は、これもマスキングしたのちに筆でこすりつけます。メッキシルバーに、少量の黄色と赤を足した適当カラーです。

F104_48_001.jpg
細部を塗り分けたあと、デカール貼っておしまいです。つっても貼るのに4時間くらいかかりましたよ。薄くて貼りやすいのは良いのですが、複数のコーションマークが、大面積の透明部分をまたいでつらなっているものがあったりして、適時切り離して貼ったほうが良いようです。

というのもあって、デカールのナンバリング以上に貼る数が多くて、時間がかかってしまいました。でも、貼ることで一気に情報量が増えて、見る間にかっこ良くなっていくので我慢してテレビなどを見ながら(聞きながら)作業をします。撮りためたアニメや、積んだ状態になっているブルーレイなどを消化するのも良いですね。

くれぐれも、貼り終わった部分を触って剥がしたりしなようにするのが必要ですというか、コレ毎回やっちゃうんですよね。一気に貼らずに、機体前半、後半などに分けて、乾かしながら作るのがいちばん良いのでしょうか。そんなに待てないよ!

F104_48_002.jpg
なんとか休日の日中に完成させることができたので、外で撮影してみました。風が強くて、ベランダに置いてあった72のほうが落下してしまうというトラブルがありましたが、奇跡的に破損はありませんでした。下が草だったのが良かったのか。つーか完成したばかりの方でなくて良かったですよほんとに。

今回は、今までになく積極的にエアブラシを使ってみましたが、やっぱ早いですね、エアブラシは。さすが文明の利器。いまさらすぎますが。とはいうものの、べつに早組みが目的ではないので、ケースバイケースで使い分けていくことにするという、当たり前の結論に。しかも、同じ事を前にも書いたようなきもする。まぁいいや。

前に作ったF-2A以来2機目の48ジェットでしたが、なんだか苦手意識が克服された気がします。作りやすいサイズでいいね、48。完成後の置き場所に困るけど、48。大型機だともっと大変だけど、48。

ということで、今回は以上で!

  

スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。