疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
22

Category: 1/20 ケッツァー

Tags: マシーネンクリーガー  

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

【完成】1/20 ケッツァー Panzer Kampf Anzug Ausf K-4


2012年4月21日完成
WAVE 1/20 ケッツァーです。
title.jpg


ハンス伍長は機嫌が悪かった。ただでさえ冷え性で、寝るときにも靴下を3枚重ねで履くほどなのだ。

しかし、3月とはいえこの寒空の下、熱感知を下げるために出力を絞った戦闘スーツ内で凍えている。いつでも戦闘に入れるように、エンジンとレーザーは暖気を入れてある。しかし、肝心の人間さまがこの調子じゃぁ、まともにトリガーを引けるかどうかもわかりゃしない。

凍りついたキャノピー越しに、再びちらついてきた雪を恨みがましく睨みつつ、伍長はひたすら戦闘開始を待つ。



今回は寒冷地迷彩で仕上げてみました。キャノピーが凍りついた様子の表現と、自作ヘッドに挑戦するのが、テーマです。
PKAK2_000.jpg
自作ヘッドをめぐるバタバタは、前回のエントリでも触れましたが、まあなんとかそれなりの形になりました。もっと寒さが伝わるような造形や塗りが出来ればよかったのですが。

PKAK2_001.jpg
改造などは特になし。ループアンテナやキャノピーガードなどを金属に置きかえたほか、関節部のシーリングをエポキシパテにて追加したくらいです。

PKAK2_102.jpg
地面は、紙粘土の上に板ナマリを切り抜いてつくった落ち葉をばらまき着色。マットメディウムで溶いた重曹で、溶け残った雪を表現してみました。ちょっとやりすぎて、落ち葉が全然見えません…。最後にエナメルクリアでツヤ足し。

PKAK2_101.jpg
本体にも重曹をパラパラとふりかけて、降り始めた雪を表現してみました。ちょっとオーバースケールな気もします。

PKAK2_103.jpg
コックピット内の防弾ガラスを、プラ板製の装甲板に置き換えています。キャノピーの曇り処理を入れたら全く見えないポイントですが、そもそもここのパーツを紛失してしまったための苦肉の策なので、まぁいいか。

PKAK2_002.jpg
動力パイプは、市販の金属製に置き換えております。曲げられる角度が限られているのですが、今回は関節固定にしたので問題ありません。

PKAK2_106.jpg
塗装は、ラッカーのマホガニー>赤青で下地に色味つけ>シナイグレー1 の順に塗っていきます。この時点でデカールも貼ってしまいました。

PKAK2_105.jpg
冬季迷彩は、タミヤアクリルのホワイトを適当に明度を落として乗せて行きました。アルコールによる剥がしと塗装を何度か繰り返しつつ、様子をみていきます。チッピングやサビの描き込みも、冬季迷彩の間にやってしまいます。

PKAK2_104.jpg
キャノピーの曇り表現も、タミヤアクリルで直接塗っていきました。部分的に、紙ヤスリで曇りを加えたり、ウェザリングマスターを使ったりもしたような気も。

PKAK2_109.jpg
足回りの泥汚れは、タミヤウェザリングスティックを塗りたくりました。その上からスモークを塗り重ねることで、湿った泥の表現としてみました。

PKAK2_108.jpg
そういえば、装甲表面をまんべんなくナイフで削り、デコボコのテクスチャをつけてみていたのでした。派手に汚したのであんまり目立たなかったかな。

ともあれ、色々とやりすぎてみようというのが目的だったので、かなり満足感のある製作でした。いやー、おもしろかった!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
19

Category: 1/20 ケッツァー

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【製作中】1/20 ケッツァー


WAVEのケッツァーを作っております。
マシーネンクリーガーですよ。

シュトラール系のスーツといえば、パイロットがバストアップでドーンと見えるのが定番ですが、今回そのパイロットの顔を自作してやろうと思った訳です。もちろん、そんなモノを作ったことは今までにありませんが、タミヤの速乾エポパテとつまようじ、調色スティックがあればなんとかなるだろう。

人間、勢いも大事! ということで作ってみたのがこちら
ket_t_00.jpg
…あー、出来の悪いフィギュアのことを指して「泥人形」とか言われてるのを見かけたことがあるけど、これのことだわ。いきなり色ついてるし。

