疾風模型大作戦

主に、完成した模型写真やそれにまつわるメモなどをアーカイブしていくブログです。

web拍手 by FC2
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
16

Category: 1/72 F-15E

Tags: ---

Community: テーマ-模型・プラモデル  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

【完成】1/72 F-15E ストライクイーグル


2015年10月10日完成
1/72 F-15E ストライクイーグル
(以下の写真はクリックで少し大きくなります)

15_2.jpg
10月完成の記事をいまさら書くのには理由がありまして、雑誌『スケールアヴィエーション』が主催する2015SAコンベンションに出品してたのです。結果としては優秀賞をいただきまして、編集部に完成品を持ち込んでカッコよい写真を取ってもらえました。やったー!イェイイェイイェイ! とはしゃいでおりますが、同時に年齢なども公開されているので、こういう若ぶった喜び方にも寒さが漂うかもしれません。永遠の14歳ということでいいじゃないですか。ってそういうところがオヤジ臭くて寒いですか?

まぁ、寒くても優秀賞なので皆様には遠慮なくチヤホヤしていただきたいというのが本音ですね!


F-15E_37_20151216223833e51.jpg
馬鹿な話は置いといて、今回のテーマはノズル以外のフル電飾というところです。F-15は比較的大柄な機体ですが電飾するには翼端部などに無理が出るのでちょっと苦労しました。写真は垂直尾翼ですが、マイクロLEDも届かなかったので途中で光ファイバーをつないで導光しています。

電源ケーブルはタガネで掘った溝に黒瞬着などで埋めてしまいます。この時点ではあまりのLEDの明るさに、ホントに遮光できるのかなーと不安になっておりましたが、Twitterで限定さんが「大丈夫ですよ!」と言ってくれたおかげでなるほど大丈夫なのか!と進めることができました。


F-15E_34.jpg
ちなみに使ったマイクロLEDは結線済のものを購入して使っております。一個500~700円くらいしましたよ。全部で7か所光らせましたから…結構お金かかってます! 失敗した分と予備のもあったしね! 遮光は黒サフを吹いては点灯させての繰り返しです。吹きすぎて埋まった筋彫りを復活させたらそこがまた光ったりしてね。うふふ。


F-15E_35.jpg
とはいうものの、ここまでくれば無事点灯テストは終了。何気に並行して、主翼フラップ下げ加工や、インテイクの下げ加工なんかも行っております。普段素組みメインの自分には結構荷が重い作業(フラップは重くない)でありますが、着陸寸前の様子を再現したかったのでここはなんともしょうがない。


F-15E_33.jpg
ほーらもう完成寸前だってここまでにひと月近くかかってますからね。こちとら遊びじゃないんですよ(遊びです) ベースの固定具合やキャノピーマスキングの成否、機体表面のニュアンス付けをどこまでやるかなど気になるところはまだまだあるのです。


F-15E_00.jpg
といいつつ完成画像ですね。電飾を生かすためにわざわざ早起きして自宅ベランダで撮影ですよ。でも、この着陸等がまばゆく輝くところなんかいかにもって感じじゃないですか? こういう写真を撮るために電飾しているようなものです。


F-15E_10.jpg
だから似たような写真が続いても勘弁してほしいと思うんですよ。ちなみに電源は臀部の真鍮パイプを通してベースに仕込んだ9V乾電池から供給しています。仕込んだって言っても、ネオジム磁石で張り付けているだけですが。あと、固定パイプがちょっと細くて心許なく、移動させるたびに金属疲労がたまっているのを感じます。もっと太いのにすればよかったか…。


F-15E_3.jpg
全体としては、こういうあっさりとした箱組台座になっています。箱の上面に滑走路の絵でも貼ろうかとも思いましたが、あえてプレーンに木目の表現に任せました。固定部分に不安もあったしね。


F-15E_5.jpg
機体上面のパネルラインの変化やエイジングなどは、今まで自分が作ってきたものに比べるとずいぶんとアッサリ気味になっています。ストライクイーグルってなんか表面がフラットなイメージなんですよね。あんまり汚れていないというか。以前横田基地の開放祭で実機を見たときに感じた清潔感を重視してます。手数としては物足りませんが、ここはぐっと我慢です。


