疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
30

Category: 1/72 VF-1A

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 VF-1A


完成:2012年5月26日
ハセガワ 1/72 VF-1A バルキリーです。
学生時代、部活をサボって見ていたアニメ「超時空要塞マクロス」に登場する可変戦闘機で、このキットは戦闘機形態固定となってます。

「飛行機のハセガワ」がアニメに登場する架空飛行機を手がけるということで、キット発売当時はけっこう話題になっていたような。でも、その頃模型と疎遠になっていた上に、未経験の現用機テイストということで、結局買うことはありませんでした。

VF-1A_00.jpg
そんなキットですが、当時に買って積みっぱなしだった友人に貰ったので、作ることにしたのです。現用機もいくつか作ったし、いい感じに腕もあったまってきてるぜ!

と早速作り始めたのですが、コックピットを作る際にデカールを貼ろうとしたら、保管状態が悪かったのかバラバラになってしまいました。黄変もしていたし、パーツ請求で注文しようとも思ったのですが、せっかくなのでロービジに塗って、現用機の別売りデカールを使用することにします。


IMG_8966.jpg
なにより、こうしてF-14と並べてみたかったのです。ご存知VF-1のモデルはトムキャットなので、同スケールで並べたらカッコ良かろうなと。それにしてもトムはデカイな。


IMG_8972.jpg
コックピットを仕上げた後、毎回失敗するキャノピーマスキングです。しかし、今回の俺には秘策がある。成功するかな?


IMG_8994.jpg
ほーらやった、成功だ。はみ出した塗料を、つまようじでこそげ落とさなくてもキレイにできたよ!レベル低いことで喜んでてすみません!

といっても、マスキングのキワにクリアーを塗っただけなのですが。前回、F-22を作った時にも同様のことをして失敗しましたが、今回成功した訳は…

クリアを何度か塗り重ねる

これですよ、これ。当たり前の事すぎてビックリするわ。


IMG_8999.jpg
基本色が塗れたら、機体表面に汚しを入れます。米海軍機によく見られる、汚れとりタッチを繰り返した激しめの表面塗装を目指します。前回作ったF-14と同じ方法で、油彩を用いてブレンディングを繰り返す方法です。

この時、汚れだけではなく、機体の出っ張ったところやエッジ、パネルラインなどに明度を上げた色を置いていき、カラーモジュレーションの効果も同時に付加してやります。ドライブラシでもいいのかもしれない。

VF-1A_002.jpg
機体側面や下面などには青みを加えたりして、彩度が無くなりすぎるのに気をつけます。


VF-1A_001.jpg
そんなこと言いつつ、機体にメリハリのない感じの塗りになってしまってちょいガッカリ。ワンポイントに赤のマーキングとか欲しかったなー。でもロービジだしなー。


VF-1A_003.jpg
もっと明度差を意識して塗れば、メリハリがついたかもしれない。今度作る時は、そのあたりも気をつけよう。仕上げに黒を使う勇気も必要だよ、きっと。


VF-1A_005.jpg
こんなんやって撮影しております。近所の子供に見つかって「おじさーん、なにしてるのー?」と言われたりしますが、言葉を濁して答えます。正直に「おじさんが作ったプラモがあまりにカッコイイんで、写真に収めていたんだよ」と答えるべきだったでしょうか。

VF-1A_006.jpg
一応、屋内でも写真を撮ってみましたが、やはり精彩を欠いて見えますね。というか、これが自分の実力だな…。


VF-1A_007.jpg
ちなみ、コックピット後のブレードアンテナは、製作中に折ってしまったので、0.3mmプラ板で作り直しました。ノズルももしかしたら上下逆につけてる?


VF-1A_03.jpg
アップにすると、こんな感じです。陰影強調については、絵画的になりすぎるきらいがあるかもしれませんが、手法としては面白いし、印象的な表現ができそうな気もするのでもう少し続けていきたいと思っています。フィギュア塗装に比べたら、まだまだ甘いよなー。


VF-1A_008.jpg
そして、完成後の揃い踏み。

VF-1A_009.jpg
やっぱでけーよF-14。ちいさいよVF-1。しかし、これで変形して巨人と戦うところを見てみたいな。実写映画を観たいという意味ではないので念のため。


VF-1A_010.jpg
元祖「ヴァルキリー」と。そういえば、こっちのバルキリーはまだブログに載せていなかった。しかも、制作順的にはSu-33の後だから、すぐじゃん。順番間違えた。まぁいいか。


VF-1A_13.jpg
こうして作ってみて言うのもなんですが、VF-1は機首や胴体のラインが直線的すぎて、意外とつまらない形状だと感じました。しかし、現用機を意識したパネルラインやディテールは素晴らしく、さすがのハセガワ製です。突き出しピンの跡が、めっちゃ目立つところにたっくさんあったりしたけど。パイロットも翼下装備も付属していなかったけど。


機体表面の汚しを油彩でやっていたのですが、乾くのに時間がかかりすぎるので、次はアクリル絵の具、エナメル塗料、ファレホなど、色々試してみたいと思いました。

では、本日は以上で!
スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。