いや、塗ったらもしかしたらマシに見えるかも…という希望が捨てきれなかったのですが、より悲惨なことになりました。ちなみにモデルは大学時代の友人、木村君です。アジア人の顔が欲しかったんですよ。

まぁ、僕もいきなり上手く作れるとは思っていなかったんですけどね、これくらいでくじけてはいかんのです。ちょっと凹んでるけど。

ket_t_01.jpg
そして、次に作ったのがこちら。

お、前回に比べて随分マシになったんじゃないのコレ。細部は塗りでごまかせる程度だろう。やるじゃん俺。などと思って塗ってみました。



ket_t_02.jpg
…おっかしーな。マシになるどころか、ヒドくなってる。髪の毛が変なのかなー。そもそも目線があってないのが気になる。

ket_t_03.jpg
いちおう、乗せてみたりして。このキモさはどこからくるんでしょうか。もちろん、顔が変だからですよね。塗る前は悪くなかったと思っていただけにショックもでかい。くそ、次だ次!

ket_t_04.jpg

ket_t_06.jpg
ここまで上手くいかないと、なんだか愉快になってきます。まぁ、趣味の物だからね。うまくできなくても誰にも怒られないし、好きなだけ失敗できるんです。怒られずに失敗できるって楽しいな、いやマジで。


ket_t_07.jpg
そうこうしていうちに
ket_t_08.jpg
どんどんスーツはしあがっていく
ket_t_09.jpg
パイロット不在のままに


ket_t_10.jpg
もっぺん乗せてみた。やっぱりお前じゃねーよ!

ket_t_11.jpg
付属のパイロットを塗りだしたりして。なんて安心できる。

そもそも、プロの原型師の方が作ったヘッドが付属しているわけですよ。それの代わりに素人造形の顔をつけるのに何の意味があるのか。完成度を落とすだけじゃないのか。

そういう気持ちを「だって作りたいじゃん!」とシカトしつつ、Twitterなどで様々な方からのアドバイスももらいつつ、もう少しだけ粘ってみようかなーなんて。


ket_t_12.jpg
パテが柔らかすぎる気もしたので、タミヤ高密度タイプに変えてみたり、模型屋でマジックスカルプを指くわえて眺めたりして実験。どのあたりで固めれば、歪まずにパーツの調整ができるのかなども試しております。

いままで、つまようじの頭にパテをつけていじっていたのですが、触っているうちに形がグニュっと歪むことが多いので、平面に固定してお面状態にして触るようにしてみました。あと、速乾エポパテを混ぜてから1時間ほど放置しておくと、自分のいじりやすい硬さになるような気もする。そんな自分ノウハウをためつつ、さらに作ります。

ket_t_13.jpg
…お、これいいんじゃないの。どっちにしてもどこかで妥協しないといけないんだから、このあたりで手を打っとくのもアリなんじゃないですか?

ket_t_14.jpg
塗ったらちょっと気持ち悪いし、思ったよりコミック調な顔になりましたが、いまはこれがせ~いっぱい(クラリスを前に手から万国旗を出しつつ)

ket_t_15.jpg
ちょっと顔がでかいけど、これはこういう人なんです。シュトラールにも顔がでかいひとがいるんです。よし、これで行こう!


そんな感じでバタバタ作っておりました。
ケッツァー自体は、もう少しウェザリングを足してから、今週末に土台を作っておしまいの予定です。


ket_t_16.jpg
といいつつ、女性顔も試してみたりして。ゆがんでおるわ。

このあと、固まったらまたパテを追加して調整する予定です。目と小鼻の作り方がわからないなー。スパチュラ買うか。


今回のまとめ。
・形を整えるとき、盛り上げようとすると周りから肉を寄せる必要があり、減らそうとすると周りに逃す必要がある。それを意識しないと、あっちを触るとこっちが歪むというループから抜け出せない。
・エポパテを練ったあと寝かして、いい塩梅の硬さになってから加工する。
・平面のうえに据えてからいじる。
・骨格や肉の流れを意識して、途中段階で固める方が良い(場合がある)
・スパチュラ欲しい。
・スカルピーがいいらしい。

来年の秋までには、全身作れるようになるといーなー。
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。