F-15E_4.jpg
一応、空中給油パネルのあたりにハゲチョロを描きこんだりしてね。表面全体にも、派手ではないがうっすらとなにかしらエイジング処理をしてます。主にグレーズメディウムで薄めたファレホカラーを使ってます。パイロットは、たぶんハセガワの空軍兵士セットから。自分はよく知らないんですが、いい加減これヘルメットの型とかが時代遅れだったりしますか? なんとか最新で出してくれないかなー。最近発売されるキットにはパイロットが付属するようになっていたりするのは良いことだとは思うんですが。


F-15E_13.jpg
F-15E_14.jpg
日中にも写真を撮ってみたんですよ。これはこれで実機のように見えなくもなくないですか? あ、そうでもない。しかし野外撮影はやっぱりいいよなぁ電飾はほとんど見えなくなりますが。


F-15E_12.jpg
今回イーグルで電飾を試みたのは、資料の確認が容易というのもあります。どこが光っているのか、また点滅しているとかなどはどうしても動画などで知りたいところなのですが、その点イーグルはメジャーな機体なので、比較的苦労しませんでした。前回ドラケンを作った時には、なかなか良い動画が見つからず苦労したものです。しかも内部で光ファイバーが断線して翼端が光らなくなったり、衝突防止灯が暗くなったりの失敗だったのですが…。ということで今回のフル電飾はリベンジであるわけなんですよ。


F-15E_21.jpg
フル電飾っていうならばノズルも光らせろよという声もあるかと思うのですが、個人的にノズルの光とLEDはちょっと違うかなーと思っておりまして。熱そうに見えないじゃないですか。なにかしらジェットノズルのパワーを表現する電飾表現があればいいんですが…ちょこちょこ考えてはみるんですが、いまひとつどうもね。


F-15E_19.jpg
着陸姿勢をモチーフに選んだのはそういう理由もあって…というわけではないんですが。どちらかというと、エアブレーキを開いて脚を出した状態で作りたかったからです。F-15のエアブレーキはでっかくてカッコいいと思うのですよねー。


F-15E_25.jpg
屋内でも写真は撮っているんですよ。逆光気味にならずに電飾が目立つ写真が撮れるのが良いところです。や、屋外だとロケーションの都合上三脚とか使えないから…。なにしろ、片手に模型、片手にカメラを持って撮影してますからね。良い置き場所がないのです。


F-15E_24.jpg
コックピット内もそれなりには手を入れてるつもりなんですが、あんまり拡大に耐えるような作りではないかもしれない。こういうところは反省点でもあるんですが、肉眼でよく見えない部分に手を入れすぎてもどうするんだという気持ちもあるのも事実。作っている間に自分の気持が萎えない事を重視して製作しております自分の場合は。


F-15E_32.jpg
最近作ったFティーンズの機体と並べてみます。F-16はコンパクトだなぁ。ってイーグルを飛行状態にしているためにサイズ比べができませんね。普通に着陸状態のものも作ってみるか。また3年後くらいにな!


03_20151216224116494.jpg
08.jpg
F-15E_16.jpg
野外で逆光だと、ごまかし加減が半端ないですな。いや自分も順光が良いのですがベランダの向き的にしょうがない。なかなか撮影に良い場所をロケハンできないのが悩みの種ですね。

といったところで、電飾は普段使わないような神経を使ってぶっちゃけ面倒な部分もありましたが、こうやって光らせると素直に楽しいのでやってよかったなぁとつくづく思います。といったところで、今回は以上!
    
スポンサーサイト
プロフィール

おーく

Author:おーく
制作した模型の写真などをアップしていきます。何でも作りますが、飛ぶものが多めですかね?

質問やご感想、ツッコミなどありましたら、お気軽にコメントしていただければと。

Twittrer
https://twitter.com/ork52/

TINAMI
http://www.tinami.com/search/list?prof_id=38007

カテゴリーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
311位
アクセスランキングを見る>>

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。