疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
30

Category: 1/35 ルナダイバー

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

【完成】1/35 ルナダイバースティングレイ(リペイント)


2012年11月10日完成
ハセガワ1/35 ルナダイバースティングレイ(リペイント)
reLUNA_title000.jpg

ルナダイバーは去年の夏に完成済みでしたが、どうにも塗装が気に入らなくて押入れにしまいっぱなしだったのです。なんか大味で。これなんとかしたいなーと前から思っていたのですが、今回関東展示会の合同展示に参加することをモチベーションとして塗りなおしてみたのです。

stin2_01.jpg
で、既に一度完成させているのだから、定番カラーで塗るのはもったいない。せっかくだから冒険してみようと、あまりMa.k.の宇宙機では無いカラーリングにしてみることにしました。イメージは、大戦中の米海軍機です。ヘルダイバーっぽくしたらカッコいいかなーって。

あと、ルナダイバーといえばスクリーミングスカルですが、みなさんこれを手描きで行なっているのを見て、自分も手描きマーキングをやってみたいとも思い、チャレンジ。スカルとトライバルを組み合わせたマークを考えて書き込んでみました。

stin2_05.jpg
こんな感じで、そのへんの紙にざっくりとデザイン画をおこしたら機体に下書き…と思ったのですが、既に塗装済みだったこともあって、シャーペンだと全然描けない。結局フリーハンドで描き込むことになりました。よく見たら左右が非対称だったりするんですが、曲面に描かれていることだしまぁいいじゃないですか。

stin2_06.jpg
ダメ?下地がラッカーだったので、アクリル系のファレホを使えば失敗しても簡単に溶剤で消すことができます。エッジなども、溶剤を含んだ綿棒などで撫でてやれば、そこそこシャープに仕上がるのでらくちん。でも、なんだかダースモールみたいになってしまいました。そんなつもりはなかったのになー。まぁいいか。

stin2_02.jpg
あと、ルナダイバー本体を塗る前に、2機のスーツを先に仕上げようとシンナー漬けにして塗装を剥がそうとしたのですが、クレオスのツールクリーナーにつけたらプラスチックがとろとろに溶けてしまいました。展示会でこのことを話したら、皆さんにかわいそうな子を見るような目でみつめられてしまいましたが、そうか、ツールクリーナーはダメなのか。

この時点で挫けそうになりましたが、まぁ失敗して捨てるならもう少し塗り進めてからでも構わないだろうと色を置いていきました。しかしですね、これがなかなかまとまらない。

stin2_00.jpg
そもそも、彩度の高い色の使い方をよく知らないんですよね。でも、そういう色を使えるのってカッコイイじゃないですか。やってみたら難しいのなんの。本気でゴミ箱に捨ててバックれてしまおうかと思いましたよ。何度も。

あ、でもフロントのリップ部分に赤を置いたのはちょっと気に入っております。よくなくない?

stin2_03.jpg
しつこくフィルタリングしたりデカールを貼ったりすることでなんとかまとまったような気が…。あと、スーツのとろけたディテールは、ハイライトや影部分を描き込むことでごまかしてみました。フィギュア塗装で出来ることなんだから、メカでも大丈夫だろ。よく見られなければ。

stin2_04.jpg
最終的に、筆目が荒れすぎていたので、クレオスの色の源を希釈してエアブラシで吹きつけて落ち着かせてみました。エアブラシは最高ですね。

という感じでなんとか塗り終わりました。展示会では何人かの方に「青好きですねー」と言われましたが、そういえばドグ・マックやガンスなど、青系が続いてしまってますね。気がついていませんでしたが、そう言われると意識しちゃうナ。恥ずかしい!

久しぶりの更新なのに、内容がなさすぎなのを反省しつつ、本日は以上で!

  

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
12

Category: 1/35 ルナダイバー

Tags: マシーネンクリーガー  ハセガワ  

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/35 Ma.k. ルナダイバー


2011年8月29日完成
ハセガワ製 マシーネンクリーガーシリーズ 1/35 ルナダイバーです。

LUNA_000_2.jpg
Ma.k.時代になって発表された、完全新規デザインの月面攻撃機で、ボディの曲面が最高。A-10、Ju-87に続いての対地攻撃機製作強化期間もこれで一段落となりました。

例によって本体の追加工作は特になし。一部伸ばしランナーで、溶接跡を追加したくらい。台座はプラ棒などでディテールを追加しています。ふつうにネームプレートなどを使った方が良かったかもしれない。


LUNA_001.jpg
パイロットはキット付属のもので、逆立ちしている整備兵は、タミヤのロシア兵セットを宇宙服っぽくいじって使用しています。頭は別売りレジンヘッドとすげ替えたはず。

LUNA_002.jpg
今回は、シリコンバリアを使用した剥離技法に挑戦がテーマです。なにしろモノがでかいので、下塗りは缶スプレーのマホガニーを1本まるまる使用。その上からシリコンバリアを筆で3回ほど塗り重ねて、本塗装にはいりました。

LUNA_003.jpg
月面での運用を想像して、機体上面を灰白色で、機体下面はジャーマングレイで塗装しました。軌道上からは月面の白になじみ、月面上からは宇宙の黒に溶けて見える…そんなイメージです。モットリングが単調になってしまったので、いつかリペイントしたいナー。

LUNA_004.jpg
シリコンバリアによるチッピングはとても楽しく、簡単に実感のある塗装ハゲ表現ができます。ただ、本塗装までにいくつか工程を重ねる必要があるし、ダンドリ感がありすぎて、剥がす準備が整うまではちょっとストレスが溜まりました。塗りで表現しないと、ちょっと負けたような気もするし。いや気のせいだとはわかっているんですが。

LUNA_007.jpg
オマケの「ファイアボールSG」「SGプラウラー」も、とても良い出来でした。別売りで店頭販売して欲しいと思うのですが、カステンからイベント限定キットとして売られているところを見ると、難しそうですねぇ。

LUNA_008.jpg
現在、過去、未来の対地攻撃機そろいぶみ。これがやりたかった! ヘルダイバーや99艦爆も並べたいが、キリがないのでこの辺で。

しかし、ルナダイバーは最高にイカしたデザインなのでもっと作りたいのですが、なにぶんキットがデカすぎる。製作も大変だし、置き場所にも結構困ります。ここは1/48あたりでも発売して欲しいと思うのですが、無理? といいつつ、また10年後くらいに突如発売されたりすることもあるかもしれませんかね。どうでしょうか。


  
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。